建物付帯塗装

神戸市垂水区 O様邸外壁塗装工事 付帯部・樋などの上塗り2回目

外壁の仕上がった神戸市垂水区のO様邸では養生を外し、まだ仕上がっていない樋など付帯部分に弱溶剤シリコン塗料で上塗りします。

   

数年前に発売された柄が針金のミニコロというローラーは非常に重宝しています。仕上がりも塗るスピードも格段に上がりました。

ただ熟練の職人でなくてもある程度には塗れてしまうのは少し寂しく思います。

帰りにメッシュシートを一部外したので施主様には仕上がりの感じを明日確認してもらいます。

神戸市・明石市の外壁塗装塗り替え工事は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 O様邸外壁塗装工事 付帯部分の上塗りと塀の下塗り

上塗り塗料が入らなかったので外壁の上塗り2回目は明日にします。

今日は仕上がっている外壁部分の付帯部、樋や金物の上塗り2回目と塀の養生と下塗りを行います。

 

明日には全ての外壁を仕上げることが出来ます。

神戸市垂水区の門下塗装はお客様より直接受注し、自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行っています。

塗り替えの見積もりは無料ですのでお問い合わせください。

神戸市垂水区 O様邸外壁塗装工事 付帯部の上塗り1回目

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部分に上塗りを1回塗ります。

外壁が仕上がってから上塗りの2回目を塗ることで2回塗りしていることを施主様が確認しやすくなるのと、もしイメージと違う感じになっていれば付帯部分の上塗りの色を変更して満足してもらえるようにします。

   

神戸市の個人住宅の塗り替え、外壁塗装は直接施工で施主様に満足していただける塗装工事をしている門下塗装にお問い合わせください。

神戸市西区 個人住宅塗り替え工事 雨戸の吹付け塗装と屋根の上塗り2回目

外壁塗装が終わり今日は雨戸の塗り替えとまだ仕上がっていない屋根の上塗り2回目をしていきます。

雨戸の塗り替えは通称チロンガンという低圧スプレーガンを使用して吹き付けするので早く綺麗に塗り替えることが出来ます。

屋根と樋・破風を仕上げどんどん塗り替え工事が進んでいます。

 

 

神戸市垂水区 O様邸外壁塗装工事 鉄部の下塗りと樋の上塗り1回目

外壁塗装用の下地補修の終わった神戸市の現場では鉄部の下塗りと付帯部分の上塗りを塗っていきます。

   

最近よく使用されているガルバニウム鋼板の板金はとりょうの密着性が良くありません。門下塗装では充分にケレン清掃してから、一般的なエポキシ錆止めより密着性が高い強溶剤エポキシプライマーを下塗りし塗り替えているのですが、それでも養生に引っ付いて塗膜が剥がれてしまうこともあります。

出来るだけ長持ちするようさらに下塗り材を選定するのと塗装方法を考えていかないといけないですね。

神戸市西区 個人住宅塗り替え工事 鉄部の上塗り1回目と下地補修

神戸市西区の現場では昨日の続きで外壁下地補修と樋や破風などの付帯部分の上塗り1回目を塗っていきます。

   
   

2階外壁についているコーナー役物の際のシーリングやシリコンシーラントが使われている箇所に専用のプライマーを塗る、屋根の棟押さえ金物の釘の抜けを直し、抜け止めのシーリング処理をする、などの下地補修を行います。

これらの作業は塗り終わった後の仕上がりを好くする、または塗り替え後に塗装が剥がれたり、水が入り不具合を引き起こすなどを防ぐためにしています。こういった細かな作業が他店の塗り替えとの大きな違いになります。

   
   
   
   

まだ下塗りが出来ていなかったサイディング製の破風板に弱溶剤エポキシシーラーを下塗りし、軒天についているプラスティック製の換気口にはミッチャクロンという下塗り材を塗布しました。

   

下塗りの必要のない樋と下塗りの乾燥した破風に弱溶剤シリコン塗料を上塗り1回目で塗り今日の作業は終了です。

今回の住宅は現在空き家の為、明日から全体の窓を養生し2階外壁・1階外壁を塗り分け一気に塗装します。

 

神戸市西区 個人住宅塗り替え工事 鉄部の下塗りと下地補修

正月をまたいで足場を組ませてもらっている神戸市西区の現場で平成31年初めての現場作業を行います。

今日は鉄部の下塗りと破風のジョイント部分のシーリング打ち替えです。

 
 

 

神戸明石の外壁塗装塗り替え工事は下請けを使わず自社職人のみで丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

加古川市ビル内部塗装 付帯部分上塗り2回目

加古川市のビル内部塗装工事もいよいよ大詰め、パイプスペースや階段の鉄部などの付帯部分に上塗りの2回目を塗ります。

各所の塗装が終わった後には、清掃と手直しを行い完工しました。

明日は施主様立ち合いで検査をして引き渡しになります。

神戸市と神戸近郊の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で美観が長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

加古川市ビル内部塗り替え工事 鉄部の上塗り1回目

個人住宅の塗り替えと同様に壁の塗り替え前に付帯部(今回は鉄部です)の上塗り1回目を塗っていきます。

アイボリーだったパイプスペースも黒だった階段鉄部もほぼ白色に仕上げてほしいという事ですので上塗り2回で完全に色が留まるか(薄い色や冴えた色の場合は下塗りの色が透けて見えるような感じになりやすくこれを『スケている』といいます)どうかわかりません。スケた場合は上塗りを3回塗りにして塗装します。

今回天井と壁に使用する塗料は下塗りの必要のない塗料なのですが、窓下の内壁や面台部分など塗膜が弱っているところやほこりが積もっていた箇所には、念のために水性カチオンシーラーを下塗りしておきます。

 

加古川市ビル内部塗り替え工事 鉄部ケレンと下塗り

加古川の現場は昨日の続きで鉄部のケレンと錆止めの下塗り作業です。

特に問題もなく淡々と作業を進めました。

明日は鉄部に上塗りの1回目を塗る予定です。

神戸市の外壁塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替えを行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ