2020年11月25日

神戸市西区のKS様邸はガイナと多彩柄吹付け材ア―バントーンで塗り替えます

足場組みの終わった神戸市西区のKS様では付帯部のケレンと外壁と屋根の高圧洗浄を行います。

門下塗装ではいつも施主様の話を聞いてから、複数の塗料での塗り替えを提案します。現在最もよく塗り替えに使われているラジカル制御水性シリコン塗料と、当店でよく使用している親水性で超低汚染塗料のナノコンポジットWは常に提案するのですが、それ以外にも、KS様が新築から一度も塗り替えていないので、出来るだけ長持ちする塗料で塗り替えたい、2階は特に暑くなるなどとお話されていたので、塗装プランに断熱塗料のガイナ(断熱性能を付加できる塗料)と、外壁を貼り替えたのと思えるほどのガラッと変わった仕上がりになる意匠性塗料で多彩柄吹付け材アーバントーンなども提案しました。

結局、単色だった外壁を上下ツートンで色分けし、温度差が出やすい2階には断熱塗料ガイナで、よく目立つ1階サイディングは多彩柄吹付け塗料で塗り替えることになりました。

明日からは下地補修としてシーリングの打ち替えを行います。

 

 

ページ上部へ