スタッフブログ

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 ベランダ土間防水

今回の現場ではベランダのFRP防水のトップコートに浮きがありました。

施工前のベランダ土間の剥がれ 高圧洗浄で剥がれた土間

密着していない塗膜の上にFRP防水すると旧塗膜から剥がれてくることがあります。案の定高圧洗浄をしただけでかなりのトップコートが剥がれました。

まずは大工さんに来てもらいまず既存防水層の上にケーカル板を増し貼りしてもらいます。

ベランダ土間のケーカル板貼終了 コーナー処理・面木とシール
   

入隅はコーキングと面木で隙間詰めを行います。

この後は基本的に新築仕様のFRP防水を行います。

FRPプライマー塗り FRPグラスウール貼
FRP中塗り塗布 FRP上塗り塗布
   

最後に水切り金物のコーナー部分をシールして完了です。

水切り金物コーナーシール処理 ベランダ土間FRP防水完了

この仕様でFRP防水をやり直せば10年の保証を出せますので、施主様も安心できます。

門下塗装ではお客様の要望が多かったので、塗装以外の改修工事・改装工事も請け負っています。

また塗り替え工事の時に気になることをおっしゃって下されば、協力業者の職人に依頼して安心できる丁寧なリフォーム工事も行います。

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 付帯部の上塗り2

外壁にガイナを塗り終えたので神戸のA様邸では樋や鉄部など付帯部分の上塗りを塗っていきます。

樋の上塗り1回目 樋の上塗り2回目
手摺笠木部分の上塗り1回目 手摺笠木部分の上塗り2回目
窓枠サイディングの上塗り2回目 水切り金物の上塗り2回目

今日の作業で塗装工事は大方終わりました。

来週からベランダの土間のFRP防水をしていきます。

神戸・明石のがいへきとそう・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 外壁塗装上塗り2

神戸市垂水区のA様邸では下塗りの終わった外壁2面に断熱塗料ガイナを上塗りして、外壁全面を仕上げます。

外壁上塗りガイナ1回目 外壁塗装ガイナ上塗り2回目
窓枠下塗り ベランダ手摺し下塗り
   

断熱塗料ガイナは希釈率を守って規定回数を塗る通常の塗料とは違い、塗装平米に対して何gを塗布するかが大切になります。

わかりにくいですね。要は30㎡から35㎡に塗布面に14kgのガイナを塗る必要があり、塗装回数は最低2回で平滑面に塗装する場合は大抵上塗りを3回塗りしないといけないのです。

今回は被塗装面のサイディングにスタッコというゴツゴツした吹き付けがしてあったために材料の引っ掛かりが大きく希釈率を守って塗ると材料が足りなくなってしまいました。

(塗装外壁面が156㎡だったので、14kg缶を5缶用意していたのですが、ガイナの白を1缶追加し中塗りに使い、計6缶を塗りました。)

経験上スタッコの場合は材料が多く乗ってしまうのはわかっていましたので、希釈を多くすれば規定量を2回塗り出来ることはわかっているのですが、それは良くないですよね。

 

余った時間で仕上がっていた面のサイディング製の部分に下塗りしました。

 

 

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 ガイナ外壁上塗り1

神戸市垂水区のA様邸では下塗りの終わった外壁2面に上塗りの断熱塗料ガイナをローラーと刷毛で上塗りしていきます。

外壁上塗りガイナ1回目 外壁上塗り刷毛塗り
外壁上塗りガイナ2回目  

ガイナはローラームラが出やすい塗料ですので充分に注意して上塗りしていきます。

これで外壁2面が仕上がったので明日から残り2面の塗り替えに入ります。

神戸市明石市の外壁塗装・屋根工事は直接施工にこだわる門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 養生から外壁の下塗り

門下塗装では外壁塗装の時は前面を養生せずに2面ずつ塗り替えていきます。

これは全ての窓が開かないと換気が出来ず施主様がうっとうしいかなと思うからです。

今日は塗装が終わってからの作業があるベランダ面と一番やりにくい上面の養生と軒の塗装そして外壁の下塗りまで行います。

外壁塗装下塗り 外壁塗装下塗り
軒の塗装上塗り1回目 軒の塗装上塗り2回目
   

外壁にはサイディング用の水性シーラーを塗布し、軒はシーラーレスのNAD型塗料を2回塗りしました。

明日はいよいよ断熱塗料ガイナを上塗りしていきます。

 

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 鉄部の下塗り

シーリングの打ち替えの終わった神戸市垂水区の現場では鉄部などの下塗りを行います。

シャッターbox下塗り 水切り下塗り
SD製窓枠下塗り 水切り上塗り1回目
   

サイディング製の窓枠や胴差は弱溶剤エポキシシーラーを塗布しました。

余った時間で基礎の水切りに上塗りの1回目を塗り、今日の作業は終わりました。

明日からは外壁塗装に入ります。

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 サイディングの浮きの補修

協力業者のシーリング職人がサイディング目地のシールの打ち替えをしてくれているときに、同時進行で外壁診断士の資格を持つ当店職人がサイディングの浮きのビス止めとサネ(重なり部分)の補修を行いました。

SD重なり部分の割れ SD浮きの補修
SDビス止め SDサネ部分の隙間詰め
   

神戸市垂水区のA様邸は外壁通気工法で貼られたサイディングの上にアクリルスタッコという少しゴツゴツした感じの吹き付けがしてありました。

サネ部が開いてひび割れている箇所があったので調べると、サイディングを固定するための釘が効いていなかったです。

中にある木地にサイディングビスを挿しサイディングを固定してから隙間をコーキングなどで隙間詰めしておきました。

こうすることで塗り替え後に割れにくくなり、またこの部分からの浸水を抑えることが出来ます。

 

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 シーリング工事

神戸市垂水区のA様邸は木造サイディング貼りの住宅で今回の塗り替え工事では、目地とサッシ廻りのシーリングを打ち替えます。

目地は撤去してから打ち直し、サッシ廻りは増し打ちでシールします。新築時には打っていなかったサイディング製の窓枠と胴差廻りにも三角打ちでシールします。

SD目地撤去前  SD目地撤去 
   SD目地シールプライマー塗布
 SD目地シール打設  SD目地シール打ち替え完了

既存シーリングがむき出しでない場合は劣化しにくく打ち替えなくても良い場合もありますが、今回は割れがあったため撤去して打ち直しました。

3枚目の写真に見える青い物はボンドブレーカ―です。サイディングのシーリングは2面接着で打設しないと後々裂けてしまいます。ボンドブレーカーにはシーリング材が密着しないためこれが残っていると2面接着になります。もしなくなっている場合は新たにボンドブレーカーを貼りその上にシールします。

サッシ廻りシーリング打ち替え完了  

 

サッシ廻りにも増し打ちでシーリングしましたので安心できます。

神戸・明石の外壁塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 付帯部分のケレンと外壁の高圧洗浄

足場組みの終わった神戸市垂水区の個人住宅に外壁の高圧洗浄に来ました。

まずは鉄部のケレンや樋の目粗しなどを行い、その後高圧洗浄をします。

樋の目粗し 鉄部のケレン
外壁の高圧洗浄 ベランダ土間の高圧洗浄
軒の高圧洗浄 外壁の高圧洗浄

ベランダの土間のFRP防水はサンディング(目粗し)なしでトップコートが塗ってあったので、高圧洗浄でかなりめくれてしまいました。

この部分の補修方法は後日行いますので、またアップします。

神戸市明石市の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ