2021年10月

外壁廻りはシーリング職人がシール打ち替えを行い、塗装職人は屋根の塗装をします

外壁廻りはシーリング職人が下地補修のシール打ち替えをしているので、当店の職人は屋根塗装を進めます。

カラーベストの下塗りの続きを終わらせ、昨日下塗りして乾いている部分から縁切りのタスペーサーを挿入しました。

   
   

 

少しだけ割れている箇所があったのでそこはコーキングで補修します。現状雨漏りがなく、小さな割れが少しあるくらいなら簡単な補修をしておけば大丈夫です。

今回も北棟と同じく屋根には遮熱性能が高い快適サーモFのサーモライトグレーを使用しています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

樋などの付帯部分と下屋を仕上げます 神戸市垂水区MM様邸塗装工事

まだ仕上がっていなかった付帯部分と下屋に上塗りの2回目を塗り各所を仕上げます。

バルコニー土間にもFRP用のトップコートを塗り、大方塗り替え工事は終わりです。

外してあったバルコニー手摺の幕板の復旧と樋工事が残っていますが、それは後日になります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外壁は下地補修をしているので邪魔にならないよう屋根の塗装を行います

神戸市兵庫区のYSM様邸では外壁の下地補修をシーリング職人がしているので、塗装職人は屋根の塗り替えを進めていきます。

カラー鋼板の屋根金物には関西ペイントの強溶剤2液型エポキシプライマー・エポマリンGXを下塗りし、カラーベストには快適サーモマイルドシーラーという水谷ペイントの弱溶剤2液型エポキシシーラーを下塗りしました。

明日は外壁の下地補修工事をシーリング職人が行うので、自社の職人は邪魔をしないよう屋根の塗装のみを行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

某ハウスメーカーの建物でサッシ廻りと縦目地にはガスケットというパッキンが入っていました

今回塗り替えている神戸市兵庫区のYSM様邸はハウスメーカーの軽量鉄骨造サイディング外壁の建物でサッシ廻りや縦目地にはガスケットというパッキンが入っていました。

このガスケットは可塑剤が含まれているのでこの上をシールしたり、塗料を塗ったりすると、コーキングが膿んだり塗料が変色したり不具合が起きやすいです。

塗り替え後に不具合が起きない様に全てのガスケットを撤去し、横目地にしてあったようにコーキングでシーリングし直します。

過去に何度もこの手のパターンは経験しているのですが、今回のようにガスケットを撤去するとすぐに断熱材が入っているのは初めてでした。断熱材にボンドブレーカーを貼り付けサイディング目地の両端で2面接着になるようにしてから、プライマーを塗り、オートンサイディングシーラントでシーリングしました。

建物自体が大きかったこともあり人数を増やしても1日では全く終わりませんでした。

明日も続きのシーリング工事を行います。

 

北東面の外壁上塗り2回目と屋根の上塗り2回目 神戸市垂水区MM様邸塗装工事

神戸市垂水区の現場ではとても順調に塗り替え工事が進み、外壁と屋根を仕上げていきます。

 

外壁屋根の塗装が終わってからは付帯部各所の塗装を行います。

外してあったバルコニー手摺の幕板に木材保護塗料のガードラックアクアを塗り、その支持金物とポストにも上塗りを塗りました。

最後にバルコニー土間にFRP用のプライマーを塗って作業終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

足場組みの終わった神戸市兵庫区の現場では屋根と外壁の高圧洗浄を行います。

神戸市のYSM様邸では、いつも通り外壁と屋根の高圧洗浄の前に樋や鉄部のケレン目荒らしを行います。

 

その後洗浄作業をしたのですが、思っていた以上に屋根が汚れていたため時間がかかり他にもしたい作業があったのですが、それは出来ずに洗浄のみで今日の作業は終わってしまいました。

明日からはサイディング目地のシーリングなどの下地補修工事を行います。

南西面の外壁上塗り2回目と北東面外壁軒塗装 神戸市垂水区MM様邸塗装工事

神戸市垂水区のMM様邸では、今日はまず北面と東面の外壁塗装の養生を行い、水性カチオンシーラーを下塗りしました。

下塗りの乾燥待ちの間に昨日上塗り1回目まで塗った南西面の外壁と軒に上塗り2回目を塗ります。

今回は施主様のご希望で元々色分けしたあった外壁も軒も全て1色で塗り替えています。

 

南西面の外壁と軒の塗装が終われば、下塗りの乾いた北東面外壁と軒の上塗り1回目を塗ります。

 

外壁と軒の仕上がった南西面の塗装用養生を外してその面の窓が開くようにして今日の作業は終了です。

 

南西面の外壁塗装と屋根の上塗り1回目 神戸市垂水区MM様邸塗装工事

付帯部分の上塗り1回目が終わった神戸市垂水区の現場では外壁2面まずは南面と西面の養生から下塗りと上塗り1回目を塗っていきます。

下塗りも上塗りもローラーでは塗り切れない役物の廻りなどを刷毛を使って塗装します。

余った時間で屋根に上塗り1回目を塗り今日の作業は終了です。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

付帯部と屋根の下塗りほか 神戸市垂水区MM様邸塗装工事

今回塗り替えている神戸の現場の屋根はガルバニウム鋼板の金属屋根です。他の付帯部の金属部分と一緒に下塗りを塗っていきます。

 

 

金属部分の材質はバルコニー手摺のアングルのみが鉄で他はガルバニウム鋼板でした。鋼板部分には亜鉛メッキにも塗装可能なエポマリンGXという強溶剤型のエポキシプライマーを塗り、鉄製のアングルには防錆効果が高い2液型弱溶剤エポキシ錆止めを下塗りしました。

 

 

下塗りの種類は素地に応じて変えますが、付帯部の上塗りには弱溶剤2液型シリコン塗料を使用します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

足場組み前に土間の高圧洗浄を行います 神戸市兵庫区 YSM様邸塗装工事 

明日足場組みを行う神戸市兵庫区の現場では先行作業で荷物の移動とモルタル土間の高圧洗浄を行いました。

 

我々が使用しているエンジン式の高圧洗浄機でモルタル土間を洗浄するとかなり綺麗に汚れを落とすことが出来ます。

年数が経つと再度汚れてくるのですが一時的にでも綺麗になるので、サービスで行うこの作業は非常に喜んでいただいています。

左右の面がかなり狭いので今回の足場組みは自在性が高い単管ブラケット足場を使用します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ