スタッフブログ

外壁2面の下塗りと上塗り1回目そして屋根の上塗り1回目を塗ります 神戸市灘区アパート塗装工事

神戸市のアパートの塗り替え工事では、下地補修のシーリングが完全硬化した東面と北面の外壁の養生から下塗り・上塗り1回目を、そして下塗りの終わっていた屋根の縁切りと上塗り1回目を塗っていきます。

サイディングの外壁に水性エポキシシーラー・ダイヤワイドシーラーを塗布し、無機系の水性塗料でダイフレックス社のスーパーセランフレックスを上塗りします。

この塗料は超低汚染で非常に汚れにくく軟質のため塗り替え後に稀に起きるシーリングの上の塗膜の割れも発生しません。

下塗りの終わっていた屋根の縁切りにタスペーサーを挿入し、屋根用シリコン塗料で上塗りします。

カラーベストの重なり部分はローラーのみでは塗料が入りきらないので目地刷毛で隙間を刷毛塗りしてからローラーで全体を塗装します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

下地補修と付帯部と屋根の下塗りほか 神戸市灘区アパート塗り替え工事

自社の職人でシーリング工事をしたので少し時間がかかりましたが、神戸市灘区のアパートの下地補修が終わりました。

シールの打ち替えを行う職人以外は屋根と付帯部の塗り替えに入っていきます。

今回は築後初めての塗り替えだったのですが、少し年数が経っていましたので鉄部の下塗りには全て2液型のエポキシ錆止めを使用しています。

カラーベスト屋根に塗っている白い下塗りは屋根用遮熱エポキシシーラーです。上塗りだけの反射では遮熱効果が弱いので下塗りに白の顔料を混ぜて下塗りでも赤外線を反射させています。

週明けからは外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替えを行う門下塗装にお任せください。

強風のため1日予定をずらせて外壁と屋根の高圧洗浄を行いました 神戸市垂水区TG様邸塗装工事

昨日は全国的に冷え込み強風が吹き荒れる天気で神戸市にも暴風雪警報が出ていましたので、作業を休みました。

今日も風が強く寒かったのですが、安全に留意しながら作業を行います。

先ずは絞ってあったメッシュシートを広げ、付帯部分のケレンを行いました。

 

その後外壁と屋根を高圧洗浄し、最後にまたメッシュシートを絞って帰りました。

 

明日からはシーリング職人が来てくれ、下地補修を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

サイディング外壁のシールの打ち替えほか 神戸市灘区アパート塗り替え工事

神戸市灘区の現場の外壁はサイディングですので、目地やサッシ廻りがシーリングされています。

目地の既存シールは撤去して、増し打ちで施工可能な入隅やサッシ廻りは撤去せずに打ち替えていきます。

2面の下地補修を終わらせ、屋根の金物にも錆止めを塗ってから、今日の作業は終わりました。

 

令和3年初の外壁と屋根の高圧洗浄 神戸市灘区アパート塗装工事 

足場組みの終わった神戸市灘区のアパートの塗り替え工事で、外壁サイディングと屋根カラーベストの高圧洗浄に来ています。

いつも通り付帯部のケレン作業を終わらせた後、飛散防止用のブルーシートを張り洗浄作業に入りました。

   

 

明日は冷え込むようですが、下地補修を行う予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

明日足場を組む神戸市垂水区のTG様邸のフェンスの養生と土間の高圧洗浄を行います 

門下塗装のように個人住宅の塗り替えを中心に行っている塗装店は暦次第では1月8日に足場組みを行いその後下地補修そして12日あたりから塗装が始まるということもあるのですが、今年は5日にでも足場組みを行える暦でしたので、5日に準備、6日に足場組み、7日に高圧洗浄、8日9日で下地補修という工程を組ませていただきました。

今日は足場組み前の荷物の移動とフェンスの養生そしてガレージ土間の高圧洗浄を行いました。

明日は朝から足場組みを行います。風の受けやすい立地なので強風が吹きそうならメッシュシートを絞って事故の無いように作業します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

令和3年が始まりました

明けましておめでとうございます。

コロナがなかなか収まらないですが、令和3年度が始まりました。

門下塗装では従業員の体調管理に努め、施主様やご契約者様に迷惑をかけないように充分に注意しております。

また、昨年10月に新たに二人の従業員が増え、施工可能件数が月4軒になりましたので、正月現在、令和3年3月以降の工事が可能です。

後々、後悔しない質の良い塗り替え工事をとお考えの方はぜひ門下塗装に見積もりをお申し付けください。

コロナが終息し、皆さんが安心して暮らせる日が早く来ますように。

門下塗装 門下彰宏

 

マンション付帯部分の塗り替え 配管及び鉄部塗装

下地補修の終わった西宮市のマンションの改修塗装工事ではいよいよ塗装工程に入ります。

先ずは配管と鉄部などの付帯部分の塗り替えです。ケレン後に錆止めを塗り、上塗りも塗っていきます。

   

パイプスペースなど外壁塗装が絡まない部分に関しては上塗り2回目まで塗り、仕上げてしまいました。

次はベランダを使用禁止にして軒天と手摺壁などを塗り替えていきます。

 

下地補修 シール打ち替え 西宮市マンション改修工事

浮き部分のボンド注入と磁器タイルの貼り替えが終わり、外壁下地補修はこれで最後になります。

目地とサッシ廻りの既存シーリングを撤去し、2液型ポリウレタンコーキングで打ち替えていきます。

材料はシーリングといったりコーキングといったりしますが、どちらも正解のようです。


材質としては1液ポリウレタン系 2液ポリウレタン系 変性シリコン アクリル系 ポリサルファンド系などがありそれぞれに適性があります。専門職に任せればケースバイケースで最適な材質のシーリングを使用して打ち替えます。

市や地補修が終わりましたので、しっかりと硬化させた後、外壁の塗り替えに入っていきます。

 

割れた磁器タイルの貼り替え 西宮市マンション改修工事

コンクリートに貼られた磁器タイルで割れているものを取り外し、新しいタイルで貼り直す作業を行います。

磁器タイル自体は非常に耐久性が高く以前は新築時には施工費が高くなるが、メンテナンス費用が抑えられるので良いとされていました。

しかし実際には躯体の割れでタイルが浮いてきたり、タイル自体が割れてしまい落下して事故につながるようなことが起きます。

そのためある程度の年数が経つと今回行ったように全面打診検査を行ない、ボンド注入とタイルの貼り替えをしないといけなくなります。その際の費用が高額になるため新築時の磁器タイル貼りは減ってきているようです。

 

 

次に行う下地補修は目地やサッシ廻りのシールの打ち替えです。

 

 

ページ上部へ