建物付帯塗装

窓ふきなどの清掃作業と付帯部上塗り2回目 神戸市NB様邸塗装工事

神戸市垂水区のMB様邸塗装工事は付帯部の上塗り2回目を塗り仕上げれば、残り作業は防水屋に依頼しているベランダ土間のウレタン防水通気緩衝工法です。

ベランダの下が室内の場合、施工後にウレタン防水の防水塗膜が膨らむことがあります。そんな不具合が起きない様に脱気筒を取り付け防水塗膜の下の湿気を抜く、通気緩衝工法で施工します。

今日の当店職人の仕事は付帯部に上塗り2回目を塗る事と窓ふきなどの清掃、そして剥離した旧塗膜の欠片拾い(土間のゴミ拾い)でした。

今日から4日間で土間防水を行いますが写真は最後にまとめてアップします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目まで塗ります 

外壁と屋根の高圧洗浄が終わった神戸市垂水区のTZ様邸では2階のキッチンから壁に沿って上がっている排気ダクトと雨樋を外壁塗装の前に塗ります。

排気ダクトは上塗り2回目まで塗ってしまいました。もし汚れたら外壁塗装の後に手直しします。

屋根のカラーベストには弱溶剤屋根用遮熱シーラーをカラーベストの隙間までしっかりとローラーと刷毛で塗りました。

 

カラーベストは上塗りの前にタスペーサーを挿入し縁切りします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

高圧洗浄の前に鉄部の錆止めを塗り 神戸市垂水区TZ様邸

門下塗装では高圧洗浄の前に付帯部のケレンをして高圧洗浄が終わったらその現場での作業を終えることが多いのですが、今回は午前中に付帯部のケレンと鉄部の錆止めそしてシリコンシーラントの上に専用のプライマーを塗り、それらが乾燥した午後から屋根と外壁の高圧洗浄を行いました。

 

ALCのアングルに直接ボンタイルが吹付けてあり中で錆が出ていたので壁に見える部分にも錆止めを塗りました。

隣と近く狭い面にはブルーシートを2重張りし、お隣に汚れが飛び散らない様にしてから高圧洗浄しました。

 

明日は土間の養生から始め、付帯部の上塗り1回目を塗り、外壁塗装の養生に入る予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

雨戸の吹付け塗装と外構の上塗り 神戸市垂水区NB様邸

神戸市垂水区のNB様邸塗装工事は外壁の塗装が終わり、今日は雨戸の吹付けとガレージ廻りなどの外構壁の上塗りを塗ります。

 

門下塗装では雨戸の吹付けは温風でコーテイングしながら吹き付けるチロンガンを使用しています。このガンを使用して吹き付けると乾燥も早く一日で3工程以上吹き付けることが出来ます。

 

下地調整と下塗りまで終えていた外構塀にもナノコンポジットWを上塗りしました。

柄を付けると塗膜が厚くなり塗膜の剥離が起きやすいので下塗りと上塗りをウールローラーで塗装しました。

塗装工程はあと少しですが、今回は樋の交換と防水屋によるウレタン防水をするので足場解体は翌週の月曜日に予定しています。

下地補修不陸調整と鉄部下塗りと上塗り1回目 神戸市垂水区

何もなければ高圧洗浄の翌日に行える鉄部の錆止めと上塗り1回目を土間の養生と旧塗膜の残った部分と剥がれた部分との不陸調整後に塗装しました。

週明けからようやく外壁塗装に入っていきますが、肌合わせのため最近はあまり行わない吹付けでの塗装になります。

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区YM様邸 付帯部分の塗装

外壁と屋根の仕上がった神戸市垂水区の現場では付帯部分の塗り替えに入っていきます。

以前の塗り替え工事で適切な下塗りを塗らずに塗り替えていたシャッターBOXとシャッター三方枠は軽度のブリード現象が起きて汚れを吸着していました。

今回は塗り替え後にブリードしない様に塩ビ用の水性上塗りを使用して塗り替えていきます。この水性塗料で上塗りすると、下塗りが使用できないので多少密着性は良くないのですが、塗り替え後にブリードが起きず美観は保てます。

 

明日で塗装部分は大方仕上がる予定です。

明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

西面と北面の外壁を養生し下塗りします 神戸市垂水区YM様邸

神戸市垂水区の現場では今日から外壁塗装に入っていきます。窓や付帯部分を養生し下塗りの微弾性フィラーを刷毛とウールローラーで塗っていきます。

 

余った時間で東面と南面についている手摺や合羽を外壁塗装の前に1回目の上塗りをしました。

明日は今日下塗りを塗った上に上塗りを塗るのと、東面のモルタル補修の後に吹き付けで肌合わせをしようと思います。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

樋と鉄部に上塗り1回目を塗ります 神戸市垂水区YM様邸

神戸市垂水区では朝方まで雨が降っていたので午前は作業せずに、午後から樋や鉄部の一部に上塗り1回目を塗りました。

上塗り塗料はいつもと同じ日本ペイントの2液型弱溶剤シリコン塗料のファインシリコンフレッシュです。

 

シャッター枠の塩ビ鋼板が以前の塗り替えで何らかの塗料で塗ってあり、塩ビ鋼板を塗り替えた時特有の汚れの吸着がありました。

今回は水性の塩ビ用の塗料で上塗りするのですが、この部分は外壁塗装が終わってからになります。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 付帯部下塗りと下地補修

神戸市垂水区のYM様邸では鉄部の下塗り(今回は再塗り替えだったので弱溶剤エポキシ錆止めで)とUカットしたモルタル壁の補修を行いました。

外壁のクラック補修は足場なしの調査では気づいていなかったので見積もりに含まれていなかったのですが、何もせずに塗り替えるとまずいのでUカット⇒シーリング⇒樹脂モルタル補修⇒補修吹きとしていきます。

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

発注ミスで塗料が入らず西面外壁のみ仕上げました

3缶注文していたメイン外壁上塗りのナノコンポジットW(N35)が1缶足りなくて追加注文していたのですが、ミスがあり納品されませんでした。仕方がないので西面外壁のみ仕上げて北面外壁は材料が届いてから塗ることにします。

雨戸は北面にはなかったので吹き付け塗装で塗り替えていきます。

それ以外にも塗装可能な付帯部分に上塗り2回目を塗り、最後にはバルコニー土間のFRP用プライマーも塗り作業を終えました。

発注ミスで納入しなかったナノコンポジットWは水谷ペイントが特別に対応してくれて明日入ることになったので今週中に外壁は全て仕上がり養生を外すことが出来ます。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ