2021年10月

外壁の残りと屋根を同時に仕上げていきます 神戸市D様邸塗装工事

この神戸市北区の現場も天候に恵まれ順調に塗り替え工事が進んでいます。

昨日の続きで外壁を仕上げていく職人と屋根に上塗り1回目を塗る職人に分かれて塗りを進めていきます。

 

北面と東面の外壁が仕上がったら養生を外し、屋根の上塗り2回目を塗る迄の乾燥待ちの間に屋根金物の上塗り2回目と木製破風の上塗り2回目を塗りました。

次工程迄のインターバル(乾燥待ち後)に上塗りの2回目を塗り屋根を仕上げました。

今回使用している屋根塗料は水谷ペイントのバイオマスR Siのマルーン(赤茶)です。屋根に日光が当たると見本板で見た時より赤く見える気がします。

8寸勾配でよく見える屋根なので塗り替え完了後足場を取ると、赤茶が映えて見えると思います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区M様邸の塗り替え工事が始まります

明日足場を組む神戸市垂水区のM様邸に先行作業として荷物の移動と飾り窓枠の撤去そして土間の高圧洗浄に来ました。

某工務店の建てた戸建物件で独自の部材が多く使用されていました。窓枠の上下に付いていた飾りを外さないとサッシ廻りのシーリングが打ち替えられないので取り外します。

足場がないほうが外しやすそうだったので1階廻りは今日外して倉庫に持って帰ります。

土間を高圧洗浄してこの現場での作業は終了です。

この後は別の現場に移動して作業します。

北面と東面を仕上げてから屋根の上塗り塗装に入りました

神戸市北区D様邸では昨日から塗り始めた北面と東面の軒に上塗りを外壁には下塗りから上塗りを塗っていきます。

 

軒の上塗り1回目を外壁に下塗りを塗り、軒塗装が乾燥後に上塗りの2回目を塗りました。

外壁の下塗りが乾燥するまでの間に屋根のカラーベストの隙間や屋根金物に上塗り1回目を刷毛で塗り、最後に外壁に上塗り1回目を塗って塗装作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

南西面を仕上げてから屋根の下塗りを 神戸市北区D様邸外壁塗装工事

神戸市北区の現場では南西面の外壁と軒に上塗りの1回目を塗って2面を仕上げます。

その後は屋根の下塗りと北東面の外壁塗装の養生を同時に行いました。

年数の経過していたカラーベストは高圧洗浄で素地まで見えてしまったので、今回は水谷ペイントの屋根用強化シーラーのエポックマイルドシーラーを使用しています。

最後に養生の済んだ北面と東面の軒に下塗りを塗り、余った時間で外壁の下塗りのチリ際を刷毛を塗り、作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

南西面の外壁と軒の上塗り1回目 神戸市北区D様邸塗装工事

神戸市北区の現場では昨日の下塗りの続きを終わらせ、外壁と軒に上塗りの1回目を塗っていきます。

人数が減ったこともありますが、既存塗装がスタッコに場合は塗りにくい為時間がかかり、上塗り1回目で終わってしまいました。

 

明日は今日の続きで軒と外壁に上塗り2回目を塗り、南面と西面の外壁と軒を仕上げます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

スチールシャッターの塗り替え 神戸市YSM様邸塗装工事

スチール製の軽量シャッターはガレージや店舗入り口などに使われていることがあります。今回は個人住宅ですが元々事務所として使っていたようでスチールシャッターがありました。

施主様がこのシャッターとシャッターBOXは塗り替えたいと要望されたので吹き付けで塗り替えました。

   

シャッター以外の仕上がっていない付帯部も仕上げて、あとは検査と手直しそして各所の復旧です。

南面と西面の養生から外壁と軒の下塗り 神戸市北区塗り替え工事

新築時から20年くらい塗り替えていなかったわりに外壁には大きな傷みはなかったです。ほんの少しあった塗膜の剥離部分に肌合わせのパターンを付け養生から始め下塗りまで塗って作業を終えました。

外壁は小粒のスタッコの吹きっぱなしだったので、下塗りが塗りにくく塗料の量も多く必要になりました。

サイディング外壁と比べてモルタル外壁は(特に今回のようなスタッコは)上塗りもかなり多く必要になります。

明日上塗りを塗った感じで上塗りのナノコンポジットWを追加発注します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

付帯部の下塗りと上塗り1回目 神戸市北区D様邸塗装工事

外壁塗装の前に付帯部の木部と鉄部に下塗りと上塗りの1回目を塗っていきます。

昨日電動工具を使ってケレンした木製の破風と鼻隠しには木部用下塗りを、錆の出ていなかった屋根金物には強溶剤エポキシプライマーを、錆の出ていた鉄部には弱溶剤エポキシ錆止めを塗りました。

   

 

下塗りが乾燥後、この時期なら2時間程度あれば十分です。上塗りの弱溶剤シリコン塗料を塗りました。

当店の職人が全員この神戸市北区の現場に来ていたので付帯部の上塗り1回目まで完全に終えることが出来ました。

週明けには外壁と屋根の塗り替えに入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市兵庫区YSM様邸塗装工事 付帯部分の上塗り2回目

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部に上塗り1回目を塗るようにしています。昨日外壁と屋根が仕上がったので樋や鉄部などの付帯部分に上塗り2回目を塗り各所を仕上げていきます。

   

玄関ドア枠のみ上塗りがまだだったので、一日で2回塗りして仕上げました。

残りの大きな塗装箇所はスチールシャッターになります。シャッターは吹付での塗り替えなので一日で3工程の塗装を行います。

あとは各所の復旧と手直し清掃です。金曜日に足場を解体するので数日作業しない日が出来そうです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

付帯部各所のケレンと外壁屋根の高圧洗浄 北区D様邸

神戸市北区の現場の破風鼻隠しは木製で塗装が剥がれてきていました。出来るだけ既存塗膜を剥がして素地を出さないと、後々旧塗膜から塗り替えた新塗膜が剥がれるので電動サンダーを使ってケレンしました。

   

鉄部と樋は手作業でサンドペーパーを使ってケレン目荒らしを行い、付帯部のケレンが終わってから屋根のカラーベストと外壁の高圧洗浄を行いました。

屋根のカラーベストがかなり汚れていたので汚れが飛び散らいない様にブルーシートを被って左右は養生を立ち上げて洗浄しました。

カラーベストの上に残った汚れを洗浄用ノズルを替えて洗い流し、軒樋の内部も水洗いで汚れを洗い流しました。

軒樋内を洗うと今度は鼻隠しと軒に汚れが移るので、軒を高圧洗浄するときにその汚れと足場についた汚れも洗い落ちしながら作業を進めます。

外壁の高圧洗浄が終わったのは16時を過ぎてからでしたのでそれからブルーシートをたたみ片付けをして目一杯かかって今日の作業が終わりました。

 

ページ上部へ