2021年08月

モニエル瓦の塗り替え 神戸市西区ST様邸外壁屋根塗装工事

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目までを塗ります。塗ってすぐには養生が出来ないので外壁のクリヤー塗装2回目と付帯部上塗りの後にはモニエル瓦に上塗りを塗っていきます。

横貼りのサイディングの場合は隙間の小さな隙間があります。この部分からは雨水の侵入は起きないのでそのまま塗り替えてもいいのですが、塗り残しのように見える隙間が残るので仕上がりよく見えるようにエポキシフィラーで隙間を詰めてから塗り替えます。

モニエル瓦の塗り替えにはオリエンタル塗料の乾式コンクリート瓦専用のマイティーシリコンを使用します。

この塗料は下塗りがなく、上塗りを瓦に浸み込ませることで塗り替え後年数が経過しても剥がれが起きない様に塗装出来ます。

下屋には上塗り2回目を塗ったので、明日からは外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目まで塗ります 神戸市西区塗装工事

下地補修の終わった神戸市西区のST様邸では付帯部の下塗りと上塗り1回目、そしてクリヤー塗装部分のサイディングクリヤー1回目を塗りました。

付帯部の上塗り1回目はまだ終わってないので明日はその続きとサイディングクリヤーの2回目、そして屋根の上塗りを進めていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

足場組みの前に荷物の移動と土間の洗浄を行います 神戸市垂水区SN様邸改修塗装工事

明日足場組みを行う神戸市垂水区のSN様邸に荷物の移動と土間の高圧洗浄に来ています。

 

4軒分のガレージが1箇所に集まっていて、特に迷惑をおかけする奥のお宅の奥様についでにうちのガレージ土間も洗ってくれませんかと言われたので結局全体の半分くらいの土間を洗浄しました。

くっきりと真ん中で綺麗と汚いに別れてしまったので何とも言えない感じになりました。

 

 

外壁サイディングのシーリング打ち替え 神戸市西区ST様邸塗装工事

先日までの長雨のためシーリング職人が予定より少ない人数しかこの神戸市西区の現場に入れなかったので3日間かかりましたがシーリングの打ち替え工事が終わりました。

 

サイディング目地の打ちシール打ち替え

 
   

既存シールを切り取った後で見えている青いビニールは2面接着にするためのボンドブレーカーです。このビニールが剥がれている場合は新たにボンドブレーカーを貼る必要があります。

サッシ廻りシール打ち替え

 

サッシ廻りのシーリングは打ち代が充分にある場合は撤去せずに増し打ちで打つこともあるのですが、今回は打ち代の少なくなる部分があったので全て切り取ってから打ち替えました。

 

軒廻りと外壁の入隅部分は増し打ちで打ち替え、下地補修はとりあえず終了しました。

とりあえずというのは一部の外壁がクリヤー塗装で、クリヤー部分は塗り替え後の後打ちになるためです。

明後日の月曜から塗装工程に入っていきます。

塗装工事の最終工程で付帯部の上塗りを塗ります 神戸市MM様邸塗装工事

今日は現場で付帯部各所を仕上げる班と倉庫で雨戸を吹き付け塗装する班に分かれ作業しています。

現場作業の方は各所の手直しと清掃・窓ふきも行いました。

 

木製雨戸の下塗りは刷毛刷り込むように塗り、上塗りは吹き付けで塗装しました。

鋼製雨戸の方は既に下塗りを塗り終えてあったので上塗りを2回吹き付け塗装で塗り替えました。

塗り替えの終わった雨戸は十分に乾燥させた後で現場に運び復旧します。

 

 

南面と西面外壁を仕上げ付帯部にも上塗り2回目を塗ります 神戸市垂水区MM様邸

神戸市垂水区の現場ではまだ仕上がっていない南面と西面外壁に中塗りと上塗りを塗り、その後北面と東面の樋や破風などの付帯部分を仕上げていきます。

明日は外してあった雨戸の塗り替えと残りの付帯部の上塗りを行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

今回も外壁には艶消しに仕上がるナノコンポジットWを使用します 神戸市垂水区MM様邸

神戸市垂水区のMM様邸塗装工事では、昨日下塗りした西面と北面外壁に上塗りを塗りながら、東面と南面の外壁の養生と下塗りも行いました。

 

ローラーと刷毛を使って手塗りで上塗りのナノコンポジットW1回目を塗り、乾燥待ちの間に東面と南面の養生と下塗りを行いました。

最後に北西面の外壁の上塗り2回目を塗り、養生を外して今日の作業は終わりました。

 

神戸市垂水区外壁塗装 西面と北面の養生と外壁下塗り

付帯部の上塗り1回目が終わった神戸市MM様邸では外壁塗装用の養生を済ませてから下塗りしました。

モルタル壁に吹き付けがしてあったので今回はクラック処理の後、微弾性フィラーを使って下塗りしました。

今日は下塗りまでで明日続きの上塗りを塗っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

外壁と屋根の高圧洗浄と各所のケレン作業 神戸市西区ST様邸

昨日足場組みの終わった神戸市西区の現場に外壁と屋根の高圧洗浄に来ました。

いつも通り、まずは鉄部や樋のケレン・目粗しを行います。

 

ケレンが終わり、飛散防止のためメッシュシートの内側にブルーシートを2重張りし、側溝の中に汚泥留めの土のう袋を沈めてから、高圧洗浄を始めました。

モニエル瓦は表面に生えた苔や脆弱になったスラリー層を高圧洗浄で洗い落とすのでかなりの汚泥が出ます。

屋根を洗った後にブルーシートとメッシュシートそして足場に付いた汚れを洗い落とし、外壁も丁寧に洗って行きます。

これらの作業で出た色付きの汚泥は雨水として側溝に流れていくので、土のうで堰き止め、後日水気が抜けたらどぶさらいをして近隣様に迷惑にならない様にします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

樋や破風などの付帯部に上塗りの1回目を塗ります 神戸市垂水区 MM様邸塗装工事

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部分の上塗1回目を塗ります。これは同日に2回塗りすると施主様が本当に2回塗ったかどうかを確認しやすくすることが目的です。

 

庇とカラーベストには屋根用塗料で上塗りします。庇の合羽は他の付帯部と同じ弱溶剤シリコン塗料で塗っていたのですが、この部分は直射日光を良く浴び、劣化が早いので適当な色はある場合は屋根用塗料を使用して塗り替えるようにしています。

いよいよ明日から外壁塗装に入っていきます。

個人住宅の塗り替えは神戸市垂水区を拠点に神戸やその近郊の塗装工事を請け負っている門下塗装にお任せください。

ページ上部へ