建物付帯塗装

神戸市北区 O様邸 北・西面外壁下塗りと西面2回外壁のガイナ上塗り

神戸のO様邸では昨日下塗り1回目を塗装した北面と西面の外壁に下塗りの2回目として砂骨ローラーという特殊なローラーでパターンを付けていきます。

西面北面外壁下塗り2回目 破風上塗り2回目
破風軒樋上塗り2回目 屋根這樋上塗り2回目
2回外壁 2階外壁ガイナ上塗り1回目

これで1回目は素塗り2回目は微弾性フィラーを下塗り出来ました。

乾燥待ちの間に仕上がっている東面と南面の外壁塗装用の養生を外し、さらに付帯部分に上塗りの2回目を塗りました。

最後に下塗りの乾燥している2階外壁に上塗り1回目を塗装し、今日の作業は終了です。

 

神戸市北区 O様邸 屋根の上塗り1回目と付帯部分の上塗り1回目

門下塗装では多くの場合、外壁塗装前に樋や鉄部の上塗り1回目を塗装してから外壁の塗装に入ります。

今回の神戸市北区の現場でも樋と破風そして屋根の上塗り1回目を外壁塗装前に塗っていきます。

破風板上塗り1回目 軒の上塗り1回目
樋上塗り1回目 庇上塗り1回目
屋根カラーベスト上塗り1回目 屋根金物の上塗り1回目
屋根水切り上塗り1回目 軒の下塗り

今回の現場の軒天はケーカル板で天井裏の熱気の為か有孔ボード部分に埃が多くついていたのでよく使用するノンシーラーのNAD型塗料ではなく、水性カチオンシーラーを下塗りしてから水性エバーロックという付着性に優れシミ止め効果もある1液硬化反応型合成樹脂エマルションペイントを上塗りします。

軒は下塗りのみを塗り、明日外壁塗装の合間に上塗りしていきます。

神戸市北区 O様邸 屋根と破風の下塗り他

神戸市北区のO様邸では屋根の下塗りと破風の下塗りそして軒樋の上塗り1回目を行います。

屋根の下塗り 破風下塗り
屋根の縁切り 軒樋上塗り1回目

屋根のカラーベストは今回フッソ塗料で上塗りするので、遮熱効果より密着性を重視し、水谷ペイントで最も密着性が高い屋根用弱溶剤エポキシシーラーのエポックマイルドシーラーを下塗りしました。

破風板には屋根にも使用できる弱溶剤エポキシシーラーでSK化研のマイルドシーラーEPOを下塗りし、乾燥後に樋と一緒に弱溶剤シリコン塗料で上塗りします。今日は余った時間で少しだけ上塗りしました。

屋根の方はタスペーサーで縁切りし今日の作業は終わります。

 

 

神戸市北区 O様邸 付帯部下塗りと下地処理

外壁と屋根の高圧洗浄の終わった神戸市北区の現場では付帯部分(主に鉄部)の下塗りとサッシ廻りの隙間のシーリングを行います。

屋根金物の目荒らし 水切り金物の目粗し
屋根金物の下塗り 水切り金物の下塗り
樋バンドの下塗り  

今回行ったサッシ廻りの隙間詰めは雨漏りの防止という事より仕上がった時の仕上がりを好くすることが目的です。

サッシ際の隙間シールプライマー塗り サッシの際の隙間シール処理
ベンドキャップ廻りシール  
屋根金物の釘の打ち込み 棟押さえ板金押さえ釘の抜け止め

屋根の棟押さえの金物を固定するための釘が抜け出てきていましたので、打ち込み、抜け止めのシール打ちも行いました。

神戸明石の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 各所の仕上げと清掃

明日足場解体をする神戸市北区の現場では各所の仕上げと清掃そして塀の塗装を行います。

下屋の軒樋の上塗り塗装2日目 竪樋上塗り塗装2回目
アコーディオン雨戸の上塗り 勝手口門扉上塗り
窓ふき清掃 塀の下塗り
塀の中塗り 塀の上塗り1回目

まだ仕上がっていなかった1階の樋に上塗りの2回目を塗装し、各所の清掃や窓ふきなどをしました。

塀の塗装下塗り中塗り上塗り1回目と進め、足場解体を終えてから上塗りの2回目を塗装します。

 

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 1階軒の上塗り2回目

神戸市北区のA様邸はいよいよ大詰め。

今日は外壁塗装上塗り2回目の前に軒天の木部の上塗り2回目を塗り、木部を仕上げていきます。

軒の上塗り塗装2回目 庇木部上塗り2回目塗装
矢切の上塗り2回目 木製テラス防虫防腐剤塗り

今回は軒天のピーリングは補修した後、元々の色に近い弱溶剤シリコン塗料の3分艶で塗り替えます。

木製テラスはアクリル板の復旧前に防虫防腐剤を塗装しました。

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 1階雨戸の吹き付け塗装と軒の上塗り1回目

神戸市のA様邸では昨日の続きで雨戸の吹き付け塗装上塗り2回目と1階軒天など木部の上塗り1回目です。

雨戸の吹き付け塗装上塗り2回目 軒天の上塗り1回目
軒先木部の塗装 玄関廻り木部上塗り1回目

 

雨戸は1階外壁塗装後に復旧しますのでまとめて保管しておき、1階の軒天などの木部の塗装を先に行います。

この後の作業の流れは、外壁の下塗り→軒の上塗り2回目→外壁の上塗りとなります。

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 雨戸の吹き付け塗装

2階外壁の塗装が終わった神戸市北区のA様邸では1階外壁塗装に入る前に20枚以上ある雨戸の塗り替えを行います。

雨戸のケレン・目粗し 雨戸の錆止め塗装
雨戸の上塗り1回目吹き付け塗装 雨戸の上塗り2回目吹きつけ塗装
   

塗装面のケレンをして全ての雨戸を目荒らしした後、吹きつけ塗装用の養生をし、低圧スプレーガンのチロンガンで吹き付けます。

この吹き付け機を使うと塗料の飛散を抑え、また乾燥が早くなるのでインターバルといわれる乾燥時間も短縮できます。

ほとんどの雨戸がスリットの独立した通気性のあるタイプだったので、両面を塗り替える必要がありました。

枚数が多いという事と両面塗り替える必要があるという理由で1日ですべての雨戸を塗り替えることが出来ませんでした。

2階部分の雨戸は仕上がりましたが乾燥時間が足りず復旧できなかったので、今晩は雨戸なし過ごしていただきます。

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 下地補修跡の肌合わせと2階軒の上塗り1回目

外壁クラック補修をした補修跡の肌合わせ(既存塗装と同じ柄にするためのパターン塗り)と2階軒天の上塗り1回目の続きを塗ります。

外壁パターン肌合わせ塗装  
軒の上塗り塗装1回目刷毛 2階軒の上塗り塗装1回目
樋の上塗り1回目 鉄部の上塗り塗装1回目

その後には2階軒天の上塗り1回目の続きと樋や鉄部などの上塗り1回目も塗装し作業を終えました。

今回の神戸市北区の現場では外壁塗装よりそれ以外の下地補修や付帯部分の塗装の方に多くの手間がかかっています。

ページ上部へ