建物付帯塗装

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 各所仕上げ

神戸市垂水区のK様邸の外壁塗装・屋根塗装工事もいよいよ大詰めです。

各所の上塗りと清掃手直しを行います。

 

まだ仕上がていなかった付帯部分に上塗りの2回目を塗り、ベランダの土間のウレタン防水のトップコートを塗りました。

その後は各所の清掃と手直しを行い、この神戸の現場の作業は大方終了しました。明日は門下が自主検査に出向きます。週明けに最終手直しをして火曜日には足場解体を行います。

神戸市明石市の外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 屋根の上塗り2回目と付帯部分の上塗2回目

神戸市垂水区のK様邸では外壁が仕上がったので屋根と樋などの付帯部分の上塗2回目を塗っていきます。

 

着工前の工程では明日15日に足場を解体するはずだったのですが、何日か雨に降られたので予定をずらして19日に足場解体します。

パンパンに現場が詰まってしまっているのと応援の職人を頼んでも今はどこも忙しくて来てもらえないので、施主様には申し訳ないですが、少し工期が延びてしまいました。

今年はかなり先まで工事を受注していますので、塗り替え工事をお考えの方は出来るだけ早くに見積もりを依頼されることをお勧めします。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 屋根の上塗り

この日から神戸市西区で別の現場が始まり、午前中はそちらで足場組み前の準備をしていたため、この神戸のN様邸での工事は午後からになりました。

明日からは板金屋が破風板に板金を被せえる工事を行うので、その際に手を付く屋根とケラバ金物に上塗りの1回目を塗ります。

 

まずはカラーベストの縁切りと木枠の上塗りの1回目を行い、カラーベストに上塗りの1回目を塗っている間に上塗りの2回目を木枠に塗ります。木枠が仕上がってからは下屋のカラーベストに上塗りの1回目を塗り、今日の作業は終了です。

この現場も雨の為少し工事が遅れ気味です。日曜日に出て作業を進めようと思っています。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 軒の上塗りと外壁の下塗り

神戸市西区のN様邸では、モルタルの軒天に上塗りを塗っていきます。今回使用する塗料は水性エバーロックという外部用の水性塗料です。密着性が高いのでモルタルや塗装の上には上塗りを直接塗ることが出来ます。

   
   
   

 

明日はまだ塗れていない外壁に下塗りを塗ってから上塗りしていきます。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 付帯部分の上塗1回目ほか

神戸市垂水区のK様邸では外壁の上塗り材の入荷待ちの間に付帯部分の上塗の1回目を行います。

いつもは先に上塗りの1回目を塗っているのですが、今回は天候や職人の段取りの為、南面と東面の外壁が仕上がってから、西面と北面の付帯部分の上塗を行います。

鼻隠しと樋を同じ塗料で上塗りし、鉄部からの貰い錆が出ていたステンレスのベンドキャップ(通気口)を下塗り後に上塗り、鉄製の手摺と鉄骨には上塗りの1回目を塗ります。

この鉄製の手摺と鉄骨は錆が激しかったので錆止めを2回塗りし、上塗りも2回塗りします。

外してあったエアコンの配管カバーと外壁の仕上がった南面と東面の鼻隠しと樋には上塗りの2回目を塗り、今日の作業は終了です。

明日から残りの外壁2面の塗装を始めます。

神戸・明石の個人住宅の塗り替えは自社職人による完全直接施工で丁寧で高耐久の外壁塗装・屋根塗装を行う門下塗装にお任せください。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 鉄部の錆止め

ここ数日神戸市の天気があまり良くありません。垂水区の現場もこの西区の現場も問題のない作業を少しづつ進めています。

今日の神戸市西区のN様邸の塗り替え工事の作業工程は鉄部の錆止めになります。鉄部は水を吸わないので表面が乾燥さえすれば塗装出来ます。

   

鉄部の錆止めのほかには軒天と破風や鼻隠しの間に出来た隙間をコーキングで隙間詰めを行いました。破風板については傷みが激しく塗り替えが出来ない状態だったので板金を加工しカバー工法で上から貼り付けます。貼り付けた後にはこの部分は見えないかもしれないのですが念のためにすべての隙間を詰めていきます。これでも板金と軒の間にこの部分が見えてもきれいに仕上がった状態になります。

この現場は下地処理に日数がかかっていますが、とても大切な工程ですので一切の手抜きはなしで作業を進めます。

 

神戸市垂水区 H様邸外壁屋根塗装工事 塀の上塗り2

足場解体の終わった神戸市垂水区のH様邸に足場があると塗れなかった塀と外壁の一部を塗り来ました。

   
   
   

前日に塀の下塗りを終わらせてあったのと写真は一緒にしましたが、壁の塗装が乾いた翌日に付帯部分の上塗り2回目を塗りました。

これでH様邸の塗装工事は完了です。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 付帯部上塗り1回目と外壁補修跡パターン塗り

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部分の上塗の1回目を塗ります。今日はまだ塗れていなかった破風と鼻隠しに下塗りを塗り、水切り金物などの上塗りの1回目と補修跡が目立たないようにするための補修パターンを付けました。

予定より早く2時くらいから雨に降られたため、塗りたかったところまで塗り切れませんでしたが、作業を終えて早くに帰りました。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 下地補修と鉄部の錆止め

神戸市垂水区のK様邸の工事内容は昨日Uカットした外壁クラックのシール処理とサッシ廻りのシーリング、そして鉄部の錆止めです。

外壁のクラックとサッシ廻りの隙間のシーリングが終わったので、明日の日曜はシールを乾燥させ、明後日に外壁と屋根の高圧洗浄を行います。

錆の出てきていた鉄骨は通常1回塗りの錆止めを2回塗りし、塗り替え後早期に錆が出ることを防ぎます。

神戸市・明石市の外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ