2021年06月

外壁と軒の後、付帯部分を仕上げていきます 神戸市垂水区NI様邸塗装工事

神戸市垂水区の現場では施工中の防水工事以外の残工事は付帯部の塗装と手直し清掃などになりました。

今日は付帯部分の上塗りを塗っていきます。茶色で仕上げる樋や鉄部には既に上塗りを1回塗ってあるのですが、外壁色に仕上げる換気フードや外部排水管はまだ一度も塗れていないので先ず外壁色の弱溶剤シリコン塗料で上塗り1回目を塗ります。

換気フードと外部配管を仕上げて付帯部も大方仕上がりました。明日は手つかずの雨戸の塗り替えです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

多彩柄ア―バントーン上塗り吹付けと屋根用遮熱シーラー塗りほか 神戸市西区外壁屋根塗装工事

神戸市西区の現場ではバルコニー手摺壁外側を多彩柄仕上げに塗装しています。今日はアーバントーン上塗りをチロンガンを使って吹き付けていきます。

アーバントーンは中塗りの後でクリヤーを吹付けそのクリヤーの中にいろいろな色の塗料チップが入っていますので、吹き終わってすぐは乳白色になります。乾燥すると中塗りのベースの色に上塗りに入っていた多彩柄が見えてきます。

その後、屋根の下塗りと北面と東面の外壁と軒の下塗りも行いました。

 

前回の塗り替えでガレージの鉄板に弱溶剤の塗料が使われていて、今回も弱溶剤エポキシ錆止め後に弱溶剤ウレタン塗料で塗り替える予定でした。

上記の仕様で塗り替えた立体駐車場の鉄板で、タイヤの可塑剤が弱溶剤塗料と反応しタイヤに塗料がくっつくというトラブルが起きた事例を思い出し、材料屋と相談した結果、弱溶剤エポキシ錆止め後に水性の上塗り塗装に変更しました。これで不具合が起き無くなればいいのですが。

 

 

先週からの続きで南面と東面外壁を仕上げて 神戸市垂水区NI様邸塗装工事

神戸市垂水区のNI様邸では先週からの続きで南面と東面に上塗りを塗り仕上げていきます。

元々濃い色だった玄関廻りを淡色で塗り替えたのですが、色留まりが良くなかったので3回目の上塗りを塗り綺麗に仕上げ、濃色部分には2回目の上塗りを塗りました。

同時進行で別の職人が屋根の縁切りと上塗りの屋根用遮熱フッソ塗料1回目を塗りました。

南東面の外壁と軒が仕上がったので養生をばらし、北面と西面の養生を終わらせ、下塗りの水性カチオンシーラーを塗り作業終了です。

 

明日から防水屋がバルコニー土間の防水をしに来てくれます。今回は自社職人では施工できないウレタン塗膜防水通気緩衝工法で防水します。

塗り分けの多い西面と南面外壁を塗り替えています 神戸市西区KN様邸塗装工事

西面の外壁は2階部分が淡色で1階部分は濃色そしてバルコニー手摺壁外側は多彩柄仕上げです。

   

先ずは南面と西面2階に淡色のナノコンポジットW2回目を塗り、その後西面1階に濃色のナノコンポジットWを塗りました。

乾燥待ちの間に、まだ塗れていなかった北面と東面の付帯部に上塗り1回目を塗り、乾燥待ちしてから西面1階も仕上げました。

最後にバルコニー手摺壁外側にア―バントーンの中塗りを塗って作業終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

塗り分けの多い西面と南面を先に塗り替えます 神戸市西区外壁塗装

雨が降って来て濡れると錆止めが塗れなくなるので一人の職人が朝一から電動サンダーで錆を落とし錆止めを塗りました。

今回はかなり入念に既存塗膜を落としケレンしたので生鉄になった部分もありました。生鉄部分はすぐに錆が出るので塗る直前に再度ケレンしました。

先日下塗りしてあった西面と南面の外壁と軒に上塗りを塗ったのですが、想定より早くに一雨降ってきたので出来る範囲だけ塗り半日で作業を終えました。

 

軒は何とか2回塗れて仕上げることが出来ましたが、外壁は淡色の上塗りを1回塗りしか出来ませんでした。

明日も雨のようですので、続きは来週になりそうです。

 

夕方まで持つと思ったのですが雨に降られてしまいました 神戸市垂水区NI様邸塗装工事

この日の天気予報では運が良ければ夕方まで天気が持ちそうだったので現場に行き、軒の上塗り2回目と外壁の上塗りを塗りました。

しかし昼前に雨がパラつき出したので、軒と淡色部分の外壁は仕上げ、メインの外壁は上塗り1回目で作業をやめて昼前に撤収しました。

ちなみにこの後2時間くらい降ってから雨が上がり、19時くらいからまた降り出してきました。

正午前後の一雨が無ければ東面と南面の外壁と軒が仕上がったのに残念です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

南面と東面の外壁と軒に下塗りを塗り、屋根には下塗り2回目を塗りました 神戸市垂水区NI様邸塗装工事

付帯部に上塗り1回目を塗り終えた神戸市垂水区の現場では、東面と南面の外壁塗装用の養生をして、外壁と軒に下塗りの水性シーラーを塗り乾燥後に淡色で仕上げる軒と1階外壁の一部に上塗り1回目を塗りました。

最後に大屋根のカラーベストに屋根用遮熱シーラーを下塗り2回目として塗り、作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

弱溶剤エポキシシーラーは完全に乾かないと上塗りが割れる事があります 神戸市西区KN様邸塗装工事

いつもは付帯部分の上塗り1回目が終わってから外壁の塗装に入るのですが、今回は段取り上ある程度付帯部を塗ってから外壁と軒の下塗りを塗り終えてから帰ります。

前回の塗り替えが信頼できない感じだったので、今回は水性より密着性に優れた弱溶剤エポキシシーラーを下塗りに使用しました。このシーラーは乾燥時間2時間以上となっているのですが、2時間以上たっても材料が溜まっている部分や日当たりが好くない箇所などを上塗りしてしまうと上塗り材が乾燥後に割れる事があります。そうならない様に今日の内に下塗りを終わらせ明日以降に上塗りを塗ります。

   

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

ブリード用プライマー塗りと付帯部下塗りなど 神戸市西区KN様邸塗装工事

西区の現場は何度か塗り替えてあったのですがサイディング重なり部分が妙に割れていたので中を見てみるとシリコンシーラントの上にウレタンコーキングが打ってありました。

密着していなかったウレタンコーキングを切り取り、シリコンシーラントにも密着するように特殊なプライマーを塗布します。

このプライマーはブリードオフプライマーとしても使用できるのでブリード部分にも塗り、塗り替え後に変色(ブリード現象)が起きない様にします。

   
   
   

下塗りが必要な付帯部分を下塗りし、明日の上塗りに備えます。

   

屋根水切りもしっかりと下塗りを塗りました。

明日は付帯部の上塗りを塗る予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

付帯部下塗りの続きを塗り、上塗り1回目を塗りました 神戸市垂水区NI様邸塗装工事

焼き付け鋼板部分は昨日下塗りを終わらせたので、今日は塩ビ鋼板部分とサイディング製の破風に下塗りし、乾燥後鉄部と樋と破風に上塗りの弱溶剤シリコン塗料を塗りました。

   

 

昨日シーラーを塗った屋根のカラーベストを確認するとほぼ塗れ色になっており上塗りを塗れる状態でした。

しかし今回は耐久性と遮熱性の高い屋根用フッソ塗料が上塗りなので、エポックマイルドシーラーの上にさらに快適サーモマイルドシーラーを塗り遮熱性能と密着性を上げてから上塗りします。

今日下塗りの2回目を塗りたかったのですが、時間が足りなく塗ることが出来ませんでした。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ