付帯部(樋や鉄部)の塗り替え 神戸市西区H様邸塗装工事

屋根と外壁の高圧洗浄の終わった神戸市西区のY様邸では樋や鉄部など付帯部分の塗装にかかります。

ケレンが終わってから鉄部にはまず下塗りを塗りました。

雨樋には下塗りの必要はないのですが、樋バンドには下塗りを塗ります。鉄部は全て刷毛とローラーで下塗りしました。

下塗り後には上塗りを2回塗りします。門下塗装では1回目の上塗りを外壁塗装の前に、外壁塗装後に2回目の上塗りを塗ることでしっかりと上塗りが2回塗られていることを施主様が確認しやすくしています。

 

外壁と屋根が仕上がったので、残っていた付帯部分の上塗り2回目を塗っていきます。

まずはまだ1回も上塗りしていなかった、エアコン配管カバーと雨戸に1回目の上塗りを塗ります。

エアコン配管カバーはH様の敷地では塗装するスペースがなかったので、当店の倉庫に持ち帰り置き塗りしました。

付帯部分の2回目の上塗りと各所の清掃手直しを終え、倉庫に戻ってからエアコン配管カバーに2回目の上塗りを塗りました。一晩乾かして明日現場に持っていき復旧します。

エアコン配管カバーは完全に乾かしてから取り付けると、必要になった時に取り外せます。取り付けてから塗ったり、取り外さずに外壁の塗料で塗るとくっついてしまい、次回のエアコン交換の時には壊れてしまいます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031