外壁塗装

外壁と屋根に上塗り2回目を塗り、各所を仕上げていきます 神戸市兵庫区 YSK様邸

神戸市兵庫区の現場では昨日上塗り1回目まで終わった北面と東面の外壁に上塗り2回目を塗り、屋根のカラーベストには屋根用フッソ塗料の2回目を同時進行で塗装します。

外壁と屋根が仕上がってからは樋や鉄部など付帯部分の上塗り2回目を塗り、各所を仕上げていきます。

この現場はやり易かったのと、天候に恵まれたので非常に早く終わりそうです。ただ、足場解体の日程は変更できなかったので足場解体まで何日か空いてしまいそうです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

南面と西面を仕上げつつ北面と東面の外壁と軒の塗り替えに入ります 神戸市 YSK様邸塗装工事

昨日は南面と西面の外壁と軒の塗装を行いました。

今日はまず北面と東面の塗装用の養生と外壁軒の下塗りを行い、乾燥待ちの間にまだ仕上がっていなかった南面と西面外壁に上塗り2回目を塗ります。

   

 

南西面外壁に上塗り2回目を塗り終われば養生を外せる状態になりました。

今度は下塗りの乾いた北東面外壁と軒に上塗りを塗ります。

外壁は上塗り1回目まで軒は2回上塗りを塗り北西面外壁軒の塗装は終了です。

余った時間で屋根の上塗り1回目と外壁と軒の仕上がった南西面の付帯部の上塗り2回目を塗り作業を終えました。

天候にも恵まれ、また現場が一つになる日もあって職人が多くは入れたりしたので予定より早く工事が進んでいます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

南面と西面の養生をして軒と外壁を塗り替えます 神戸市兵庫区 YSK様邸塗装工事

付帯部分の上塗り1回目まで終えた神戸市兵庫区の現場では南面と西面の養生から軒と外壁の下塗り・上塗りを行います。

 

サイディングの外壁と軒天ボードには水性カチオンシーラーを下塗りし、乾燥後に軒には水性エバーロックを外壁にはナノコンポジットWを上塗りします。

軒は上塗り2回目まで塗れたのですが、外壁は上塗り1回目までで終わり、余った時間は屋根のカラーベストの上塗り1回目で刷毛で塗る部分を塗装しました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

南面と西面の軒と外壁に上塗りを塗り、外壁塗装は終了です 明石市IK様邸塗装工事

今回塗り替えている現場は屋根の塗り替えがないので、外壁と軒が終われば大きな塗り替え箇所はほぼ終了です。

 
   
 

明日からは付帯部の上塗り2回目を塗り、各所を仕上げていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

残り2面の軒と外壁の塗装に入ります 明石市 外壁塗装工事

結局夕方に少し降っただけでしたが、昨日は雨の天気予報が出ていたので休みにしました。

2面は仕上がったので、今日は南面と西面の外壁と軒の養生から初めて下塗りまでを終わらせます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

北面と東面の外壁と軒の上塗り 明石市IK様邸塗装工事

明石の現場では昨日下塗りを終えた北面と東面の軒と外壁に上塗りのナノコンポジットWを塗ります。

 

ローラーでベタ面を、刷毛でローラーでは塗り切れない部分を塗ります。

上塗り1回目が乾燥後に上塗り2回目も刷毛とローラーを使用して塗装しました。

軒天はケーカル板と有孔ボード、外壁はサイディングなので素地的には材料は良く伸びるのですが、今回のようなアクリルスタッコが吹き付けてあると普段の倍くらいの上塗りが必要になります。

希釈率を上げたり、無理に材料を足らそうとすると塗りムラになるので足りなくなる量を追加発注して丁寧に仕上げていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

東面と北面の外壁と軒を先に塗り替えていきます 明石市IK様邸塗装工事

今回は東面と北面から養生し、外壁と軒に下塗りを塗っていきます。

同時に南面と西面の付帯部の上塗り1回目の続きも塗りました。

外壁と軒では違う下塗り材を使用しています。軒にも外壁と同じ微弾性フィラー(今回使用している微弾性フィラーは透湿性に優れたアンダーサーフDSです)を塗れば必要な上塗りが少しでも減らせるのですがさらに透湿性が良い水性カチオンシーラーを下塗りしました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

多彩柄吹付け材アーバントーン・カレイドでの塗り替え 中塗り

神戸市垂水区の塗り替え工事では意匠性サイディングボードを多彩柄吹付け材のアーバントーンhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/urban_tone.htmlとダイヤカレイドhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/kaleido.htmlを使用して塗り替えていきます。

先ずは下塗りです。少し年数の経過した直貼りサイディングでしたので水性より密着性の高い弱溶剤シーラー・ガンコシーラーマイルドを使用して下塗りしました。

 

今回はバルコニー手摺壁と東面の外壁の一部のみアーバントーンの少し薄めの色(TU30)で塗り分け、ほかの大部分はダイヤカレイド(DK1112)で目地を塗り分けて塗り替えます。

メイン外壁に目地色の中塗りと、塗り分け部分TU30の中塗りを塗り、最後に目地塗り分けの凸部にダイヤカレイドのDK1112の中塗りをローラー塗りしこの日の作業は終わりました。

   

中塗り塗り分けの仕上げがまだなので明日は小刷毛を使って端部まで綺麗に塗り分けていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2回塗りで仕上がるマイティ―シリコンですが上塗りを3回塗ります 神戸市西区ST様邸

昨日の続きで南面と西面外壁塗装を行いながら、屋根のモニエル瓦も仕上げていきます。

 

モニエル瓦の塗り替えに使用するオリエンタル塗料のマイティーシリコンはノンシーラーで上塗りをぶっつけで2回塗りすれば仕上がるように設計されています。

稀に2回塗りでは綺麗に仕上がらないことがあるので、門下塗装では少し余分に塗料を発注して3回目の上塗りをローラーで塗るようにしています。

乾燥待ちの間や余った時間で、既に外壁の仕上がっている北面と東面の付帯部分に上塗りの2回目も塗りました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

サイディング外壁の塗装と軒の上塗り 神戸市西区ST様邸塗装工事

付帯部分の上塗の終わった神戸市西区の現場では外壁と軒の塗装に入っていきます。先ずは北面と東面を塗り替えます。

養生を済ませ、軒には下塗りなしでも密着性の高いNAD型塗料で上塗りし、サイディング外壁には水性カチオンシーラーを下塗りした後、上塗りのナノコンポジットW防藻+を塗りました。

乾燥時間をきちんと取れるように、順に塗装を進めていきました。

上塗りの1回目まで塗り終えたので、次は北面と東面の外壁上塗り2回目と南面と西面の養生からです。

明日は天気が悪いかもしれないので作業を休むかも知れません。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ