2021年06月09日

ガレージ土間の縞鋼板のケレン 神戸市西区KN様邸塗装工事

過去に何回も塗り替えてある縞鋼板の鉄板のケレンを行っています。

 
   
   
   

脆弱な塗膜が剥がれていた鉄板は、浮いている塗膜を剥がしておかないと塗り替え後に再度剥がれて来ます。

ケレンハンマーや皮すきなどで叩き塗膜を剥がすのですが、正直いくらでも剥がれて来ます。

見積もりの時にも既存塗膜の全面除去をしない限り塗り替え後の塗装の剥がれは起きる事、全面除去をするには塗装代の何倍もの費用が掛かることを説明し、ある程度のケレンで

塗り替える事も了承してもらっているのですが、作業している職人はなかなか割り切れません。

今日で二日ケレンしましたがまだ塗膜は剥がれるので、明日の高圧洗浄の時に高圧洗浄機で塗膜を飛ばします。(高圧洗浄でケレンをするとケレンかすが飛散し、カスだらけになるのでやりたくないのですが)

鉄骨アングルを錆止めして今日は終わります。

塀の塗り替えはリスクもあるのですが 神戸市垂水区TJ様邸塗装工事

家屋の塗り替えのほぼ終わった神戸市垂水区の現場では外構の塀の塗り替えを行います。

見出しに塀の塗り替えにはリスクがあると書きましたが、塀は新築の時に作ると長ければ家屋の解体の時までそのまま使用します。

型枠を組んでコンクリートを流し込む擁壁や積んだ鉄筋ブロックをモルタルで仕上げている塀がありますが、どちらも内側の土や塀の天端や裏側から浸み込んだ雨水が浸み出してくることがあり、また経年劣化でコンクリート自体の防水性も落ちてきます。初めはなんともなくても年数が経つと塗ってある塗膜が膨らんだり剥がれて来たりすることが多いです。

出来るだけそうならないようにするためには下塗りや中塗りで吹付けやローラーでの柄を付けずに、シーラー(密着性のみ)を下塗り後、出来るだけ透湿性の高い塗料を上塗りするだけの方がいいです。

今回はリシン吹きしてあった塀に水性カチオンシーラーを下塗りし、ナノコンポジットWを上塗りしました。

低汚染性に優れ、親水性塗料のナノコンポジットは塀に使用しても雨垂れが残りにくいので、門下塗装では塀の塗装には水谷ペイントのナノコンポジットWをよく使用します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

ページ上部へ