外壁塗装

神戸市垂水区ON様邸塗装工事 東側外壁の塗り替え

神戸市垂水区のON様邸塗り替え工事では西側の外壁塗装が終わったので今度は東側の外壁塗り替えに入ります。

養生を終え、軒の上塗り1回目から外壁下塗りそして軒の上塗り2回目余った時間で外壁の中塗りと屋根の縁切りなどを行いました。

 

1日目に外壁の養生と外壁下塗りそして軒に上塗りを塗り仕上げる所まで終われば、翌日に外壁上塗りとの取り合い部分を綺麗に仕上げるためのラッカーテープを上塗りが完全に乾燥している軒天に貼れるので、段取りが良くなります。

屋根のカラーベストに遮熱シーラーを塗ると、このシーラーが白いので小さなひび割れもよく見えます。小さなひび割れは表面をコーキングでシールすれば雨漏りの心配はありません。

明日は外壁中塗りの続きから多彩柄上塗りの吹付けまで行きたいですね。

 

外壁淡色部分に上塗りのナノコンポジットWをローラーと刷毛で塗ります

下塗りまで終わっている西側の外壁淡色部分をナノコンポジットWを使って上塗りして行きます。

水性塗料が主流になり、近隣様への気遣いもしないといけない最近ではほとんどの塗料はローラーと刷毛で塗装します。

上塗り1回目の乾燥待ちの間や2回目外壁塗装が終わってからの余って時間で屋根のカラーベストに下塗りの遮熱シーラーを塗り、最後には仕上がった外壁の養生を外して帰りました。

最近はローラー塗りが主流と書きましたが、東側の外壁は多彩柄での仕上げになるので下塗りと中塗りは刷毛とローラーですが、上塗りは吹き付けになります。

門下塗装では飛散しにくいスプレーガンを使用してアーバントーンなど多彩柄の吹付けを行うのですが、それでも近隣に塗料が飛散しないようシートを2重貼りしたり細心の注意をはらいます。

神戸市明石市外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

単色サイディング外壁を塗り替えていきます 神戸市垂水区

門下塗装では外壁の塗り替えは2面づつ行うことが多いのですが、今回塗り替えている神戸市垂水区のON様邸は西側と東側で違う種類のサイディングが使われていたので先ずは西側の単色サイディングから塗り替えていきます。

ビニールなどで窓など汚してはいけない部分を養生をして軒の塗装から始めました。

今回の軒の塗り替えには下塗りが必要ないNAD型塗料を2回塗りします。

1回目の軒塗装をしてから外壁に水性カチオンシーラーを下塗りし、その後軒に2回目の上塗りを塗り作業を終えました。

南西面外壁上塗り2回目と多彩柄吹付け上塗り吹付け

神戸市垂水区のTN様邸では南西面の外壁に上塗りのナノコンポジットWと多彩柄吹付け材の上塗りの吹付けを行います。

多彩柄吹付け材アーバントーンの吹付けは乾燥すると乳白色がなくなり多彩柄が浮き上がって来ます。

また乾燥後の仕上がりをアップします。

今日で外壁の塗装が終了したので明日からは付帯部に上塗り2回目を塗っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

北東面に続き今度は南西面を塗り替えます

神戸のTN様邸の塗り替え工事では、日曜と雨で2日間休みましたが今日から南西面の外壁と軒の塗装に入っていきます。

スタッコ吹きの外壁に微弾性フィラーをウールローラーで下塗し、乾燥養生後に上塗り1回目を塗りました。

外壁塗装と同時に軒のケーカル板にNAD型塗料を2回塗りして軒天を仕上げました。

午後からは職人が増えたので大屋根も上塗り2回目を塗りました。

南面には擬石調吹き付けがしてある目隠しの垂れ壁があるのですが、その部分を今回は多彩柄吹付け材を使って擬石調に仕上げます。先日塗ってあった目地になる部分を専用の養生棒で養生しメイン部分をベースの色で中塗りしました。

色々な国内塗料メーカーから多彩柄吹付け材が発売されていますが、門下塗装ではダイフレックスのダイヤアーバントーンやダイヤカレイドをよく使用しています。少し高価にはなるのですが、多彩柄の発色が良く塗り替え後にも退色・汚染が起きにくいので使用したお客様にはとても喜んでいただいています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁に上塗りのナノコンポジットWを刷毛とローラーで塗ります

神戸市垂水区のTN様邸では下塗りの終わっていた北面と東面外壁に上塗りを塗ります。

 

玄関の前には擬石調の吹き付けがしてある壁がありました。今回の塗り替えでは多彩柄吹付け材のアーバントーンを使って擬石調に仕上げます。

とりあえず今日は下塗りと目地部分の上塗りを塗りました。

目地棒という養生用の部材を目地に貼り付け、次は平面部に中塗りのグレーを塗りますが、それは次回になります。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

東面と北面の軒の塗装と外壁下塗り

門下塗装ではたいていの場合、外壁塗装を2面づつもしくは2階と1階のように分けて進めていきます。

これは全ての窓を塞ぐと換気が出来なくなるのが大きな理由です。空き家などの塗り替えの場合は全面一気に塗り替えていきます。

今日は北面と東面の養生から始め、軒の上塗りと外壁の下塗りを塗りました。

 

軒の塗装にはNAD型塗料という少し臭いがするのですが、密着性が良く防カビ性能に優れた塗料を使用しました。

下塗りが要らないので外壁の下塗り前に軒に上塗り1回目を塗り、外壁の下塗り後に上塗り2回目を塗って軒は本日仕上がっています。

アクリルスタッコ吹きの外壁は表面がごつごつしており、下塗りの微弾性フィラーを塗るのに力を入れて刷り込むようにしながら塗っていきます。

こうして塗ることでスタッコのピンホールが埋まり上塗り後の仕上がりが好くなります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

北東面の外壁を仕上げ、付帯部の上塗り2回目を塗ります

神戸市垂水区のTN様邸では、北面と東面の外壁に上塗りのダイヤスーパーセランフレックスの2回目を塗り、全ての外壁を仕上げてから付帯部分の上塗り2回目も塗っていきます。

   

 

足場を組んですぐに雨に降られたものの、その後は晴天が続き順調に工事が進んでいます。

今回の工事では外壁も屋根も付帯部分も全て高耐久塗料を使用しています。

外壁にはダイフレックスの無機塗料スーパーセランフレックスhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/super_seran_flex.html

バルコニー手摺壁の外側にダイフレックスの多彩柄吹付け材ダイヤカレイドhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/kaleido.html

屋根には水谷ペイントの屋根用遮熱弱溶剤フッソ塗料快適サーモFhttp://www.polyma.co.jp/products/roof/thermo/

樋や鉄部などの付帯部はSK化研の弱溶剤フッソ塗料クリーンマイルドフッソhttps://www.sk-kaken.co.jp/product/overcoat-materials/cleanmild-fusso/

今回の塗り替えで使用した全ての塗料が期待耐久年数が15年以上の超高耐久塗料でした。

門下塗装では、施主様の要望に応じて塗り替え塗料を提案いたしますので希望やこだわりがあればお申しつけ下さい。

 

南西面の外壁に続いて北東面の外壁と軒の塗装に入ります

門下塗装では外壁塗装は2面ずつ塗ることが多いのですが、今回の神戸の現場では南西面を先に塗り、今日から北東面の外壁と軒を塗っていきます。

窓や既に仕上がって汚せないクリヤー仕上げなどをナイロンシートで養生し、外壁には下塗りの水性シーラーを塗り、その後上塗りします。

軒にはシーラーの必要のないエバーロックを使用しています。刷毛とローラーを使って2回塗りし、1日で仕上げます。

途中の乾燥待ちの間に屋根に上塗り2回目を塗り、屋根は仕上がっています。明日には外壁も全て仕上がります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

無機塗料で外壁を上塗りします

神戸市垂水区のTN様邸のメイン外壁の上塗りにはダイフレックスの無機塗料スーパーセランフレックスhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/super_seran_flex.htmlを使用します。

昨日下塗りを終わらせた南面と西面の外壁に上塗りをローラーと刷毛で2回塗りして仕上げていきます。

 

乾燥待ちの間と余った時間で屋根のカラーベストの上塗り1回目を塗りました。屋根には屋根用のフッソ塗料を使っています。

順調に塗り替え工事が進んでいます。来週は外壁塗装の続きと屋根塗装の続きです。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ