ガイナ

神戸市垂水区 KN様邸 外壁塗装工事 ガイナの見切りの仕上げと付帯部分の上塗り

軒と2階外壁・2階外壁と1階外壁の取り合いの見切りを綺麗に仕上げていきます。

今回の神戸市のKN様邸の外壁は表面がざらついているパワーボードでしたし、軒のケーカル板にはマスチックが波型で塗られていたので見切りのラインがきれいに出にくいです。

粗面テープを使って線を出し、滲み込んだ箇所を丁寧に直して、まっすぐな綺麗なラインを作ります。

同時進行でまだ2回目の上塗りが終わっていない樋などの付帯部分を仕上げました。

明日は雨戸の塗装とベランダ土間の防水を行います。

神戸市垂水区 KN様邸 外壁塗装工事 南面と東面の外壁ガイナ上塗り

神戸市垂水区のKN様邸ではまだ仕上がっていない南面と東面の外壁に上塗りの断熱塗料ガイナを軒には軒用の塗料を塗っていきます。

外壁と軒を仕上げた後余った時間で樋や通気口などの付帯部に上塗りの2回目を塗り作業を終わりました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による完全直接施工で一切の手抜きの無い責任の持てる高耐久な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 KN様邸 外壁塗装工事 南面と東面の外壁下塗り

秋雨前線が停滞している為、雨が多く昨日も作業を休みました。今日は雨が降ってくるかもしれないのですが、朝から晴れていた事と作業内容が上塗りではないという事で空を眺めながら作業を進めていきます。

南面と東面の外壁塗装用の養生を終え、下塗りを塗ってしばらくすると空が曇ってきたので下塗りで作業を終えました。

週明けにはガイナで上塗りしていきます。この神戸市垂水区の現場は何日か雨に降られてしまた為工事が大きく伸びてしまいました。

足場の解体を1週ずらして工程を組み直します。

神戸市垂水区 KN様邸 外壁塗装工事 北面と西面の外壁ガイナ上塗り塗り直し

秋雨の為2日ほど作業が出来なかったのですが、色分けを間違えてしまった北面と西面の外壁に断熱塗料ガイナを正しい塗り分けで塗り直していきます。

 
   

薄い色で塗ってしまっていた2階の外壁には濃い方の青色で再度上塗りしました。

 

青色で塗ってしまっていた1階外壁には薄いパープルような白で上塗りします。こちらは1回では仕上がりが良くないので、さらにもう1回塗りました。

明日からは南面と西面の外壁の塗装にかかります。

神戸・明石の外壁塗装や屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店門下塗装にお任せ下さい。

神戸市垂水区 KN様邸 外壁塗装工事 北面と西面の外壁ガイナ上塗り

神戸市垂水区の現場では、昨日下塗りした面の軒の塗装と外壁のガイナでの上塗りを行います。

軒も、外壁の断熱塗料ガイナも2回塗りし、北面と東面の外壁は塗り分けの部分のみが残りました。明日塗り分けをして養生を外します。

というつもりでしたが、夜に施主様から電話をいただき色分けが逆になっていることを指摘されました。

色分けの箇所とラインに気を取られ、私の先入観で下が濃い色で上が薄い色と思い込んで打ち合わせをしてしまったことが原因です。

翌日朝一で日進産業にガイナを追加発注しました。もう一度塗り直し1階部分を薄い色で、1階部分を濃い色で塗り直します。

ご心配、ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

明石市 O様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 2階外壁断熱塗料ガイナ2回目

明石の現場では昨日の続きで2階の外壁に断熱塗料ガイナを上塗り2回目として塗ります。

サイディングにガイナを塗る場合は2回塗りでは規定塗布量に届かないことが多いのですが、今回のような凹凸の多いサイディングでは2回塗りで充分塗布量を塗り切ることが出来ました。

 

同時進行で屋根の縁切りと上塗り1回目の続きも塗り、2階外壁の養生を外してから帰りました。

明石市 O様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 2階外壁の塗装・断熱塗料ガイナ

付帯部分の上塗の1回目の終わった明石市の現場では2階の外壁塗装用の養生をしてから、外壁と軒の塗装を行います。

2階には単色のサイディングが貼られていました。このサイディングは断熱塗料のガイナで塗り替えていきます。

窓や役物の養生が終わってから、SD用の下塗りを塗り、乾燥後に上塗り1回目のガイナを塗りました。同時に軒の塗り替えと屋根の上塗り1回目も進めました。

サイディングの重なり部分は塗り替え後に塗り残しのように見えるので隙間詰めを行い、仕上がりが綺麗になるようにしました。

神戸市垂水区TA様邸 外壁ガイナ塗装工事 外壁の上塗りガイナ吹付けとベランダ手摺壁の上塗り

昨日終わらなかった外壁の2面にガイナを吹き付け塗装して、淡色部分の塗り替えは終わりました。

   

次はまだ終わっていないベランダ手摺壁の外側にナノコンポジットWを上塗りします。

この後は外壁塗装用の養生を外し、ゴミを集めて作業は終わりました。

明日は付帯部分の上塗り2回目を塗っていくのと、ベランダの土間のFRPのトップコートの塗り替えです。

神戸・明石の外壁塗装や屋根の塗り替えは直接施工で責任を持った塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

神戸市垂水区TA様邸 外壁ガイナ塗装工事 外壁の上塗りガイナ吹付け

神戸市垂水区の現場では外壁に上塗りのガイナを吹き付け塗装していきます。

昨日仕上げた軒天を汚さないように養生し、飛散の少ない特殊なスプレーガンで吹付けます。

 

断熱塗料のガイナには特殊セラミックの中空バルーンが入っており、刷毛とローラーで塗り替えるとローラームラが残ります。外部の塗り替え工事ですので、ガイナでの塗り替えはこんな仕上がりですと施主様に納得させる業者がほとんどなのですが、既存SDの柄やジョリパットの柄などを施主様が気に入っている場合は門下塗装では吹付け塗装も行います。

飛散しにくい機械を使ってはいますが、万が一飛び散ったことを考えて、ブルーシートを2重張りにしたりカーカバーを掛けたり手塗りの時に比べて余分に養生して塗り替えました。

神戸近郊の個人住宅の塗り替え工事・外壁塗装は完全直接施工の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区TA様邸 外壁ガイナ塗装工事 軒の上塗りと外壁の下塗り

昨日の祝日も通常通り作業する予定でしたが、全国的に寒波に覆われたため天気が好くなかったので休ませていただきました。

今回の神戸市のTA様邸の外壁にはガイナを吹き付け塗装しますので、全面を養生し一気に吹き付けていきます。

今日は外壁と軒を塗れるように窓などを養生し、まずは軒天ボードに上塗りとして使用するクリヤーを塗布しました。

上塗り1回目は艶有のクリヤーを塗り、乾燥待ちの間に外壁に下塗りを、軒の上塗り2回目には仕上がりの艶になる半艶のクリヤーを塗りました。

   

 

塗ってすぐは艶がありますが、乾燥すると艶が引けて半艶になります。

明日は上塗りのガイナを吹き付けていきます。

ページ上部へ