建物付帯塗装

付帯部分の上塗り1回目とモニエル瓦の上塗り1回目 神戸市垂水区HK様邸

シーリング職人による下地補修の終わった神戸市垂水区の現場では下塗りの必要な付帯部分に下塗りを塗った後上塗り1回目を、屋根瓦のモニエル瓦にはモニエル瓦専用の屋根用塗料クールくんマイティーシリコンを塗っていきます。

 

今週末には雨が降りそうなので外壁は週明けに行い、屋根の上塗りを先にしていこうと思います。

今回の屋根は乾式コンクリート瓦のモニエル瓦です。この瓦は新品の時には工場で塗装されています。経年劣化で塗膜のスラリーがチョーキングして密着性が落ち、塗り替え後年数が経つと下塗りのシーラーごと剥離してくることがあります。今回使用している乾式コンクリート瓦専用のマイティーシリコン(オリエンタル塗料工業)上塗り自体を瓦に浸み込ませて着色するため塗膜がごそっと取れる可能性が少なくなります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

各所の仕上げと清掃などを行いました 神戸市兵庫区IN様邸

樋や鉄部などの付帯部分でまだ上塗り2回目が塗れていない部分に上塗りのファインシリコンフレッシュを塗り仕上げた後は窓ふきなどの清掃と手直しを行い、この現場の塗り替え工事は大方終了です。

足場解体までまだ少し時間があるので安全のためメッシュシートを絞ってから帰りました。

 

ガレージ天井の塗り替えと付帯部分の上塗り2回目 神戸市兵庫区IN様邸

外壁塗装と屋根塗装の終わった神戸の現場ではガレージの車を移動してもらい天井の塗り替えを行います。ガレージの内壁は北面外壁と同じタイルが貼られているので天井のみの塗り替えになります。

 

取り外していたエアコンの配管カバーは塗るスペースがなかったので、一旦倉庫に持ち帰り塗り替えてから現場に戻します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

下地補修の続きと付帯部の上塗り1回目塗り 神戸市IN様邸

先週終わってなかった下地補修を終わらせ、屋根の下塗りや付帯部分の上塗り1回目を塗っていきます。

   
   
   

 

樋や鉄部に上塗り1回目を塗り、最後にカラーベストの縁切りにタスペーサーを挿入して作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

サッシ廻りや貫通孔廻りのシーリングを打ち替え下地補修をします 神戸市兵庫区

今回の神戸市兵庫区の現場は初めて経験する外壁外壁断熱材の壁材でした。外壁自体にはクラックなどはなかったのですがサッシ廻りや貫通口廻りなどは不安があったのでシーリングしました。

 

下地補修後には金物に下塗りを塗り作業を終えました。

 

ハウスメーカーの住宅の付帯部分の下塗りは 神戸市TR様邸

ハウスメーカーの住宅ではいろいろな材質の付帯部が使われている場合があります。

上塗り塗料は塗布量やインターバルを守ってさえいれば鉄部に塗装可能なら問題ないですが、下塗りはそれぞれの材質や傷み具合によって適したものを使う必要があります。

今回はガルバニウム鋼板・塩ビ鋼板・スチール部分などの材質があったので、それぞれに適した下塗り材を使用して下塗りしました。

 

今回の塗装工事では付帯部には弱溶剤フッソ塗料を使用します。フッソ塗料は上塗りを2回塗りするタイプと中塗り1回上塗り1回で塗装するタイプがあります。

今回使用している弱溶剤フッソ塗料は関西ペイントのセラMフッソで中塗りと上塗りが別になっています。

今日は下塗りが終わった後少しだけ中塗りを塗って作業を終えました。

 

 

付帯部各所の上塗り2回目とバルコニー土間防水 神戸市垂水区IM様邸塗装工事

外壁塗装と屋根塗装の終わった神戸市垂水区のIM様邸では付帯部分に上塗りの2回目を塗り仕上げていきます。

ルーフバルコニーの土間にはFRP用のプライマーを塗ってから、防水性能を付加できるウレタン塗膜防水で防水します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

付帯部下塗りの続きから上塗りの1回目を塗装していきます 神戸市垂水区IM様邸

昨日終わっていなかった屋根の水切り部分に強溶剤エポキシプライマーを破風鼻隠しにエポキシシーラーを下塗りし、その後樋や鉄部に上塗りの1回目で弱溶剤シリコン塗料を塗装します。

 
   

付帯御部分の上塗り1回目が終わったので、明日から外壁塗装に入ります。

今回の外壁はまた彫りの深いサイディングで淡色部分はナノコンポジットWで玄関廻りのタイル調サイディング部分はサイディング用クリヤーで塗り替えます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

シーリング打ち替えの終わった現場では鉄部に下塗りを塗ります 神戸市垂水区IM様邸塗装工事

鉄部といっても最近はガルバニウム鋼板がよく使われているので1回目の塗り替えの場合は、錆止めではなく強溶剤の非鉄金属用エポキシプライマーを下塗りします。

これはガルバ鋼板は非常に耐久性・非汚染性の高い板金で錆びにくく、塗料の密着もあまり好くないので、防錆力より密着性に優れた下塗りを塗ることで長く塗膜の剥離が起きにくくするためです。

いつもは高圧洗浄の時にケレン目粗しを済ませているのですが、雨の中水洗いをしたので、ケレンしながら下塗りを行いました。

   

 

明日は付帯部分の上塗り1回目を塗っていきます。軒樋と破風板は既存色の茶色で、竪樋と通気金物は目立たないように外壁色濃い目で、シャッターBOXと水切り金物はシャイングレーで上塗りします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ