2022年02月

神戸市垂水区 付帯部分の上塗り2回目

外壁の仕上がった神戸市垂水区の現場では付帯部の上塗りと各所の清掃手直しをしていきます。

 

屋根瓦は塗り替えの必要のないセメント瓦だったので、棟包み金物のみを塗りました。

 

東面と南面の外壁塗装 ア―バントーン

養生と下塗りまで終えていた南面と東面の外壁にアーバントーンの中塗りを塗り、乾燥後に上塗りを吹き付けます。

吹付けの時には吹き手が一人と手元が一人の二人で作業できるので他の職人は付帯部の上塗り2回目を塗っていきました。

外壁はこれで塗り終わりましたので明日は付帯部各所の仕上げと清掃を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

南東面の外壁下塗りと中塗りそして軒の塗装

神戸市垂水区の現場では北西面外壁が仕上がったので、今日から南東面の塗装に入ります。

外壁にはダイフレックスの水性シーラー・ダイヤワイドシーラーを下塗り後、ア―バントーン中塗りを、軒にはロックペイントのNAD型塗料エバーロックネクストで上塗りします。

過去に塗装してある軒天の場合は素地の材質と塗装した塗料によって新塗膜が旧塗膜ごと剥がれたりすることがあります。未塗装の軒天ボードでしたので、ノンシーラーのNAD型塗料で塗り替えれば後の不具合は起きません。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

ア―バントーン上塗りの吹付けと南東面付帯部上塗り1回目

神戸市垂水区の現場では昨日中塗りを終えた北西面に多彩柄吹付け材アーバントーンを吹付けながら、南東面の付帯部に上塗り1回目を塗ります。

 

ダイフレックスの多彩柄吹付け材アーバントーンはクリヤーの中に塗料チップを混ぜ込んで吹付け、吹付け直後は乳白色ですが、乾燥するとクリヤー部分は透明になりいろいろな色が浮き出て多彩柄に仕上がります。

ア―バントーンは中塗りも上塗りもかなり高価な塗料なのですが、仕上がり具合も綺麗で耐久性も優れており塗り替え直後から次回塗り替えまで施主様に喜んでいただける塗料です。

北西面の外壁に多彩柄用中塗りを塗ります

今日からは北面と西面の外壁塗装を行います。

外壁塗装用の養生を行い外壁下塗りと軒の上塗りそして外壁中塗りまでを塗り、明日に備えます。

手塗りの場合はローラーと刷毛を使って塗装します。

明日の外壁上塗りは吹き付け塗装になります。

外壁塗装の前に樋などの付帯部分に1回目の上塗りを塗ります

門下塗装では外壁塗装の前に樋や鉄部などの付帯部に1回目の上塗りを塗ってから、外壁塗装の養生をし、外壁を仕上げてから2回目の上塗りを塗ります。

下塗りが終わっていなかった部分に下塗りを塗り、上塗り1回目を塗ったのですが、家が大きいので全ての付帯部を塗り切れませんでした。

明日は2面の外壁塗装を進めながら、手の空いた職人が残り2面の付帯部に1回目の上塗りを塗っていきます。

 

今回も塗料の密着しないシリコンシーラントが使われている部分があったので専用のプライマーを塗布しました。

天気予報を見ると明日と明後日は雨のようです。天気次第では次の作業は月曜になるかもしれません。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

サイディング目地とサッシ廻りのシールの打ち替え

協力会社のヤマモトコーポレーションに依頼し、サイディング目地とサッシ廻りのシーリングの打ち替えを行いました。

既存シールの撤去後にマスキングし、シールプライマーを塗布後に、オートンサイディングシーラントを打設し均してからマスキングを剥がして終了です。

   

シーリング後に塗り替えると、打ち替えたシールの上の塗膜が割れる事があります。

これは家屋が風力によって揺れる事や温度変化による伸縮が原因です。塗料メーカーは塗り替え後の後打ちを推奨しているのですが、後打ちすると上塗りの色にシーリングの色がピッタリ合わないので非常に目立ちます。

またシーリング材より弾性の強い塗料を使用すればシール上の割れは出ないのですが今度は塗料の膨らみなど別の不具合のリスクが発生します。

門下塗装では塗り替える塗料に近い色のシールを使用して打ち替えることで、もしシール上の塗膜が割れても目立たない様にしていますし、先に打ち替えると、打ち替えたシールの上に塗膜が乗ることで紫外線を遮断し、シーリング材の劣化を遅らせるというメリットも付加価値的に発生します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

付帯部のケレンをしてから外壁の高圧洗浄

新たに神戸市垂水区で塗り替え工事が始まりました。

今日は外壁の高圧洗浄を行うのですが、洗浄の前に付帯部分のケレンと屋根の棟包み金物の下塗りを塗り、午後から高圧洗浄を行います。

 

今回の現場も下地補修のシーリングの数量が多いので打ち替えに人数がかかり、1日に入る職人の数により2日から3日は打ち替えに必要です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

北面と東面の外壁の上塗りほか

神戸市西区の現場では先週末に上塗り1回目のローラー塗りまで終えた東面と北面の外壁に上塗り2回目を塗って行きます。

外壁のチリ際は上塗りがまだ塗れていなかったので、刷毛で上塗りします。

その後乾燥後に再度刷毛で2回目の上塗りを塗り追っかけでローラーでベタ面を上塗りしました。

乾燥待ちの間や最後の余った時間でカラーベストの隙間に上塗り1回目の刷毛塗りをして作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

北面と東面の外壁と軒の塗り替え

神戸市西区の現場では付帯部分の上塗り1回目まで終わったので、北面と東面の外壁と軒の養生から始めて行きます。

アルミサッシや上塗り1回目を塗汚さない様にナイロンシートで養生してから、外壁には下塗りと上塗り1回目を、軒にはノンシーラーで塗装可能な塗料を使っているので上塗りを2回塗りします。

 

 

途中の乾燥待ちの間などに屋根の下地処理と縁切りも行いました。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ