建物付帯塗装

ワンポイントで貼られている意匠性サイディングにサイディング用シリコンクリヤーを塗ります 神戸市垂水区KM様邸

神戸市垂水区の現場では建物の付帯部の下塗りと上塗り1回目そして意匠性サイディング部分のクリヤー塗装を行います。

週末にはシーリング屋が作業をしていたので塗れなかった水切り金物やシャッターBOXの下塗りから塗り始めていきます。

   

 

下塗りが終わったら意匠性サイディングのクリヤー1回目を塗ります。

今回は3分艶の仕上がりにするのですが、クリヤー1回目は艶有で塗り、2回目のクリヤーは3分艶を使用します。

乾燥待ちの間に付帯部の上塗り1回目や棟包み金物の釘のシール処理などを行い、今日の作業は終了です。

明日から外壁の塗り替えに入ります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外構の塀の上塗りとベランダ土間の防水 明石市MU様邸

順調に塗り替え工事の進んでいる明石市のMU様邸では昨日下塗りの終わった外構の塀の上塗りとベランダ土間の水性塗布防水を行います。

塀は雨垂れが残り易いので親水性で汚れが残りにくい水谷ペイントのナノコンポジットWを上塗りに使い艶消しに仕上げていきます。

ベランダ土間は中塗りの2回目を塗り、乾燥後に上塗りを塗りました。

玄関庇の垂木などの柱の部分に今日届いたオスモカントリーカラープラスで塗り替えました。オスモの塗料は自然塗料で塗装後に剥がれが起きないのが大きな特徴です。

あとは各所の清掃と復旧、そして検査と手直しです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

明石市MU様邸 雨戸の吹付け塗装と付帯部上塗り2回目ほか

外壁のガイナ塗装が終わった明石市の現場では付帯部分の上塗り2回目と雨戸の塗り替えを行います。

雨戸の塗り替えはチロンガンというスプレーガンを使用します。

このガンは温風で吹き付けるので飛散が少なく塗装が乾きやすいという特徴があります。

2時間のインターバル(乾燥待ち)が1時間程度で済むため、1日で3工程以上の塗装が可能です。

 

雨戸などの付帯部の塗り替え以外にベランダ土間の防水や塀の下塗りなども行い、今日の作業を終えました。

明石市MU様邸 外壁塗装工事 付帯部の下塗りと上塗り1回目

門下塗装では、外壁塗装の前に鉄部や樋などの付帯部の下塗りと上塗り1回目を塗ります。

今回の明石市の現場でも鉄部に錆止めを塗り、鉄部と樋に上塗りを塗り、ついでに下屋のカラーベストも上塗り1回目まで塗りました。

最後に外壁の既存塗膜が剥がれた箇所に微弾性フィラーで肌合わせをして今日の作業を終えました。

 

外壁の上塗りが終わったので付帯部の上塗り2回目を塗ります 神戸市垂水区NS様邸

軒と外壁の上塗りが終わったので、神戸市NS様邸では樋や鉄部など付帯部分の上塗りの2回目を塗っていきます。

   

建物の塗り替えは大方終わり、あとはベランダ土間防水工事と外構塀の塗装になります。

協力業者のエクステリア職人に来てもらい、土間にくっついてしまっていたテラスの足を50㎜ほど切り取り土間の防水を出来るようにしました。

門下塗装では元々だから仕方ないなどとは言わずに、後々不具合が起きてこないようにしてから施工します。

 

明石市MN様邸塗装工事の残りは付帯部の仕上げです

外壁の仕上がった明石市のMN様邸では1階廻りの樋や破風などの付帯部の塗り替えを行っていきます。

プライマーが塗ってあったベランダ土間も仕上げて、後は各所の清掃と手直し・自主検査そして残っていた箇所のシーリング打ち替えです。

雨で作業できない日がありましたが、予定通りに土曜日には足場解体できます。

先に塗り替える予定の南面と東面の付帯部に赤茶の上塗りを塗ります 神戸市垂水区NS様邸

門下塗装では付帯部の上塗り1回目まで塗った後、外壁を2面づつ塗り替えていくとこが多いです。

まだ終わっていなかったケレン・目荒らしをしてから、下塗りを塗り、東面と南面の破風や笠木に赤茶色の弱溶剤シリコン塗料の上塗りを1回塗りしました。

   

 

明日は外壁2面の養生をして微弾性フィラーを下塗りする予定ですが、雨の予報が出ているので天気を見て作業するかどうか考えます。

 

2面ずつ塗り替えていきます。東面と北面外壁と軒の塗装ほか 明石市MN様邸

今回塗り替えている明石市の現場は外壁は2階部分のみで、1階廻りは軒天と付帯部のみの塗り替えです。

東面と北面の2階部分を養生し、軒天の下塗りから上塗り、そして外壁の下地補修と下塗りを行い、余った時間で墓2面と1階廻りの付帯部などの塗装を行いました。

 

今回は施主様のご希望で2階外壁と軒の色を(特に軒天は淡色から濃い茶色に)大きく変えたのでどんな仕上がりになるか楽しみです。

 

 

 

付帯部の下塗りは非塗装箇所の材質で変わります 明石市MN様邸

明石市の現場ではまだシーリング職人が1階シール打ち替えをしているのですが、当店職人も現場に入り2階廻りの鉄部や破風などに下塗りを塗っていきます。

 

我々が使用する塗料にも、A素材には◎B素材には〇C素材には△など表記されている下塗り材や、下塗りなしで塗装可能などあいまいな表記がされている上塗り材があります。

△の表記の意味は何とか密着するけど、もしくは効果はあるけど長期的にみると保証は出来ないみたいな感じですかね。

また下塗りなしで塗装可能というのは、被塗装面の素材や既存塗膜の有る無しで下塗りの必要があるという前提があります。

門下塗装では、万が一、塗り替え後に不具合が起きた場合はこれは保証書に書いてあるこの条項に当てはまるので保証外ですなどといわないので、最も適した下塗り材を選定し、塗布してから上塗りしています。

 

ページ上部へ