2021年11月08日

北西面の外壁下塗りを砂骨ローラーでパターン塗りします 神戸市M様邸

今回の神戸市垂水区M様邸の外壁軒塗装は西面と北面から始めていきます。

窓や付帯部分の養生を行いその後軒の下塗りと外壁の下塗りを塗ります。

 

軒には水性カチオンシーラーを外壁には微弾性フィラーをパターン塗りして補修跡が目立ちにくくします。

微弾性フィラーをパターン塗りをすると乾燥に少し時間がかかり次工程迄のインターバルが16時間以上になります。

明日には完全に乾いていますので上塗りのナノコンポジットWは明日塗っていきます。

外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目と屋根の下塗りを 明石市IN様邸

明石市のIN様邸では外壁塗装の養生をする前に樋や鉄部など付帯部に上塗りの1回目を塗っていきます。

破風のほとんどない片流れ鋼板屋根の住宅なので付帯部分は樋と水切りと庇が少しだけでした。

樋には弱溶剤シリコン塗料で、庇と水切り金物は屋根用フッソ塗料で上塗りしています。

付帯部の上塗り1回目を終えてから鋼板屋根に下塗りを塗り、外壁のクラックの補修まで終えて作業終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ