2020年11月

南東面外壁に上塗り2回目のナノコンポジットWを塗り外壁を仕上げました 神戸市IH様邸外壁屋根塗装工事

昨日上塗り1回目まで塗ってあった南面と東面外壁に上塗りの2回目を塗った後には、まだ仕上がっていなかった付帯部分に弱溶剤シリコン塗料の半艶を上塗り2回目として塗り、各所を仕上げていきます。

家屋の塗装箇所で残りの大きな箇所は下屋のみになりました。

しかし既存塗膜の密着性が落ちている大きなウッドデッキがあるのでこの部分のケレン作業がまだまだ大変です。

木曜の足場解体に向けて作業を進めていきます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

以前塗り替えたお客様より外壁が割れていると連絡がありました 無償補修工事

2年前に塗り替えたお客様より連絡があり、クリヤー塗装したサイディングに割れがあるから見に来て欲しいと言われました。

行って見てみると確かに釘留めしてある釘廻りが割れていました。しかしこれは劣化による割れではなく塗り替え後に隣の敷地の建物の解体と新築工事で揺れた為、特に付加のかかる釘廻りが割れてしまったようでした。今回は当店の責任外の事例ではありましたが、無償で変性シリコンのクリヤーコーキングで割れを塞ぎ、雨がサイディング内部に浸み込まないように処理しました。

 

今回使用した変性シリコンコーキングはノンブリードなので変色しにくいのですが、安価なシリコンシーラントを使用するとすぐに変色してしかも次の塗り替えの時に塗料が密着しません。

門下塗装では保証書はあえて発行しないのですが(希望された場合は発行します)精一杯のアフターフォローを行っています。

 

雨で一日休みましたが南面と東面の外壁と軒の塗装を行います 神戸市垂水区IH様邸塗り替え工事

北面と西面の外壁と軒が仕上がったので今度は南面と東面の外壁と軒の塗り替えに入ります。

汚してはいけない窓などを養生してから、外壁には下塗りと上塗り1回目を、軒はノンシーラーで塗装出来るNAD型塗料を2回塗りし仕上げました。

 

今回は最後に余った時間で軒樋や外してあったエアコンの配管カバーに上塗りしました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

北面と西面の外壁と軒を仕上げて養生を外します 神戸市垂水区IH様邸塗装工事

昨日上塗り1回目まで塗った北面と西面の外壁と軒に上塗り2回目を塗り、仕上げた後養生を外し、一部の付帯部にも上塗り2回目を塗りました。

   

外壁塗装と同時進行で別の職人が屋根の上塗りを進めました。

大屋根と北面外壁と西面外壁は仕上がりました。

明日は雨のようなのでおそらく休みになります。土曜から南面と東面の外壁塗装に入っていきます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

西面と北面の外壁と軒の塗り替えを進め、屋根にも上塗り1回目を塗りました 神戸市垂水区IH様邸

この現場に入っている職人全員で外壁2面の養生を済ませてから、外壁塗装と屋根塗装に分かれて作業を進めます。

材料を塗りすぎると重なり部分から塗料が垂れてくるので丁寧に刷毛とローラーを使って塗装していきます。

元々グリーンだった屋根にはブルーの屋根用フッソ塗料で上塗りします。

外壁の下塗りが乾燥してから、上塗りのナノコンポジットWを塗り、軒にも1回目の上塗りを塗り、今日の作業は終わりました。

明日は外壁2面を仕上げ、大屋根の上塗りも進める予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁塗装用の養生をする前に付帯部分に上塗り1回目を塗ります 神戸市IH様邸塗装工事

門下塗装では手間的には少しロスが出るのですが、外壁塗装の前に付帯部分に上塗りの1回目を塗るようにしています。

これは施主様が2回塗りしていることを確認しやすくすることが一番の理由です。

しかし、外壁塗装の前に付帯部の下塗りを塗り、外壁の上塗り後に付帯部の上塗りを2回塗りしてもきちんと乾燥時間3時間以上取れるので問題はありません.。悪く言えば手抜きはしてないですよというパフォーマンスですね。

付帯部の塗装をするグループと別に屋根の塗装も進めています。

屋根用弱溶剤遮熱エポキシシーラーを下塗りし、乾燥後にタスペーサーを挿入し縁切りしました。

最後に少し余った時間で上塗りの屋根用遮熱フッソ塗料で隙間を刷毛塗りし、今日の作業は終わりです。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

付帯部各所に素材に応じた下塗りを塗ります 神戸市垂水区IH様邸塗装工事

シーリング打ち替えの終わった神戸市垂水区の現場では鉄部やサイディング製の付帯部に下塗りを塗ります。

最近の鉄部はほぼガルバニウム鋼板が使われています。ガルバ鋼板は耐久性に優れており表面の塗装も汚れが付きにくい加工がされています。ですので塗り替え時にも塗料の密着は良くないので、目粗しをしっかりとした後、通常使用されるエポキシ錆止めではなく、強溶剤の非鉄金属用エポキシプライマーか形状や取り付け部分によってはミッチャクロンというプライマーを下塗りします。

サイディングの塗り替えは外壁であれ付帯部分であれ下塗りが必要です。上塗りには弱溶剤シリコン塗料を使用するので、下塗りも弱溶剤のエポキシシーラーを塗りました。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

外壁下地補修 シーリングの打ち替え 神戸市垂水区IH様邸

今回塗り替えている神戸市垂水区IH様邸はラップサイディング外壁だったのでサイディング目地はほとんどないのですが、サッシ廻りのシールのすべてを撤去して打ち直して欲しいとのご希望でした。

通常のサッシ廻りより形状もややこしい為手間がかかり、多い目の職人が二日がかりで打ち替えました。

門下塗装ではシール打ち替えを金曜と土曜で行うことが多いです。それは日曜を乾燥養生に使えるからなのですが、気温が上がらなくなってきたので中1日では乾燥しきらないかも知れません。

月曜はまだ付帯部分の下塗りなのでシールをしっかりと乾燥させることが出来ます。

 

足場組みの終わった現場では外壁と屋根の高圧洗浄を行います 神戸市垂水区IH様邸

門下塗装では、高圧洗浄の前に付帯部のケレン作業を行い、その後洗浄して帰ることが多いです。これからは寒くなるので洗浄作業で濡れたまま何らかの作業をすると風邪をひくこともあるので濡れたら出来るだけ早く帰り着替えるようにします。

 

明日からはサイディング目地とサッシ廻りのシーリングの打ち替えを行います。

ラップサイディング外壁の家の塗り替えが始まります

足場組み前の準備で荷物の移動とウッドデッキとウッドフェンスの既存塗膜の剥離作業を行います。

いつもならガレージ土間の高圧洗浄をするのですが、芝生の土間だったので先行洗浄はなしで外壁の高圧洗浄の時に外構も少し洗います。

手作業でのケレンだけではいくら時間があっても終わらないので、外壁と屋根の高圧洗浄の時に洗浄機も併用してケレンします。

明日は足場組みを行います。

 

ページ上部へ