外壁塗装

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 西面北面外壁の下塗り

神戸市垂水区の現場では、まだ塗れていない西面外壁と北面外壁に微弾性フィラーを下塗りします。

ベランダが3箇所もあったので養生に手間がかかりましたが、予定通り下塗りを終わらせることが出来ました。

 

 

神戸・明石の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 軒の上塗りと外壁の下塗り

神戸のN様邸では1階の一部を除いた外壁の金属サイディングを塗り替えていきます。

   

 

ミッチャクロンを下塗りした金属サイディングに刷毛とローラーを使って水性シリコン塗料を上塗りしていきます。

1回目の上塗りが終わったら、屋根に下塗りを塗り1回目の塗装が乾燥するのを待ちます。

今回使用したカラーベスト用の下塗りは水谷ペイントのエポックマイルドシーラーで、遮熱型ではないのですが、非常に密着性が高いので旧塗膜のある場合や屋根材の劣化が進んでいる場合によく使用します。

2回目の上塗りを外壁に塗り、養生を外して今日の作業は終了です。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 西面北面外壁の上塗り塗装ほか

今日は、昨日下塗りした外壁に上塗りしていきます。

まず外壁に上塗りの1回目を塗り、軒にも上塗り1回目を。

屋根の上塗り1回目を刷毛とローラーで塗りながら、乾燥した軒に上塗りの2回目を塗りました。

最後に外壁に上塗りの2回目を塗り今日の神戸市垂水区の現場の作業は終了です。

 

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 一部の外壁の塗り替え

神戸市西区の現場は築年数の経った住宅で木製の窓枠が残っています。木枠の下塗りを塗り、そのあと外壁塗装の養生がしやすいように一部の外壁を先に仕上げていきます。

木部の下塗りに使用しているのは菊水化学の1液型のエポキシ錆止めなのですが、この下塗り材は木部の下塗りとしても使用できます。乾きが早く色留まりも良く、密着性も高いので門下塗装では部屋内の木部の塗り替えの下塗りにも使用します。

棟包みの釘頭とビス頭にシーリングで蓋をし、雨水が入らないように処理し、アルミサイディングに非常に乾きの早いプライマーのミッチャクロンで下塗りしました。

下塗り後上塗りの水性シリコン塗料を2回塗りし、一部外壁は仕上げました。今日仕上げた外壁は軒と残りの外壁の塗装用の養生をする時には窓と一緒に塞いでしまいます。

神戸市・明石市の外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 南面と東面の外壁上塗り他

神戸市のK様邸では、昨日下塗りをした東面と南面の外壁に上塗りの改修用ジョリパットを塗っていきます。

 

日曜なのでもともと休む予定でしたが、明日はまた雨の予報が出ています。

先に仕上げた外壁2面の養生は外して帰るので外壁の養生はない状態で雨を迎えられます。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 南面と東面の外壁下塗り微弾性フィラーパターン塗り

神戸市垂水区のK様邸では工事進行の段取りが好いように、高さのある南面と東面の外壁に微弾性フィラーをパターン塗り(厚塗り)します。

足場が5段あるので微弾性フィラーのパターン塗りには、塗り継ぎが出ないようにするのに3人の職人が必要です。(これが夏場なら各段に一人の職人が必要になります。)

そのため、この神戸市垂水区の現場に3人の職人がもう一つの神戸市西区の現場には1人の職人が入り作業を進めています。

   
   

 

外壁塗装用の養生を終わらせたら、チリ際を刷毛で下塗りし、砂骨ローラーという特殊な形状のローラーで微弾性フィラーをパターン塗りします。

こうすることでUカットした補修跡が目立って来にくくするとともに、塗り替え後に出来たヒビが表面に出てきにくくします。

このハ下塗りが完全に乾き、上塗りが出来るのは明日なので、この後は軒の上塗りと屋根の下塗りをして神戸のK様邸の作業を終えます。

神戸市・明石市などの外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 H様邸外壁屋根塗装工事 北西面外壁の下塗り他

追加注文した外壁上塗りのジョリパットが明日入荷するので神戸市垂水区の現場では北と西面の外壁塗装用の養生を行い、軒の塗装と外壁の下塗りをします。

 

明日は朝一に材料が搬入されるはずなので、外壁を仕上げることが出来ます。

今週はこの後天気が好くないようです。順調に進んでいるので土曜日の足場解体は予定通り行えそうです。

外壁塗装・屋根塗装は神戸市垂水区を拠点に神戸近郊の塗り替え工事を完全自社職人で行う門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 H様邸外壁屋根塗装工事 軒と外壁の上塗り

神戸市垂水区のH様邸の今日の作業は軒の上塗り2回目と外壁の上塗りそして屋根の下塗りと縁切りです。

昨日1回目の上塗りを塗った軒に上塗りの2回目を塗り、そのあと外壁に上塗りの改修用ジョリパットを塗っていきます。

乾燥待ちの間に屋根に水谷ペイントの快適サーモマイルドシーラー(屋根用弱溶剤遮熱エポキシシーラー)を塗りました。

外壁の上塗り1回目を塗ってから3時間以上置き、乾燥させてから上塗りの2回目を塗りました。

時間が余ったので最後に屋根の縁切りをして作業終了です。

右下の写真が縁切り部材のタスペーサーを挿入し屋根の縁切りをしているところです。ちなみに黒い差し込んでいるのがタスペーサーで、隙間を広げるために挿しているスクレーパーは友人の横浜のペンキ屋が発案したエンカッターです。

神戸市垂水区の門下塗装は自社職人による完全責任施工で耐久性の良い丁寧な塗り替え工事を行っています。見積もり現場調査は無料ですので、是非お問い合わせください。

神戸市垂水区 H様邸外壁屋根塗装工事 外壁下塗りと軒の上塗り

今回の神戸市垂水区のH様邸は外壁の塗り替えを刷毛とローラーを使った手塗りで行うので、外壁を2面ずつ養生し、まずは南面と東面を塗り替えていきます。

 

既存塗装がジョリパットだったので、同じ質感に仕上がるジョリパットリフレッシュJQ800を上塗りに使用します。

明日はその上塗り材を上塗りする予定です。

神戸市内や神戸近郊の個人住宅の塗り替え工事は完全直接施工で丁寧で長持ちする塗装をする門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ