2020年09月

上塗りのナノコンポジットW防藻+を外壁に塗っていきます 神戸市垂水区KM様邸

昨日下塗りした外壁に上塗りのナノコンポジットWを塗ります。新築の時の艶消しに仕上げたい、北面の外壁に苔が生えていたのが気になるということでしたので塗料での塗り替え部分にはナノコンポジットW防藻+を使っています。この塗料は防藻成分を混ぜているのではなく苔の生えにくい無機成分を増やすことで苔が生えにくくなっているそうです。最近はやりの無機塗料並みに無機成分が入っているから耐久性もかなり良いと水谷ペイントの講習会で力説していました。実際に過去に塗り替えた壁を見るとかなり汚れにくいかったです。

以前は下塗りと上塗りは同じ塗料メーカーのものしか使わなかったのですが、最近はメーカーが違っても素地の材質や状態に最適な下塗り材を使用しています。

今回の塗り替えでは外壁の下塗りは菊水化学で上塗りは水谷ペイントでした。

 

上塗り2回目の残っていた軒天に上塗り2回目を塗り、外壁に上塗りの1回目を乾燥待ちの間に、屋根の上塗り2回目を、午後から外壁に上塗りの2回目を塗り、塗り替え用の養生を外してから帰りました。

サイディング外壁にキクスイロイヤルサーフを下塗りを塗ります 神戸市垂水区KM様邸

今日からクリヤー仕上げではない外壁部分の塗り替えを行います。

未塗装外壁全ての養生を行い、サイディングの隙間詰めとチリ際の一手間をかけてから外壁に下塗りを塗ります。

ほとんど軒の無い建物ですがベランダ下と玄関に軒天があるのでその部分も下塗りと上塗り1回目を塗りました。

門下塗装では外壁の塗り替えは2面づつ行うようにしているのですが、今回はクリヤー塗装部分があったのと段取りの都合でほぼ全面を一気に塗り替えています。

明日には上塗りを終わらせ養生を外して帰りますので1日だけほとんどの窓が開けませんが、ご辛抱ください。

 

 

ワンポイントで貼られている意匠性サイディングにサイディング用シリコンクリヤーを塗ります 神戸市垂水区KM様邸

神戸市垂水区の現場では建物の付帯部の下塗りと上塗り1回目そして意匠性サイディング部分のクリヤー塗装を行います。

週末にはシーリング屋が作業をしていたので塗れなかった水切り金物やシャッターBOXの下塗りから塗り始めていきます。

   

 

下塗りが終わったら意匠性サイディングのクリヤー1回目を塗ります。

今回は3分艶の仕上がりにするのですが、クリヤー1回目は艶有で塗り、2回目のクリヤーは3分艶を使用します。

乾燥待ちの間に付帯部の上塗り1回目や棟包み金物の釘のシール処理などを行い、今日の作業は終了です。

明日から外壁の塗り替えに入ります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

明石市の外壁ガイナ塗り替えが予定より早く終わりました

明石の現場では自主検査・清掃手直しをしてから、施主様立ち合いで検査を行ないました。

一番最後に移動するときに人が乗る下屋に上塗り2回目を塗って、今回の塗り替えは完了です。

足場解体を前倒ししたかったのですが、足場屋の都合がつかなかったので解体まで数日待ってください。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

サイディング目地とサッシ廻りのシールの打ち替え 神戸市垂水区KM様邸が外壁塗装屋根塗装工事

足場を組み、高圧洗浄まで終わった神戸市垂水区のKM様邸ではシーリング屋の職人がサイディング目地とサッシ廻りのシールの打ち替えに来ています。

 

サッシ廻りのシールには撤去しなくても充分な打ち代があるので増し打ちで打ち替えているのですが、目地のシーリングは撤去してから打ち替えていきます。

一部の外壁は傷みの少ない意匠性サイディングですので、クリヤー塗装で仕上げます。クリヤー塗装の場合は打ち替え後に後打ちで打ち替えます。

そして今回の打ち替え工事ではいつも使っているオートンサイディングシーラントではなく、施主様のご希望でさらに高耐久のオートンイクシードを使用しています。

 

 

 

神戸市垂水区KM様邸 外壁塗装屋根塗装工事 屋根の下塗りと上塗り1回目

シーリング職人の来ている日には当店の塗装職人は現場に入らないことが多いのですが、今月はかなり工事が立て込んでいるうえ、もう一つの現場作業が終わっていたのでシーリング打ち替えの邪魔にならないよう塗装作業も進めます。

外壁の付帯部はシーリングとの取り合いが多いので屋根をメインに塗装工事を進めていきます。

屋根の金物にエポキシプライマーを下塗りし、屋根には屋根用遮熱弱溶剤シーラーを下塗りします。

破風の下塗りなどで時間を潰して屋根の下塗りが乾燥した後、縁切り部材タスペーサーを挿入し、上塗りの1回目を塗りました。

週明けには付帯部の下塗りと上塗り1回目から外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外構の塀の上塗りとベランダ土間の防水 明石市MU様邸

順調に塗り替え工事の進んでいる明石市のMU様邸では昨日下塗りの終わった外構の塀の上塗りとベランダ土間の水性塗布防水を行います。

塀は雨垂れが残り易いので親水性で汚れが残りにくい水谷ペイントのナノコンポジットWを上塗りに使い艶消しに仕上げていきます。

ベランダ土間は中塗りの2回目を塗り、乾燥後に上塗りを塗りました。

玄関庇の垂木などの柱の部分に今日届いたオスモカントリーカラープラスで塗り替えました。オスモの塗料は自然塗料で塗装後に剥がれが起きないのが大きな特徴です。

あとは各所の清掃と復旧、そして検査と手直しです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外壁と屋根の高圧洗浄 神戸市垂水区KM様邸

足場組みの終わった神戸市垂水区のKM様邸では外壁と屋根の高圧洗浄を行います。

いつも通り洗浄前に付帯部のケレン目荒らしを行い、お隣様の外壁を汚してしまいそうな近い面にブルーシートを張ってから洗浄作業を行いました。

高圧洗浄後には施主様の希望で、バルコニー笠木を取り外し内部の点検とジョイント部分のシーリングを行いました。

今回の現場はサイディング外壁なので、まずはサイディング目地とサッシ廻りのシーリングを打ち替えます。

 

明石市MU様邸 雨戸の吹付け塗装と付帯部上塗り2回目ほか

外壁のガイナ塗装が終わった明石市の現場では付帯部分の上塗り2回目と雨戸の塗り替えを行います。

雨戸の塗り替えはチロンガンというスプレーガンを使用します。

このガンは温風で吹き付けるので飛散が少なく塗装が乾きやすいという特徴があります。

2時間のインターバル(乾燥待ち)が1時間程度で済むため、1日で3工程以上の塗装が可能です。

 

雨戸などの付帯部の塗り替え以外にベランダ土間の防水や塀の下塗りなども行い、今日の作業を終えました。

断熱塗料ガイナで外壁と軒を塗り替えます 明石市MU様邸

今日は昨日下塗りの終わった外壁と軒に断熱塗料ガイナを上塗りしていきます。

断熱塗料ガイナは1缶あたりの塗布量が決まっていてサイディングの上の場合などは3回塗りしないと規定塗布量を塗れないですが、今回のようなモルタル壁の場合は2回塗りすれば基準塗布量を塗ることが出来ます。

まだ仕上がっていなかった玄関軒を外壁の上塗り2回目を塗る前にオスモカントリーカラーで仕上げ、最後に余った時間で下屋にも上塗り2回目を塗り作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ