スタッフブログ

外壁の下地補修と付帯部の下塗り 神戸市垂水区IS様邸

未塗装サイディングにジョリパットが塗られていた外壁の下地補修をしていきます。外壁目地はブリードしているものの劣化して亀裂が入ってはいないので、ブリードを抑えるプライマーを塗布し特に傷んでいる箇所のみ補修シールを打ちました。

割れている箇所のほとんどはサイディング相じゃくりの重なり部分です。この部分から雨水が侵入する可能性は低いのですが、見栄えを好くするためと念のためにノンブリード変性シリコンシーリングを表面に刷り込み割れを隠しました。

エアコン配管カバーのヘッドなどに、塗料が密着しないシリコンシーラントが使われていたので、ヘッドを外し、シリコンを切り取ってから専用のプライマーを塗布しました。

同時進行で付帯部分に下塗りを塗りました。

今回の鉄部はすべてガルバニウム鋼板だったので非鉄金属用プライマーを下塗りしました。

破風板と鼻隠しはサイディングですのでこちらには弱溶剤エポキシシーラーを塗布しました。

どちらも明日弱溶剤シリコン塗料で上塗りの1回目を塗ります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

足場組みが終わった新しい神戸市垂水区の現場で外壁と屋根の高圧洗浄を行いました

昨日足場の組み終わった神戸市垂水区のIK様邸では、樋や鉄部のケレンとエアコン配管カバーの撤去をした後、屋根と外壁の高圧洗浄を行います。

 

今回の現場の外壁は未塗装サイディングの上にジョリパットが吹き付けてあります。

目地とサッシ廻りのシーリングに剥離や切れはほぼないのですが、ブリードが起きていますので、ブリードを抑えるプライマーを塗布し、不良シーリング部分のみ補修します。

サイディングの相じゃくりサネ部は元々シーリングされていなかったのでひび割れているように見えます。このままでは綺麗に仕上がらないので下地補修で一手間加えてから塗り替えていきます。

雨戸とシャッターの吹付け塗装ほか 神戸市垂水区KM様邸

外壁の塗り替えの終わった神戸市垂水区のKM様邸では付帯部の塗装でシャッターと雨戸の塗り替えを行います。

今回も低圧温風スプレーガン(チロンガン)を使用して塗り替えています。

このガンでの塗り替えは、手塗りに比べると仕上がりが綺麗でさらに施工時間を大幅に短縮できます。

最後にケレンしてあった木製玄関ドアにオスモカントリーカラープラスを塗り今日の作業は終わりました。

自然塗料のオスモカントリーカラープラスは、以前からあった剥離の起きないカントリーカラーの改良品でローラーでの施工が可能になりました。刷毛目が出ずに綺麗に仕上がります。

ただワンコートでの施工も可能なのですが、表面がかなり傷んでいたので週明けにもう一度塗りさらに綺麗に仕上げます。

 

近畿地方の梅雨もようやく明けました 残り外壁2面を塗装します

例年になく雨の多かった梅雨がようやく明けました。梅雨が明けると台風が来てまた雨が降るなんてことが良くありますが、今年は7月に入ってまだ一度も台風が発生していないそうです。しばらくは晴れが続くといいですね。

昨日下塗りを終わらせた南面と西面の外壁に上塗りのナノコンポジットWを塗り、乾燥待ちの間に屋根ともう仕上がっている2面の付帯部分に上塗り2回目を塗りました。

   

上塗り1回目が完全に乾燥してから上塗り2回目を塗り、養生をばらしてこの日の作業は終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

東面と北面外壁に上塗りの2回目を塗り仕上げていきます 神戸市垂水区KM様邸

昨日は塗れなかった上塗りの2回目を東面と北面の外壁に塗り、残りの南面と西面の外壁塗り替えを始めます。

   

外壁の一部に補修跡があったので既存柄に合わせて吹付けました。

仕上がった外壁2面の養生を外し、窓の開け閉めが出来るようにしてから帰りました。

 

今日もまた裏切られてしまいました 神戸市垂水区KM様邸

朝4時の雨雲予報では昼には一雨来るとのことだったのですが、あまりにも雲も少なくむしろ晴天?みたいな天気だったのでダメもとで現場に行きました。

先ずは昨日の続きでモルタル外壁にアンダーフィラーを、サイディング外壁部分には弱溶剤シーラーを下塗りしました。

 
   

 

同時進行で外してあった面格子をガレージ土間の上で吹付け塗装していきます。

下塗りの吹き付けが終わった時点で正午でしたが雨の雰囲気がないので、食事に行き、昼休憩後に上塗りの吹き付けを行いました。

 
   

 

面格子の塗り替えをしていない職人で外壁に上塗りの1回目を塗っていきます。

15時過ぎにようやく雨雲が近づいて来そうになったので外壁の上塗り1回目は途中でやめて、雨が降り出す前に現場を撤収しました。

雨が降らないと言っていた昨日が一番雨が降るってどうなんでしょうか。

 

何とか天気が持ちモニエル瓦に仕上げのクリヤーが塗れました

今年の梅雨は今まで経験したことがないくらいに雨が多くなかなか明けてくれません。屋根のクリヤー塗装が主な残工事になっていた神戸市垂水区のST様邸に職人を集中させ一気に屋根のクリヤー塗装まで終わらせていきます。

下屋の一部に上塗りの2回目が塗れていない箇所があったのでそこを仕上げ、窓ふきや各所の清掃とサービスで換気フードのシルバーを塗り、大屋根と下屋のモニエル瓦にフッソ以上の耐候性と耐久性を付加できるタフグロスコートを塗りました。

明日最終検査を行ない、明後日に足場を解体します。

天気予報に裏切られて・・・神戸市垂水区KM様邸

昨日は10時くらいからまとまった雨雲が神戸市西部を通過するとの予報を信じて休むと夜まで雨が降らなかったのに、今日は雨が降らない予報で降って来ました。

朝から外壁塗装用の養生を行い北面と東面の外壁と軒の下塗りを塗る段取りだったのですが、16時前からザッと雨が降って来ました。この現場は樋を交換するので既存樋は撤去してあるので通常なら何とかなる雨量でも、屋根を伝ってボトボトと水が落ちてきます。東面と北面の軒廻りの一部のみ下塗りし塗装作業を諦めました。

門下塗装では基本的には雨の中では無理をせず塗らないことが多いのですが、最悪雨に降られても後日直せる作業工程なら施主様の意向とその時の作業状況で少しだけ進めることもあります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

雨戸の吹付け塗装と付帯部の上塗り2回目を塗り、屋根以外の塗装は大方終わります

今日の神戸市垂水区の天気予報では途中少し雨が降るかもという感じだったので、屋根の塗装は行わず雨戸の塗り替えと付帯部分の上塗り2回目を行いました。

 

外壁廻りの塗り替えは大方終わり、後は屋根の塗装と清掃手直しです。

一度も塗り替えていなかったモニエル瓦は、下地調整用のオリトシールドを下塗りし、マイティーシリコンを2回塗りして仕上げた後さらにタフグロスコートというクリヤー塗装を行います。

大屋根は上塗り2回目まで終わっているのですが、下屋はまだ上塗りが1回塗りです。雨の降らない日を狙って塗り替えていこうと思います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市KM様邸では付帯部の上塗り1回目まで終わらせます

現在門下塗装では神戸市垂水区で2件の塗り替え工事を進めています。こちらのKM様邸では下地補修を終わらせ、付帯部分と下屋のカラーベストに上塗り1回目までを塗っていきます。

明日からは外壁の塗り替えに入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ