2021年10月15日

外壁廻りはシーリング職人がシール打ち替えを行い、塗装職人は屋根の塗装をします

外壁廻りはシーリング職人が下地補修のシール打ち替えをしているので、当店の職人は屋根塗装を進めます。

カラーベストの下塗りの続きを終わらせ、昨日下塗りして乾いている部分から縁切りのタスペーサーを挿入しました。

   
   

 

少しだけ割れている箇所があったのでそこはコーキングで補修します。現状雨漏りがなく、小さな割れが少しあるくらいなら簡単な補修をしておけば大丈夫です。

今回も北棟と同じく屋根には遮熱性能が高い快適サーモFのサーモライトグレーを使用しています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ