建物付帯塗装

神戸市長田区 D様邸 外壁塗装屋根塗装工事 付帯部上塗り2回目

神戸の塗り替え現場での残り工事は屋根の上塗り2回目と付帯部の上塗り2回目など各所仕上げ作業と各所の清掃手直しです。

今日は付帯部分の上塗り2回目をメインに作業を進めます。

樋の上塗り2回目 軒樋の上塗り2回目
鉄部水切りの上塗り2回目 屋根水切りの上塗り
屋根の上塗り2回目刷毛 ベランダ土間の中塗り

樋や鉄部は2回塗りして仕上げ、月曜に上塗りする予定の屋根のカラーベストの上塗り2回目を刷毛で塗る部分のみ塗り、最後にベランダの土間に水性防水中塗りを塗布しました。

この1週間は非常に天気が好かったのですが、暑さで職人はかなり疲れています。明日の日曜はお休みをいただき来週また頑張ります。

神戸市長田区 D様邸 外壁塗装屋根塗装工事 付帯部上塗り1回目

神戸市長田区の現場では外壁塗装前に樋や破風・鉄部などの上塗りの1回目を塗ります。

破風の上塗り1回目 樋の上塗り1回目
ベランダ笠木の上塗り1回目 鉄部上塗り1回目
軒の通気口上塗り1回目  
   

余った時間で屋根の縁切りにタスペーサーを挿入しました。

外壁のサネ部(重なり部分)の隙間は塗り替えが終わると目立ってくるのでエポキシフィラーで隙間詰めを行いました。

タスペーサーでの縁切り サイディング重なり部分の隙間詰め

明日は西面と北面の外壁の塗り替えを行います。

神戸明石の外壁塗装・屋根塗装は神戸市垂水区の個人住宅塗り替え専門店門下塗装にお任せください。

神戸市長田区 D様邸 外壁塗装屋根塗装工事 各所下塗りとシーリング打ち替え

高圧洗浄の終わった神戸市長田区の現場では各所の下塗りと足場を組んでからわかった3階外壁周りのシーリングの打ち替えを行います。

屋根金物下塗り 軒樋バンド下塗り
ベランダ笠木下塗り 屋根水切り下塗り
屋根下塗り 破風下塗り

鉄部にエポキシプライマーを下塗りとして塗り、屋根にはカラーベスト用の下塗りを破風には弱溶剤エポキシシーラーを塗りました。

足場を組んでからようやくわかった3階外壁のシーリング不良部は全て打ち直します。

3F既存シール撤去 3Fサイディング目地シール打ち替え
3Fサッシ廻りシーリング打ち替え 3Fサイディング目地シーリング打ち替え完了
3Fサッシ廻りシーリング打ち替え完了 屋根金物釘抜け止めシール

足場を組んでからシーリングを打ち替えたと思っていたら、足場なしで、高所はスライダーで打ち替えていました。

スライダーの届かない3階部分は打ち替えていませんでした。このままでは雨水が侵入しサイディング外壁が傷むので目地は既存シールを撤去し、サッシ廻りは増し打ちで打ち替えました。

屋根金物の押さえ釘にも抜け止めのシールを打ちこの日の作業は終了しました。

神戸市垂水区 O様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 付帯部分の上塗り1回目

門下塗装では外壁塗装の前に樋や鉄部の上塗りを1回塗ります。

外壁を仕上げてから一部メッシュシートを外し、仕上がりの感じを確認してもらってから2回目の上塗りを塗り付帯部を仕上げていきます。

そうすることで付帯部分の上塗りは色の変更にも応じることが出来ますし、また施主様には2回塗りしていることをしっかりと確認していただけます。

破風と軒樋の上塗り1回目 シャッターbox上塗り1回目
樋の上塗り1回目 外壁下地補修
   

神戸・明石の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 O様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 鉄部と屋根の下塗り

シーリングの打ち替えが大方終わった神戸市垂水区の現場では鉄部のケレンと下塗り、そして屋根の下塗りを行います。

樋のケレン目粗し 下屋水切り金物のケレン
屋根金物の下塗り 屋根水切りの下塗り
シャッターbox下塗り ベランダ手摺下塗り

鉄部は焼き付け鋼板だったので密着性の高いエポキシプライマーを下塗りしました。

屋根のシーラー塗り 屋根の縁切り

今回の塗り替えでは屋根に弱溶剤屋根用フッソ塗料を上塗りに使うので、遮熱効果は落ちるのですが密着性に優れた水谷ペイントのエポックマイルドシーラーを下塗りしました。

乾燥後にタスペーサーで縁切りし、今日の作業は終了です。

 

 

神戸市北区 K様邸 外壁塗装屋根塗装工事 北面外壁の下塗り2回目と鉄部と樋の上塗り2回目

ようやく晴れました。

今回の塗り替えで乾燥に最も時間のかかる微弾性フィラーのパターン塗りを塗ることが出来ます。

外壁下塗りパターン塗り シャッターboxの上塗り2回目
樋の上塗り2回目 水切り金物の上塗り2回目
エアコン配管カバーの塗装 門塀の下塗り

北面と東面の下塗りの2回目を砂骨ローラーで塗った後は、外壁塗装の終わっていた南面と西面の付帯部分に上塗りの2回目を塗り、仕上げていきます。

手つかずだった門塀には下塗りの水性シーラーを塗り、明日は補修した箇所の肌合わせ(ジョリパットの校倉)を塗装します。

神戸市明石市の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 K様邸 外壁塗装屋根塗装工事 付帯部上塗り1回目

神戸では昨日は雨で、塗装工事を1日休みました。

今日は終わっていなかった破風板の下塗りから始めて、 樋や鉄部などの付帯部に上塗り1回目を塗っていきます。

破風下塗り塗装 破風上塗り1回目
樋上塗り1回目塗装 シャッターbox上塗り1回目
 樋上塗り1回目塗装  鉄部上塗り1回目

付帯部の上塗り1回目が終わったので明日からは外壁と屋根の塗装に入ります。

神戸明石の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 K様邸 外壁塗装屋根塗装工事 付帯部分の下塗り他

神戸市北区の現場では外壁塗装前の下地処理と鉄部の下塗り、そして左官屋さんに依頼してのモルタル補修を行います。

屋根金物の下塗り 庇の下塗り
水切りの下塗り 鉄部の下塗り
棟金物の釘の打ち込み 胴差天端のシール処理

初めての塗り替えの住宅の場合、門下塗装では未塗装の板金には錆止め効果は劣るものの密着性の高い強溶剤エポキシプライマーを下塗りします。

この下塗り材は最近よく使われている高耐久・低汚染のガルバニウム板金の下塗りにも適していますので、ガルバ鋼板屋根の下塗りにも使用します。

屋根の棟金物を抑えている釘が抜け出していたので打ち込み、抜け止めと雨水の侵入を防ぐためシール処理しました。

胴差(1階と2階の間の帯板)の天端に打ってある釘辺りから雨水が浸み込み胴差下から浸みだしていたので、水切りと壁の隙間全てにシーリングしました。

モルタル補修 モルタル補修
モルタル補修完了  

外部階段の外側にジョリパットが塗ってありましたが浸み込んだ水の為剥がれていました。

浮いてしまっていた塗膜を剥がした後に左官屋さんにモルタルで仕上げてもらいました。

再度浮いてくる可能性がありますので今回は塗装はしません。塗膜が付けば付くほど透湿性が落ち剥がれやすくなります。

 

神戸市須磨区 K様邸 外壁塗装屋根葺き替え工事 雨戸の吹き付け塗装

今日の塗装工事は雨戸の吹き付け塗装です。

同時進行で撤去した雨樋を新しいものに交換設置作業も行います。

雨戸の下塗り吹付け 雨戸の上塗り1回目
雨戸の上塗り2回目吹き付け塗装 窓ふき清掃
ベランダ土間水性塗布防水中塗り刷毛 ベランダ土間水性塗布防水中塗り

雨戸の吹き付けが終わったら窓ふきとベランダの土間の水性塗布防水の中塗りそして各所手直しを行いました。

樋の取付の写真がなかったですね。取付完了写真を撮ってまたアップします。

 

 

ページ上部へ