スタッフブログ

雨戸の吹付け塗装 神戸市西区KH様邸塗装工事

神戸市西区の現場は外壁と屋根の塗装が終わったので雨戸の塗り替えを行います。

門下塗装ではチロンガンという低圧スプレーガンを使って吹き付けるので塗料の飛散のリスクはほとんどありません。とはいえ万が一のこともあるので余分に飛散養生をしてから吹き付けていきます。

高圧洗浄の日に雨戸のケレン・ペーパーかけは終わっているので軽く掃いてゴミを落としてから強溶剤エポキシプライマーを下塗りとして吹き付けました。

上塗り1回目が乾いてから軽くペーパーかけし、表面に傷をつけてから上塗りの2回目を吹き付けました。

明後日は雨の予報が出ていて、明明後日の足場解体までギリギリになってしまったので、明日の日曜は現場作業と施主様の立ち合い検査を行います。

 

完全に硬化していたシーリングの打ち替え 神戸市垂水区KM様邸

協力会社のシーリング職人に来てもらいサイディング目地とサッシ廻りなどのシールの打ち替えを行いました。

私が拾い出したメーター数が間違えていたのか普段より多い人数がかかってしまいましたが2日で下地処理を終えました。

   

サイディング目地のシーリング打ち替えは、既設シールの撤去⇒シールプライマー塗布⇒シール打設⇒シール押さえ⇒マスキングテープ撤去です。

サッシ廻りも既設シールを撤去してから打ち替え、軒廻りなどの入隅部分は増し打ちで打ち直しました。

玄関廻りのシールは施主様がさわってしまうことがよくあるのでペンキ塗りたてのテープを貼って気が付きやすいようにしてから帰りました。

気温が上がらなくなってきたのでシーリングの硬化に少し時間がかかり始めました。明日は日曜で作業せず、月曜は付帯部の下塗りと上塗りを塗るので、外壁を塗りだす火曜には完全に硬化しているはずです。

 

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

東面と南面外壁にナノコンポジットWを上塗りします 神戸市西区

他の現場で職人を割かれてしまい今日は一人での作業でした。事故の無いよう慌てず丁寧に上塗りを塗っていきます。

軒の取り合いのみまだ一度も塗れていなかったのでラッカーテープで養生し綺麗なラインが出るようにして刷毛で上塗りします。

サッシ廻りや役物の廻りも2回目の刷毛塗りをして、軒廻りが乾いてから2回目の上塗りを塗ってから東面と南目の外壁をローラーで上塗り2回目を塗りました。

今回使用した22-90Cという色は黒がはとんど入っていない薄い色で留まり(着色)が悪かったです。透けないよう丁寧に縦横で塗って綺麗に仕上げました。

 

南面と東面外壁塗装と屋根の上塗り2回目 神戸市KH様邸

外壁2面が仕上がった神戸市西区の現場では外壁の残り2面の塗り替えに入ります。

 

養生をしてから外壁に下塗りを塗り、軒にはNAD型塗料を上塗りし、同時進行で屋根と既に仕上がった西面と北面の付帯部の一部に上塗りの2回目を塗りました。

軒天は仕上がったのですが、外壁はまだ上塗りの2回目が残っています。明日は外壁に上塗り2回目を塗っていく予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区で外壁と屋根の高圧洗浄を行いました

昨日足場組みの終わった神戸市垂水区のKM様邸では付帯部分のケレンと屋根と外壁の高圧洗浄を行います。

鉄部や樋などのケレン目粗しが終わってから、近隣に汚れた水が飛び散らない様にブルーシートを張り、その後屋根から高圧洗浄をしました。

 

今回は他の現場との段取りの都合で、先行作業で土間を洗えなかったので最後にガレージの土間とブロック塀を高圧洗浄して作業終了です。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

北面と西面外壁上塗り2回目と屋根塗装 神戸KH様邸

神戸市西区の現場では上塗り1回目のローラー塗りまで終わっている北面と西面の外壁に上塗り1回目の刷毛を塗った後、2回目の上塗りを塗り、南面のベランダ手摺壁外側には多彩柄吹付け材ア―バントーン上塗りを吹き付け塗装しました。

   

同時進行で屋根には上塗り1回目を塗っていきました。

 

明日からは東面と南面の外壁塗装に入っていきます。

神戸の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

雨で一日休みましたが外壁の塗り替えに入ります 神戸市KH様邸

神戸市西区のKH様邸では北面と西面の外壁と南面のベランダ手摺壁の外側の塗り替えを始めます。

先ずは汚せない部分をナイロンで養生し、下塗り・上塗りと塗っていきます。

軒には下塗りの必要のないNAD型塗料を使用するので上塗りを2回塗りして仕上げましたが、外壁は上塗り1回目までで終わりました。

   

ベランダ手摺壁はワンポイントで色分けします。今回は在庫していた多彩柄吹付けのア―バントーンを使うので中塗りまで塗りました。

乾燥待ちの間と最後の余った時間で屋根に下塗りを塗り作業終了です。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市西区 鉄部や樋など付帯部の塗装

サイディングのシーリング工事の終わった神戸市西区の現場では鉄部と鼻隠しに下塗りを塗っていきます。

 

下塗りが乾燥してからは樋も含めた付帯部分に上塗りの弱溶剤シリコン塗料を1回塗りします。

   

門下塗装では上塗りの2回目は外壁塗装が終わってから塗ります。

明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

バルコニー土間にトップコートを塗り、窓の拭き掃除を 

塗装は大方終わったので今日はバルコニー土間のトップコートを塗り、各所の清掃と手直しを行いました。

   

 

門下塗装では防水層が傷んでいない場合はトップコートのみを塗り替えることが多いのです。

エポキシプライマーを塗ってトップコートを1回塗りで仕上がる仕様の材料ですが、かなり以前上塗り後に変色が起きたことがありました。
その原因がトップコートの塗膜の薄さにあるようだったので現在はトップコートを2回塗りしています。
防水の材料を塗装職人が塗ると綺麗に塗ろうとしすぎて塗膜が薄くなってしまうことがあります。逆に防水工が塗料を塗ると塗膜が厚すぎて垂れてきやすいです。週間なので2回塗りして塗膜を厚くして不具合が起きないようにしているのです。

この明石市の現場ではインターホンの取り換えも依頼されていますので、日曜に電気工事と玄関ドアの塗り替えを行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

サイディング目地とサッシ廻りのシール打ち替え 神戸市西区

高圧洗浄の終わった神戸市西区のKH様邸ではサイディング目地とサッシ廻りそして軒廻りのシールの打ち替えを行います。

今回も協力会社のヤマモトコーポレーションに依頼して打ち替えてもらいます。

目地とサッシ廻りは既存シールを撤去し、ボンドブレーカーが無くなった部分はボンドブレーカーを貼り直します。軒廻りや入隅は増し打ちなので撤去はしません。

マスキング後にシール用プライマーを塗布し、シーリング材の打設・押さえを行い、マスキングを剥がして終了です。

 

 

破風や胴差のジョイントなども既存シールを撤去し打ち直しました。

 

腕の良い職人が打ち替えると表面に段差がなく滑らかで、端部に髭が生えたようなはね出しが出来ません。

次は門下塗装の塗装工が来て付帯部の下塗りと上塗り1回目などを塗っていきます。

ページ上部へ