ア―バントーン上塗りの吹付けと南東面付帯部上塗り1回目

神戸市垂水区の現場では昨日中塗りを終えた北西面に多彩柄吹付け材アーバントーンを吹付けながら、南東面の付帯部に上塗り1回目を塗ります。

 

ダイフレックスの多彩柄吹付け材アーバントーンはクリヤーの中に塗料チップを混ぜ込んで吹付け、吹付け直後は乳白色ですが、乾燥するとクリヤー部分は透明になりいろいろな色が浮き出て多彩柄に仕上がります。

ア―バントーンは中塗りも上塗りもかなり高価な塗料なのですが、仕上がり具合も綺麗で耐久性も優れており塗り替え直後から次回塗り替えまで施主様に喜んでいただける塗料です。

ページ上部へ