ガイナ

メインサイディングに断熱塗料ガイナを塗ります 神戸市垂水区TG様邸

神戸市垂水区の個人住宅の塗り替え工事はいよいよ外壁塗装に入っていきます。

汚してはいけないサッシなどを養生用のナイロンで塞ぎ、刷毛とローラーで塗っていきます。

今日はガイナで仕上げる淡色のサイディング部分に上塗り1回目まで塗り、余った時間で屋根の上塗りも塗り作業を終えました。

 

2階外壁に断熱塗料ガイナを3回塗りして仕上げていきます 神戸市西区KS様邸

神戸市西区の現場では昨日の続きで2階外壁に上塗りのガイナをさらに2回塗りして規定塗布量を守り仕上げます。

 

同時進行で別の職人が屋根の上塗りを塗っています。

今回の塗り替えでは2階外壁には断熱塗料ガイナを塗り、屋根には弱溶剤遮熱フッソ塗料を使用しています。

1階の外壁には多彩柄吹付け材ダイヤアーバントーンを使用しますので意匠性も耐久性も機能性も高い仕様で塗り替えています。

2階の外壁に断熱塗料ガイナを上塗りしていきます 神戸市西区KS様邸

樋などの付帯部分に上塗り1回目を塗り終えた神戸市西区のKS様邸では2階が外壁塗装用の養生をしてから、外壁の下塗りと軒の上塗りを塗ります。

養生の終わった外壁に下塗りの水性カチオンシーラーを塗り、軒にはノンシーラーで塗装可能で密着性の高いNAD型塗料を上塗りとして2回塗りします。

外壁下塗りが乾燥した後上塗りのガイナを刷毛とローラーで塗っていきます。断熱塗料ガイナは断熱性能を発揮させるために塗布量を遵守する必要があります。今回塗り替えているタイプのサイディングでは3回塗りしないと規定量を塗布できないでしょう。

屋根上の煙突状の換気棟?のコーナーが脆弱だったのでアルミ金物をコーナーに貼り付け強化してから上塗りします。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市西区のKS様邸はガイナと多彩柄吹付け材ア―バントーンで塗り替えます

足場組みの終わった神戸市西区のKS様では付帯部のケレンと外壁と屋根の高圧洗浄を行います。

門下塗装ではいつも施主様の話を聞いてから、複数の塗料での塗り替えを提案します。現在最もよく塗り替えに使われているラジカル制御水性シリコン塗料と、当店でよく使用している親水性で超低汚染塗料のナノコンポジットWは常に提案するのですが、それ以外にも、KS様が新築から一度も塗り替えていないので、出来るだけ長持ちする塗料で塗り替えたい、2階は特に暑くなるなどとお話されていたので、塗装プランに断熱塗料のガイナ(断熱性能を付加できる塗料)と、外壁を貼り替えたのと思えるほどのガラッと変わった仕上がりになる意匠性塗料で多彩柄吹付け材アーバントーンなども提案しました。

結局、単色だった外壁を上下ツートンで色分けし、温度差が出やすい2階には断熱塗料ガイナで、よく目立つ1階サイディングは多彩柄吹付け塗料で塗り替えることになりました。

明日からは下地補修としてシーリングの打ち替えを行います。

 

 

明石市の外壁ガイナ塗り替えが予定より早く終わりました

明石の現場では自主検査・清掃手直しをしてから、施主様立ち合いで検査を行ないました。

一番最後に移動するときに人が乗る下屋に上塗り2回目を塗って、今回の塗り替えは完了です。

足場解体を前倒ししたかったのですが、足場屋の都合がつかなかったので解体まで数日待ってください。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

断熱塗料ガイナで外壁と軒を塗り替えます 明石市MU様邸

今日は昨日下塗りの終わった外壁と軒に断熱塗料ガイナを上塗りしていきます。

断熱塗料ガイナは1缶あたりの塗布量が決まっていてサイディングの上の場合などは3回塗りしないと規定塗布量を塗れないですが、今回のようなモルタル壁の場合は2回塗りすれば基準塗布量を塗ることが出来ます。

まだ仕上がっていなかった玄関軒を外壁の上塗り2回目を塗る前にオスモカントリーカラーで仕上げ、最後に余った時間で下屋にも上塗り2回目を塗り作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

いつもは外壁を2面ずつ塗り替えるのですが、今回は全面一気に塗り替えていきます 明石市MU様邸

いつもより多い職人を現場に入れれたので、今回は外壁全面を一気に塗り替えさせてもらいました。

外壁と軒の上塗りには断熱塗料ガイナを使用するのですが、外壁には微弾性フィラーを軒や破風部分には水性カチオンシーラーを下塗りします。

 

 

軒や庇部分は樋バンドや庇の合羽などから雨水が浸みこむと湿気などで膨れることがあるので、万が一に備えて密着性が高く塗膜がほとんどない水性シーラーで下塗りしました。

外壁には密着性が高く、少し塗膜が厚くなる微弾性フィラーを素塗りで下塗りしました。

明日は上塗りのガイナを塗って、外壁全面を仕上げ養生を外して帰る予定です。

玄関軒には自然塗料のオスモカントリーカラーを塗ります。この塗料で塗り替えると木部の上でも剥がれが起きてきません。

インターバル(乾燥時間)が12時間以上の塗料なので上塗り2回目は明日になります。

明石市外壁ガイナ塗装 上塗り終了 

1階の意匠性サイディングが光触媒加工されていた為、今回の外壁塗装は2階外壁のみで、その上塗りには断熱塗料ガイナを選んでもらいました。

1階と2階で塗り分けた場合は断熱塗料ガイナの効果を最も実感できます。というのはいくらガイナを塗っても暑いときは正直暑いのです。では何が違うかというと冷暖房の利き方が変わるのです。

日中の暑い時間に本来エアコンの効きが悪くなる2階の方が良く冷えるという現象を1階と2階で塗り替えた時が一番わかり易いのです。是非実感してください。

今日の作業は南面と西面の外壁にガイナを上塗り2回目で塗り、1階の軒を仕上げていきます。

他にも付帯部の上塗り2回目や門塀の塗り替えも進めました。

最後にベランダ土間にプライマーを塗り、今日の塗装作業は終わりました。

薄い色の軒天を茶色のナノコンポジットWで仕上げています 明石市MN様邸

明石市のMN様邸では北面と東面の2階外壁と軒天が仕上がったので、1階軒天と南面西面外壁の塗り替えを行います。

新築直後から軒に付く汚れが付きにくいように今回はナノコンポジットWを上塗りしています。また汚れがついても目立たないようにと軒にはあまり使わない濃色の茶色を使って塗り替えています。

軒には薄い色を使うことが圧倒的に多いので違和感はあるのですが、ハウスメーカーの新築物件で稀に軒と破風板に茶色が使われていることもあるので塗ってしまうとおかしくはないと思います。

軒と南西面の2階外壁に下塗りと上塗りのガイナ1回目を塗りこの日の作業は終わりました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 OG様邸 外壁ガイナ塗装・屋根塗装工事 南・東面外壁ガイナ上塗りと屋根の上塗り1回目

昨日上塗りを2回塗った軒ですが塗布量が少し足りなかったので3回目のガイナ上塗りを塗り、外壁の上塗りに入っていきます。

午前中に軒を仕上げ、外壁の上塗り1回目と屋根の上塗り1回目を塗り、昼休みになりました。

インターバルを3時間ほど置き上塗り2回目ガイナを塗って外壁を仕上げました。軒と違い外壁は粗面だったため2回塗りでガイナの規定塗布量をクリア出来ています。

生活するのに邪魔になる窓などの養生を外し、この日の作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ