建物付帯塗装

鼻隠しと軒樋の隙間が非常に狭く刷毛でもローラーでも塗れないので

神戸市垂水区の現場ではまだ1回目の上塗りの塗れていない軒樋と破風鼻隠しに上塗りを塗っていきます。

鼻隠しと軒樋の隙間が非常に狭く、刷毛でもローラーでも塗り切れない隙間だったので今回はベンダーという、こういった隙間を塗る専用の塗装用具を使用しました。

樋などが塗り終わり付帯部の上塗り1回目が終わったので今度は外壁の下地処理を行います。

あちこちに塗料が密着しないシリコンシーラントが使われていたので塗料が密着するようにシリコン用のプライマーを塗布しました。

そしてサイディングの重なり部分が塗り替え後壁の割れのように見えるのでエポキシ微弾性フィラーで隙間を詰めました。

明日からいよいよ外壁の塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区TN様邸 手直し清掃と各所の仕上げ

神戸市垂水区の現場はメインの塗装箇所は既に仕上がっているので、取り外していたエアコンの配管カバーなどまだ塗れていなかった部分を上塗りし、各所の手直しを行います。

エアコンの配管カバーは取り付けてから塗ったり、生乾きで取り付けるとカバー同士がくっついてしまい次回エアコンを交換するときにカバーが外れず壊さないといけなくなります。

完全に乾燥してから取り付けるとくっつかず取り外せるので再利用も可能になります。

 

明日ベランダの土間のトップコートを塗りたいので今日の内に土間の清掃とプライマー塗りまでを済ませておきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

雨戸の吹付け塗装と付帯部の上塗り2回目 神戸市TN様邸

門下塗装では、1回目の雨戸の塗り替えはケレン後に強溶剤エポキシプライマーのエポマリンGXを下塗りし、その後上塗り(大抵の場合は日本ペイントの弱溶剤シリコン塗料・ファインシリコンフレッシュ)を2回塗りします。どちらの工程もチロンガンという塗料が飛散しにくいスプレーガンを使って吹き付け塗装します。

   

樋や鼻隠し・化粧梁などの付帯部分は上塗り1回目まで塗ってあったので、2回目の上塗りを塗りました。

神戸市の週間天気予報では来週は雨ばかりになっているので、晴れそうな明日の日曜は作業させていただきます。

 

付帯部分の上塗り1回目 神戸市ON様邸塗装工事

門下塗装では外壁塗装の前に鉄部や樋など付帯部分に上塗りの1回目を塗ります。

昨日下塗りできていなかった破風に弱溶剤エポキシシーラーを下塗りし、外壁との取り合いがある付帯部分に上塗り1回目を塗ります。

 

付帯部分の上塗り1回目は、破風鼻隠しと軒樋が残っていますので、週明けにはそこの塗装から始めていきます。

神戸市垂水区 ON様邸塗装工事 鉄部の下塗り

下地補修のシーリングが打ち終わった神戸市の現場では鉄部に下塗りの強溶剤エポキシプライマーを塗っていきます。

最近の鋼板はほとんどガルバニウム鋼板という合金です。この鋼板は汚れにくく錆びにくいのですが、雨が当たらない部分は汚れが溜まり錆びてしまったりします。

また10数年経つと色褪せも発生するので、外壁や屋根の塗り替え工事の時には一緒に塗り替える事が多いです。現在一般的な弱溶剤エポキシ錆止めでも塗装可能なのですが、門下塗装ではより密着性が良い強溶剤の下塗りを使用しています。

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

アパートの鉄骨の塗り替え

メンテナンス不足で腐食した鉄部の錆は塗り替えだけでは進行を抑えきれません。しかし錆びている鉄部の塗り替えは出来ないとは言えないので出来るだけ錆を落とし、錆止めを塗り、その後上塗りして塗り替えていきます。

まずは錆で塗膜が浮いている部分を皮すきやスクレーパー、マジックロン(硬いタワシのようなケレン道具)で落とします。錆が出てきたら今度は粗めのサンドペーパーで表面の錆を落としていきます。

一般住宅などで行われるのは、このような活膜を残し不良部をケレンする3種ケレンまでです。

もし最も丁寧な?ケレンは1種ケレンとなるのですが今回のような錆び方をしてしまっている場合は穴が空きなくなる部分もあります。

当店では鉄部は特に早めにしかもしっかりとメンテナンスすることをお勧めしています。

特に錆びている部分は防錆処理をするか、もう一回錆止めを塗りたいところですが、収益用物件で予算の都合上一般的なケレン後錆止め1回、上塗り2回塗りで塗り替えていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

付帯部分の上塗り1回目と屋根の下塗り 神戸市TN様邸

神戸市垂水区の現場では、まだ塗り切れていない鉄部や樋などの付帯部分に上塗りの弱溶剤シリコン塗料1回目を塗っていきます。

 

今回塗り替える屋根のカラーベストは形状が特殊で大きなスリットが多く入っているのでローラーで平面部を塗った後、刷毛でスリットの中を塗り直していきます。

 

かなり手間がかかったので、明日も屋根の下塗りの続きから始めます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区TN様邸 下地補修と付帯部上塗り

神戸市垂水区の現場ではサイディング製の化粧梁と鼻隠しのジョイント部分のシーリングと軒廻りの隙間のシール打ちを行い下地補修が終了しました。

少し余った時間で鼻隠しと樋に上塗りの1回目を少し塗りました。

週明けに付帯部の上塗り1回目の続きを塗り、その後カラーベストの下塗りを塗る予定です。

各所の仕上げと清掃手直し 神戸市垂水区

破風鼻隠しと樋は昨日仕上がったので、今日は鉄部(シャッターBOXと水切り金物)と下屋、そしてバルコニー土間のFRPトップコート塗りです。

塗り替え工事は大方終わっていますので、明日は自主検査と最終手直しを行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

北東面の外壁を仕上げ、付帯部の上塗り2回目を塗ります

神戸市垂水区のTN様邸では、北面と東面の外壁に上塗りのダイヤスーパーセランフレックスの2回目を塗り、全ての外壁を仕上げてから付帯部分の上塗り2回目も塗っていきます。

   

 

足場を組んですぐに雨に降られたものの、その後は晴天が続き順調に工事が進んでいます。

今回の工事では外壁も屋根も付帯部分も全て高耐久塗料を使用しています。

外壁にはダイフレックスの無機塗料スーパーセランフレックスhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/super_seran_flex.html

バルコニー手摺壁の外側にダイフレックスの多彩柄吹付け材ダイヤカレイドhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/kaleido.html

屋根には水谷ペイントの屋根用遮熱弱溶剤フッソ塗料快適サーモFhttp://www.polyma.co.jp/products/roof/thermo/

樋や鉄部などの付帯部はSK化研の弱溶剤フッソ塗料クリーンマイルドフッソhttps://www.sk-kaken.co.jp/product/overcoat-materials/cleanmild-fusso/

今回の塗り替えで使用した全ての塗料が期待耐久年数が15年以上の超高耐久塗料でした。

門下塗装では、施主様の要望に応じて塗り替え塗料を提案いたしますので希望やこだわりがあればお申しつけ下さい。

 

ページ上部へ