アーバントーン

メイン部分は目地の塗り分けでワンポイント部分は多彩柄単色で

元々は全て同じ意匠性サイディングが貼られていました。見積もり時のヒアリングで折角だからイメージを替えたいとの施主様のご希望を聞き、目地の塗り分け・多彩柄・ワンポイント色分けを提案しました。

バルコニー手摺壁と東面外壁の一部を色分けしていきます。

目地塗り分けで先に仕上げた東面と南面の外壁にあるバルコニーと一部の外壁の塗り替え部分の上塗吹き付けを行います。

 

 

外壁塗装は今日で終わったので週明けの月曜にはバルコニー土間防水と付帯部分の上塗り・手直しを行います。

屋根の葺き替えと破風の板金カバー取付などを来週から行います。

 

 

 

サイディング目地塗り分け工法中塗りと上塗り吹付け

色落ちした意匠性サイディングボードを目地を色分けしさらに多彩柄吹付け材で上吹きするという塗り替えを行っています。

昨日凸部の中塗りを短毛のローラーを使って塗り分けたので、細部の塗り分けや目地内の手直しを小刷毛で塗り、中塗りでの目地の塗り分けを終わらせてから上塗りを吹き付けます。

当店で使用しているダイフレックスのアーバントーンやダイヤカレイドは下塗りを塗った後、中塗りを塗り。その後塗料チップの混ざった透明のクリヤーを吹き付けるタイプです。

他メーカーの同様塗料では、下塗りが要らずカラーバインダーを使用するタイプ、吹き付け塗装をする上塗りが水性塗料に弱溶剤系の違う色の塗料で多彩柄を出すタイプなどがあります。

それぞれに長所短所があるのですが、門下自身がこのア―バントーンの多彩柄の発色の好さと耐久性・低汚染性を気に入っているのでダイフレックスとは懇意にさせてもらっています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

多彩柄吹付け材アーバントーン・カレイドでの塗り替え 中塗り

神戸市垂水区の塗り替え工事では意匠性サイディングボードを多彩柄吹付け材のアーバントーンhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/urban_tone.htmlとダイヤカレイドhttp://www.dia-dyflex.jp/product/detail/kaleido.htmlを使用して塗り替えていきます。

先ずは下塗りです。少し年数の経過した直貼りサイディングでしたので水性より密着性の高い弱溶剤シーラー・ガンコシーラーマイルドを使用して下塗りしました。

 

今回はバルコニー手摺壁と東面の外壁の一部のみアーバントーンの少し薄めの色(TU30)で塗り分け、ほかの大部分はダイヤカレイド(DK1112)で目地を塗り分けて塗り替えます。

メイン外壁に目地色の中塗りと、塗り分け部分TU30の中塗りを塗り、最後に目地塗り分けの凸部にダイヤカレイドのDK1112の中塗りをローラー塗りしこの日の作業は終わりました。

   

中塗り塗り分けの仕上げがまだなので明日は小刷毛を使って端部まで綺麗に塗り分けていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

多彩柄ア―バントーン上塗り吹付けと屋根用遮熱シーラー塗りほか 神戸市西区塗装工事

神戸市西区の現場ではバルコニー手摺壁外側を多彩柄仕上げに塗装しています。今日はアーバントーン上塗りをチロンガンを使って吹き付けていきます。

アーバントーンは中塗りの後でクリヤーを吹付けそのクリヤーの中にいろいろな色の塗料チップが入っていますので、吹き終わってすぐは乳白色になります。乾燥すると中塗りのベースの色に上塗りに入っていた多彩柄が見えてきます。

その後、屋根の下塗りと北面と東面の外壁と軒の下塗りも行いました。

 

前回の塗り替えでガレージの鉄板に弱溶剤の塗料が使われていて、今回も弱溶剤エポキシ錆止め後に弱溶剤ウレタン塗料で塗り替える予定でした。

上記の仕様で塗り替えた立体駐車場の鉄板で、タイヤの可塑剤が弱溶剤塗料と反応しタイヤに塗料がくっつくというトラブルが起きた事例を思い出し、材料屋と相談した結果、弱溶剤エポキシ錆止め後に水性の上塗り塗装に変更しました。これで不具合が起き無くなればいいのですが。

 

 

2階外壁多彩柄吹付け上塗り 神戸市TR様邸

昨日下塗りと中塗りを終えた2階外壁に多彩柄吹付け材ダイヤカレイドを吹き付けていきます。

手の空いた職人が1階外壁塗装用の養生と軒の塗装を行い、この日の作業は終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

意匠性塗料・多彩模様塗材ア―バントーン上塗り 神戸市西区KS様邸塗装工事

いよいよ1階の外壁にアーバントーンの上塗りを吹き付けて仕上げていきます。

白く見えるクリヤーが乾燥して透明になれば多彩模様が浮き出してきます。

多彩模様の塗料は塗料メーカー各社が発売していますが、門下塗装ではダイフレックスの多彩模様塗材を使用しています。

この塗料は下塗り後に中塗りのバインダーを塗り、その後にシリコンクリヤーの塗料チップを混ぜ込んだ上塗りを吹き付けるので柄がしっかりと出てある程度離れても単色ではなく多彩模様が認識でき、また非常に耐久性が高いので自信をもって薦めることが出来ます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市西区KS様邸 意匠性塗料での塗り替え

1階の軒に上塗りの2回目を塗り、昨日下塗りを終えた外壁には意匠性塗料アーバントーンの中塗りを刷毛とローラーで塗っていきます。

明日はいよいよ多彩柄吹付け材アーバントーンの上塗りです。

門下塗装ではチロンガンという塗料の飛散の少ない特別な吹付け機を使用し吹き付けるのですが、万が一のため飛散養生は充分に行い、近くに駐車している乗用車は断りを入れてカーカバーをかけて作業していきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2階外壁に断熱塗料ガイナを3回塗りして仕上げていきます 神戸市西区KS様邸

神戸市西区の現場では昨日の続きで2階外壁に上塗りのガイナをさらに2回塗りして規定塗布量を守り仕上げます。

 

同時進行で別の職人が屋根の上塗りを塗っています。

今回の塗り替えでは2階外壁には断熱塗料ガイナを塗り、屋根には弱溶剤遮熱フッソ塗料を使用しています。

1階の外壁には多彩柄吹付け材ダイヤアーバントーンを使用しますので意匠性も耐久性も機能性も高い仕様で塗り替えています。

神戸市垂水区 YT様邸 外壁塗装屋根塗装工事 南西面外壁の上塗りと色分け部分多彩柄吹付け

神戸市垂水区YT様邸では上塗り1回目まで終わった南面と西面外壁に上塗りの2回目を塗り、色分けで仕上げるベランダ手摺壁外側に多彩柄吹付けのアーバントーンの中塗りと上塗りを塗ります。

余った時間で屋根のカラーベストの隙間に上塗り1回目を刷毛塗りしました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

明石市 O様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 1階外壁塗り替え多彩柄吹付け材アーバントーン目地塗り分け

明石市の現場では目地色の中塗りを終えた1階外壁の凸部のみに中塗りを塗ります。

目地にはみ出した中塗りを手直しし、明日の上塗り吹き付けに備えます。

余った時間は屋根に上がり、棟包みの釘や割れをシール補修しました。まだ上塗りできていなかった屋根の水切りに上塗りを塗って今日の作業は終わりです。

神戸・明石の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ