スタッフブログ

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 西面北面外壁の上塗り塗装ほか

今日は、昨日下塗りした外壁に上塗りしていきます。

まず外壁に上塗りの1回目を塗り、軒にも上塗り1回目を。

屋根の上塗り1回目を刷毛とローラーで塗りながら、乾燥した軒に上塗りの2回目を塗りました。

最後に外壁に上塗りの2回目を塗り今日の神戸市垂水区の現場の作業は終了です。

 

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 軒の上塗りと外壁の下塗り

神戸市西区のN様邸では、モルタルの軒天に上塗りを塗っていきます。今回使用する塗料は水性エバーロックという外部用の水性塗料です。密着性が高いのでモルタルや塗装の上には上塗りを直接塗ることが出来ます。

   
   
   

 

明日はまだ塗れていない外壁に下塗りを塗ってから上塗りしていきます。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 一部の外壁の塗り替え

神戸市西区の現場は築年数の経った住宅で木製の窓枠が残っています。木枠の下塗りを塗り、そのあと外壁塗装の養生がしやすいように一部の外壁を先に仕上げていきます。

木部の下塗りに使用しているのは菊水化学の1液型のエポキシ錆止めなのですが、この下塗り材は木部の下塗りとしても使用できます。乾きが早く色留まりも良く、密着性も高いので門下塗装では部屋内の木部の塗り替えの下塗りにも使用します。

棟包みの釘頭とビス頭にシーリングで蓋をし、雨水が入らないように処理し、アルミサイディングに非常に乾きの早いプライマーのミッチャクロンで下塗りしました。

下塗り後上塗りの水性シリコン塗料を2回塗りし、一部外壁は仕上げました。今日仕上げた外壁は軒と残りの外壁の塗装用の養生をする時には窓と一緒に塞いでしまいます。

神戸市・明石市の外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 付帯部分の上塗1回目ほか

神戸市垂水区のK様邸では外壁の上塗り材の入荷待ちの間に付帯部分の上塗の1回目を行います。

いつもは先に上塗りの1回目を塗っているのですが、今回は天候や職人の段取りの為、南面と東面の外壁が仕上がってから、西面と北面の付帯部分の上塗を行います。

鼻隠しと樋を同じ塗料で上塗りし、鉄部からの貰い錆が出ていたステンレスのベンドキャップ(通気口)を下塗り後に上塗り、鉄製の手摺と鉄骨には上塗りの1回目を塗ります。

この鉄製の手摺と鉄骨は錆が激しかったので錆止めを2回塗りし、上塗りも2回塗りします。

外してあったエアコンの配管カバーと外壁の仕上がった南面と東面の鼻隠しと樋には上塗りの2回目を塗り、今日の作業は終了です。

明日から残りの外壁2面の塗装を始めます。

神戸・明石の個人住宅の塗り替えは自社職人による完全直接施工で丁寧で高耐久の外壁塗装・屋根塗装を行う門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 南面と東面の外壁上塗り他

神戸市のK様邸では、昨日下塗りをした東面と南面の外壁に上塗りの改修用ジョリパットを塗っていきます。

 

日曜なのでもともと休む予定でしたが、明日はまた雨の予報が出ています。

先に仕上げた外壁2面の養生は外して帰るので外壁の養生はない状態で雨を迎えられます。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 鉄部の錆止め

ここ数日神戸市の天気があまり良くありません。垂水区の現場もこの西区の現場も問題のない作業を少しづつ進めています。

今日の神戸市西区のN様邸の塗り替え工事の作業工程は鉄部の錆止めになります。鉄部は水を吸わないので表面が乾燥さえすれば塗装出来ます。

   

鉄部の錆止めのほかには軒天と破風や鼻隠しの間に出来た隙間をコーキングで隙間詰めを行いました。破風板については傷みが激しく塗り替えが出来ない状態だったので板金を加工しカバー工法で上から貼り付けます。貼り付けた後にはこの部分は見えないかもしれないのですが念のためにすべての隙間を詰めていきます。これでも板金と軒の間にこの部分が見えてもきれいに仕上がった状態になります。

この現場は下地処理に日数がかかっていますが、とても大切な工程ですので一切の手抜きはなしで作業を進めます。

 

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 カラーベストの縁切り

過去に塗り替えた2回とも縁切りがされていなかったので、カラーベストの隙間が完全に詰まっていました。

とりあえず隙間を縁切りして行きます。

 

今回はカラーベストはフッソ塗料で塗り替えるので、充分に縁切りをして後々不具合が起きないようにします。

屋根用下塗り材も特に強力な塗料を使用しますが、次回は塗り替えは無理かもしれません。出来るだけ永く持つように丁寧に塗り替えます。

今日は職人が一人で作業したのですが、この作業だけで1日が終わってしまいました。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 南面と東面の外壁下塗り微弾性フィラーパターン塗り

神戸市垂水区のK様邸では工事進行の段取りが好いように、高さのある南面と東面の外壁に微弾性フィラーをパターン塗り(厚塗り)します。

足場が5段あるので微弾性フィラーのパターン塗りには、塗り継ぎが出ないようにするのに3人の職人が必要です。(これが夏場なら各段に一人の職人が必要になります。)

そのため、この神戸市垂水区の現場に3人の職人がもう一つの神戸市西区の現場には1人の職人が入り作業を進めています。

   
   

 

外壁塗装用の養生を終わらせたら、チリ際を刷毛で下塗りし、砂骨ローラーという特殊な形状のローラーで微弾性フィラーをパターン塗りします。

こうすることでUカットした補修跡が目立って来にくくするとともに、塗り替え後に出来たヒビが表面に出てきにくくします。

このハ下塗りが完全に乾き、上塗りが出来るのは明日なので、この後は軒の上塗りと屋根の下塗りをして神戸のK様邸の作業を終えます。

神戸市・明石市などの外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 H様邸外壁屋根塗装工事 塀の上塗り2

足場解体の終わった神戸市垂水区のH様邸に足場があると塗れなかった塀と外壁の一部を塗り来ました。

   
   
   

前日に塀の下塗りを終わらせてあったのと写真は一緒にしましたが、壁の塗装が乾いた翌日に付帯部分の上塗り2回目を塗りました。

これでH様邸の塗装工事は完了です。

ページ上部へ