スタッフブログ

屋根の下塗りと外壁下地補修ほか 神戸市垂水区MT様邸塗り替え工事

神戸市垂水区のMT様邸塗装工事では屋根のカラーベストの下塗りと外壁補修と木部の下塗りを行います。

 

カラーベストには屋根用遮熱シーラーを塗り、その後縁切り部材タスペーサーを挿入して縁切りしました。

外壁モルタルの欠損部の補修と木部の下塗りなども行い公費の作業は終了です。

 

鉄部の錆止めと屋根の縁切り 神戸市垂水区MT様邸塗装工事

大工さんに破風板の増し貼りをしてもらった神戸市の現場では当店職人が屋根の縁切りと下地補修を行いました。

前回の塗り替えでは縁切りされていなかった屋根のカラーベストはまずカッターで縁切りします。この後屋根用のシーラーを塗るのですがシーラー塗布後にも再度縁切りを行い今度はタスペーサーを挿入します。

表面には吹き付けがしてあるのですが、元々はモルタル掻き落としの壁でした。木枠とモルタルの取り合い部分はシーリングなど入っていないので、コーキングで際からの雨水の侵入を防ぎます。隙間から雨水が入り込むと素地のモルタルに不具合が起きるため、これはとても大切な下地処理となります。

最後に鉄部に下塗りのエポキシ錆止めを塗り塗装職人らしい仕事をしてから帰りました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外構塀の塗り替え 神戸市垂水区IS様邸塗装工事

年数の経った塀は塗り替えると旧塗膜から剥離が起きやすくなるのですが、美観を保つためには塗り替えるのが一番いいので、出来るだけ剥離の起きにくい方法で塗り替えます。

膜厚のほとんどつかず、水性のシーラーより密着性の高い弱溶剤エポキシシーラーを下塗りし、塗り替え後雨垂れの付き難いナノコンポジットWで上塗りしました。透湿性が高く汚れにくい基礎用塗料での塗り替えもいいと思うのですが小面積の塀の場合は材料にロスが多く費用がかさむので勧めにくいです。

玄関横に立っていた枕木はモルタル製の擬木だったので塀と同様の仕様で上塗りの色を替えて塗り替えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外構塀の塗り替え 神戸市垂水区 外壁屋根塗装工事

神戸市垂水区の塗り替え工事では、家屋絡みの塗装が大方終わったので今日は外構塀の塗り替えを中心に各所を仕上げていきます。

 

玄関横に枕木があったのですが、よく見るとコンクリートの擬木でした。かなり色が剥げていたので、それっぽい色のナノコンポジットで塗り替えました。

照明器具なども塗り替えています。明日はこの器具を含めた各所の復旧と清掃、そして自主検査です。

 

 

 

順調に外壁塗装が進んでいます 神戸市垂水区IS様邸塗装工事

梅雨が明けてからは天気の好い日ばかりで順調に塗り替え工事が進んでいます。

南面と西面の外壁を仕上げ、屋根にも2回目の上塗りを塗り、さらに付帯部分も順に仕上げていきます。

 

今回の工事では破風と鼻隠しに板金を巻き、樋を交換するので塗り替える付帯部分はあまり多くありません。

予定を少し前倒しして週明けには板金屋に来てもらいます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

樋を取り外し、破風と鼻隠の補修を行います 神戸市垂水区MT様邸塗装工事

今回の神戸市垂水区の現場は破風と鼻隠しや軒を補修し鼻隠しを補修するのに邪魔になる樋は撤去・取り換えを行います。

 

何度か塗り替えてあった木製破風板は塗膜の剥がれが起きていたので再塗装は諦め、今回はフレキシブルボードを使って増し貼りします。

以前はこの破風や鼻隠しにケーカル板を使用することもあったのですが、ケーカル板は雨当たりの激しい部分には向かなく、塗膜の剥離や素地の劣化が起きるので最近はほぼ破風用サイディングボードが使用されています。

樋の撤去と破風鼻隠しの増し貼りは終わりましたので、明日は軒天の増し貼りを行います。

 

北東面外壁に上塗りを塗り、南西面の外壁下塗りも行いました 神戸市IS様邸塗り替え工事

昨日下塗りを塗った北東面外壁に上塗りを塗って仕上げるのと同時にまだ塗れていない南西面の外壁塗装にも入ります。

南西面は養生から軒の上塗りと外壁の下塗りまで塗り、北東面は上塗りを2回塗りした後養生を外して作業を終えました。

最近は窓を開けて過ごすよりエアコンを入れて過ごされますがどこかの窓は常に開閉できるようにしています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

屋根のカラーベストと外壁の高圧洗浄 神戸市垂水区MT様邸塗装工事

この神戸の現場の破風・鼻隠しは木製で既存塗膜がかなり剥がれており塗装してもすぐに剥がれてくるような状態でした。軒天のベニヤも合板が剥がれていたので、破風鼻隠しも軒も大工さんに依頼し補修してもらいます。いつもは洗浄前にいろいろな箇所のケレンを行うのですが、今回は鉄部を少しケレンするだけで屋根と外壁の洗浄を行いました。

   
   

明日からは各所の補修作業を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁の補修跡に肌合わせのパターンを付けて 神戸市垂水区IS様邸塗装工事

今日から北面と東面外壁の塗装に入ります。養生を行い、外壁の下塗りと軒の上塗りを行います。

クラック補修の樹脂モルタルの上に肌合わせのパターンを付け、さらに微弾性フィラーをパターン塗りします。

 

軒のケーカル板はNAD型塗料を2回塗りして艶消しに仕上げます。

合間で屋根のカラーベストに屋根用フッソ塗料で上塗り1回目を塗装しました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

今回は単管ブラケット足場で足場組みを行います MT様邸塗装工事

今回の神戸市垂水区の現場は、ガレージや物置などがあるので融通の利く単管ブラケット足場を使用して足場組みを行いました。

足場組みが終わった後で外構塀の塗膜の不良部分の剥離作業も行いました。

明日は外壁と屋根の高圧洗浄を行います。その時には塀の塗膜を高圧洗浄しまだ剥がれる部分を剥がします。

 

ページ上部へ