ガイナ

断熱塗料ガイナで外壁と軒を塗り替えます 明石市MU様邸

今日は昨日下塗りの終わった外壁と軒に断熱塗料ガイナを上塗りしていきます。

断熱塗料ガイナは1缶あたりの塗布量が決まっていてサイディングの上の場合などは3回塗りしないと規定塗布量を塗れないですが、今回のようなモルタル壁の場合は2回塗りすれば基準塗布量を塗ることが出来ます。

まだ仕上がっていなかった玄関軒を外壁の上塗り2回目を塗る前にオスモカントリーカラーで仕上げ、最後に余った時間で下屋にも上塗り2回目を塗り作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

いつもは外壁を2面ずつ塗り替えるのですが、今回は全面一気に塗り替えていきます 明石市MU様邸

いつもより多い職人を現場に入れれたので、今回は外壁全面を一気に塗り替えさせてもらいました。

外壁と軒の上塗りには断熱塗料ガイナを使用するのですが、外壁には微弾性フィラーを軒や破風部分には水性カチオンシーラーを下塗りします。

 

 

軒や庇部分は樋バンドや庇の合羽などから雨水が浸みこむと湿気などで膨れることがあるので、万が一に備えて密着性が高く塗膜がほとんどない水性シーラーで下塗りしました。

外壁には密着性が高く、少し塗膜が厚くなる微弾性フィラーを素塗りで下塗りしました。

明日は上塗りのガイナを塗って、外壁全面を仕上げ養生を外して帰る予定です。

玄関軒には自然塗料のオスモカントリーカラーを塗ります。この塗料で塗り替えると木部の上でも剥がれが起きてきません。

インターバル(乾燥時間)が12時間以上の塗料なので上塗り2回目は明日になります。

明石市外壁ガイナ塗装 上塗り終了 

1階の意匠性サイディングが光触媒加工されていた為、今回の外壁塗装は2階外壁のみで、その上塗りには断熱塗料ガイナを選んでもらいました。

1階と2階で塗り分けた場合は断熱塗料ガイナの効果を最も実感できます。というのはいくらガイナを塗っても暑いときは正直暑いのです。では何が違うかというと冷暖房の利き方が変わるのです。

日中の暑い時間に本来エアコンの効きが悪くなる2階の方が良く冷えるという現象を1階と2階で塗り替えた時が一番わかり易いのです。是非実感してください。

今日の作業は南面と西面の外壁にガイナを上塗り2回目で塗り、1階の軒を仕上げていきます。

他にも付帯部の上塗り2回目や門塀の塗り替えも進めました。

最後にベランダ土間にプライマーを塗り、今日の塗装作業は終わりました。

薄い色の軒天を茶色のナノコンポジットWで仕上げています 明石市MN様邸

明石市のMN様邸では北面と東面の2階外壁と軒天が仕上がったので、1階軒天と南面西面外壁の塗り替えを行います。

新築直後から軒に付く汚れが付きにくいように今回はナノコンポジットWを上塗りしています。また汚れがついても目立たないようにと軒にはあまり使わない濃色の茶色を使って塗り替えています。

軒には薄い色を使うことが圧倒的に多いので違和感はあるのですが、ハウスメーカーの新築物件で稀に軒と破風板に茶色が使われていることもあるので塗ってしまうとおかしくはないと思います。

軒と南西面の2階外壁に下塗りと上塗りのガイナ1回目を塗りこの日の作業は終わりました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 OG様邸 外壁ガイナ塗装・屋根塗装工事 南・東面外壁ガイナ上塗りと屋根の上塗り1回目

昨日上塗りを2回塗った軒ですが塗布量が少し足りなかったので3回目のガイナ上塗りを塗り、外壁の上塗りに入っていきます。

午前中に軒を仕上げ、外壁の上塗り1回目と屋根の上塗り1回目を塗り、昼休みになりました。

インターバルを3時間ほど置き上塗り2回目ガイナを塗って外壁を仕上げました。軒と違い外壁は粗面だったため2回塗りでガイナの規定塗布量をクリア出来ています。

生活するのに邪魔になる窓などの養生を外し、この日の作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市北区 OG様邸 外壁ガイナ塗装・屋根塗装工事 南・東面外壁下塗り

神戸市北区OG様邸では南面と東面の外壁と軒の塗装を行っていきます。

軒の中塗り⇒下屋の下塗り⇒軒の上塗りガイナ1回目⇒外壁下塗り刷毛⇒軒の上塗りガイナ2回目⇒外壁下塗りパターン塗り⇒屋根上塗り刷毛

と乾燥時間をうまく取りながら塗装工程を進めました。

明日は外壁を仕上げる予定です。週末は天気が崩れそうなので、窓の養生を外して不自由をかけないで済むようにして帰りたいです。

神戸市北区 OG様邸 外壁ガイナ塗装・屋根塗装工事 西面北面外壁下塗りほか

神戸市のOG様邸では北面と西面の塗り替え用の養生を行い、軒と外壁を塗り替えていきます。

外壁の下塗り前に、今回選ばれた軒の色がかなりうすい色だったため中塗りを1工程増やして軒の塗り替えを進めていきます。

外壁の下塗りの微弾性フィラーパターン塗りは乾燥時間が10時間以上必要なので上塗りは明日になります。

余った時間は屋根の縁切りでタスペーサーを挿入し、上塗り1回目の刷毛塗りを出来るところまで塗りました。

明日は外壁に上塗りのガイナを塗っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市東灘区 IM様邸 外壁ガイナ塗装 北東面外壁上塗り

神戸市東灘区の現場では外壁に上塗りのガイナを塗っていきます。

規定量では6缶のガイナが必要となるはずでしたが、足りないと現場の職人から連絡があり、念のために2缶追加しました。

結局、全体を2回塗りするのに7缶必要でしたので、余った1缶は外壁の1面を3回塗りして使いました。

神戸市東灘区 IM様邸 外壁ガイナ塗装 北東面外壁中塗り他

神戸市東灘区の現場では北東面の外壁に昨日の続きで下塗りを塗ってから中塗りの微弾性フィラーをパターン塗りします。

塗装間の余って時間でもう仕上がっている南西面外壁の付帯部分の上塗1回目も塗りこの日の作業は終わりました。

明日は中塗りまで終わった北東面外壁に上塗りのガイナを塗ります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による完全直接施工で長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ