建物付帯塗装

外壁を仕上げ付帯部分にも上塗り2回目を塗ります 神戸市灘区アパート塗り替え工事

神戸市灘区のアパートの塗り替えは今週で大方終わるペースで進んでおり、今日で外壁と付帯部も仕上がりました。

外壁と付帯部には耐候性の高い塗料を使用しているので、次回の塗り替えはかなり先で大丈夫でしょう。元々傷んでいた屋根はそのころには塗り替えより葺き替えの方が良い状態になっているかも知れませんので、その時に診断してどちらにするかを決めていただきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

充分なインターバルを取ってサイディング用シリコンクリヤー2回目を塗ります 神戸市垂水区TG様邸

昨日上塗り1回目を塗った意匠性サイディング部分にサイディング用弱溶剤シリコンクリヤーの2回目を塗ります。

今回は艶消しの仕上がりに見える3分艶のクリヤーで仕上げるので上塗り1回目は艶有で、2回目を3分艶で塗装しています。

クリヤー仕上げの外壁以外はいつも通り付帯部の上塗り1回目の後に進めるので、樋や鉄部・破風などの下塗りが終わっている付帯部分の上塗り1回目を塗っていきます。

本格的な外壁の塗装は週明けからになりそうです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

先ずは意匠性サイディング部分にクリヤー1回目を塗ります 神戸市垂水区TG様邸

神戸市垂水区のTG様邸は3種類のサイディングが使われていてメイン部分は断熱塗料ガイナを、濃色の木調サイディングはナノコンポジットWを、レンガ柄の意匠性サイディング部分にはSD用クリヤーを使用します。塗り分けする取り合い部分が多くあるので、塗装する順番としてはまずクリヤー塗装、次に断熱塗料ガイナ、最後に濃色部分のナノコンポジットWとなります。

今日はクリヤー1回目と付帯部の下塗りを塗りました。

   
   
   

サイディング用弱溶剤クリヤーは他の塗料より乾燥待ちのインターバルが長く気温23度で4時間以上、5度の場合は8時間以上となっているので1回目のクリヤーのみ塗って2回目のクリヤーは明日にします。

   

鉄部と破風にも下塗りを塗り今日の作業は終了です。

気温が上がらないのでサイディング目地のシーリングの硬化に時間がかかっています。シールが完全に硬化しないと塗り分けの養生が出来ないので付帯部の上塗り1回目を塗りながら硬化するのを待ちます。

 

下地補修と付帯部と屋根の下塗りほか 神戸市灘区アパート塗り替え工事

自社の職人でシーリング工事をしたので少し時間がかかりましたが、神戸市灘区のアパートの下地補修が終わりました。

シールの打ち替えを行う職人以外は屋根と付帯部の塗り替えに入っていきます。

今回は築後初めての塗り替えだったのですが、少し年数が経っていましたので鉄部の下塗りには全て2液型のエポキシ錆止めを使用しています。

カラーベスト屋根に塗っている白い下塗りは屋根用遮熱エポキシシーラーです。上塗りだけの反射では遮熱効果が弱いので下塗りに白の顔料を混ぜて下塗りでも赤外線を反射させています。

週明けからは外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替えを行う門下塗装にお任せください。

マンション付帯部分の塗り替え 配管及び鉄部塗装

下地補修の終わった西宮市のマンションの改修塗装工事ではいよいよ塗装工程に入ります。

先ずは配管と鉄部などの付帯部分の塗り替えです。ケレン後に錆止めを塗り、上塗りも塗っていきます。

   

パイプスペースなど外壁塗装が絡まない部分に関しては上塗り2回目まで塗り、仕上げてしまいました。

次はベランダを使用禁止にして軒天と手摺壁などを塗り替えていきます。

 

雨戸の塗り替えを吹き付けで行います 神戸市西区KS様邸塗装工事

残っている大きな塗り替え箇所としては雨戸と下屋があります。

雨戸は下塗り1回と上塗り2回をスプレーガンで吹き付け塗装します。通常はインターバル(乾燥時間)が約2時間なので、手塗りだと1日で3工程はしんどいのですが、門下塗装で使用しているチロンガンは温風で吹き付けるため乾燥が早く、養生から始めても3回吹きして充分終えることが出来ます。

最後に下屋に上塗りの2回目を塗り、今日の作業は終了です。

明日は取り外していたもの(エアコン配管カバーなど)の復旧と清掃・手直しそして自主検査を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁が仕上がり付帯部分に上塗りの2回目を塗ります 神戸市西区KS様邸

外壁に意匠性多彩模様塗材で上塗りして、大屋根と外壁が仕上がりました。

外壁塗装の前に上塗り1回目を塗ってあった付帯部分に上塗り2回目で弱溶剤シリコン塗料を刷毛とローラーで塗装します。

明日は雨戸の吹付け塗装と下屋の上塗り2回目を塗っていきます。

順調に塗り替えが進み、今週土曜日には予定通り足場を解体します。

外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目と屋根の上塗り1回目を塗装します 神戸市西区KS様邸

門下塗装ではいつも外壁塗装の前に樋や水切りなど付帯部の上塗り1回目を塗ります。同じ日に上塗りを2回塗ることも可能なのですが、施主様がきちんと2回塗りしていることを確認しやすいようにと、外壁を仕上げた後で付帯部の色の変更に応じることが出来るようにしている為です。

付帯部分の上塗1回目が乾かないと外壁塗装の養生を出来ないので、昨日下塗りを終わらせた屋根を縁切りし、屋根金物とカラーベストに上塗り1回目を塗りました。

週明けには2階外壁塗装にかかります。今回は1階と2階で違う塗料で塗り分けるので2面づつではなく上下で塗り分けます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

南東面外壁に上塗り2回目のナノコンポジットWを塗り外壁を仕上げました 神戸市IH様邸外壁屋根塗装工事

昨日上塗り1回目まで塗ってあった南面と東面外壁に上塗りの2回目を塗った後には、まだ仕上がっていなかった付帯部分に弱溶剤シリコン塗料の半艶を上塗り2回目として塗り、各所を仕上げていきます。

家屋の塗装箇所で残りの大きな箇所は下屋のみになりました。

しかし既存塗膜の密着性が落ちている大きなウッドデッキがあるのでこの部分のケレン作業がまだまだ大変です。

木曜の足場解体に向けて作業を進めていきます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

雨で一日休みましたが南面と東面の外壁と軒の塗装を行います 神戸市垂水区IH様邸塗り替え工事

北面と西面の外壁と軒が仕上がったので今度は南面と東面の外壁と軒の塗り替えに入ります。

汚してはいけない窓などを養生してから、外壁には下塗りと上塗り1回目を、軒はノンシーラーで塗装出来るNAD型塗料を2回塗りし仕上げました。

 

今回は最後に余った時間で軒樋や外してあったエアコンの配管カバーに上塗りしました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ