屋根塗装

南面と東面外壁塗装と屋根の上塗り2回目 神戸市KH様邸

外壁2面が仕上がった神戸市西区の現場では外壁の残り2面の塗り替えに入ります。

 

養生をしてから外壁に下塗りを塗り、軒にはNAD型塗料を上塗りし、同時進行で屋根と既に仕上がった西面と北面の付帯部の一部に上塗りの2回目を塗りました。

軒天は仕上がったのですが、外壁はまだ上塗りの2回目が残っています。明日は外壁に上塗り2回目を塗っていく予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

北面と西面外壁上塗り2回目と屋根塗装 神戸KH様邸

神戸市西区の現場では上塗り1回目のローラー塗りまで終わっている北面と西面の外壁に上塗り1回目の刷毛を塗った後、2回目の上塗りを塗り、南面のベランダ手摺壁外側には多彩柄吹付け材ア―バントーン上塗りを吹き付け塗装しました。

   

同時進行で屋根には上塗り1回目を塗っていきました。

 

明日からは東面と南面の外壁塗装に入っていきます。

神戸の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

雨で一日休みましたが外壁の塗り替えに入ります 神戸市KH様邸

神戸市西区のKH様邸では北面と西面の外壁と南面のベランダ手摺壁の外側の塗り替えを始めます。

先ずは汚せない部分をナイロンで養生し、下塗り・上塗りと塗っていきます。

軒には下塗りの必要のないNAD型塗料を使用するので上塗りを2回塗りして仕上げましたが、外壁は上塗り1回目までで終わりました。

   

ベランダ手摺壁はワンポイントで色分けします。今回は在庫していた多彩柄吹付けのア―バントーンを使うので中塗りまで塗りました。

乾燥待ちの間と最後の余った時間で屋根に下塗りを塗り作業終了です。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

屋根と鉄部に上塗り2回目を塗り仕上げます 明石市IN様邸

明石市のIN様邸外壁塗装屋根塗装工事もいよいよ大詰めです。

大屋根に上塗りの屋根用フッソ塗料2回目を、大型の庇と基礎の水切り金物も同じ屋根塗料で上塗りしました。

最後に明日トップコートを塗るバルコニー土間にFRP用のプライマーを塗って今日の工事は終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁が仕上がり、屋根にも上塗り1回目を塗りました 明石

時間がかかりましたが明石市の現場では東面と北面外壁に上塗りの2回目を塗り、これで全ての外壁の塗装が終わりました。

外壁が仕上がってからは付帯部の上塗り2回目と屋根の上塗り1回目を塗り、今日の作業は終わりました。

明日は他の現場作業に職人を割くので、この現場は休ませてもらい明後日屋根の上塗り2回目を中心に作業していきます。

屋根には屋根用フッソ塗料を付帯部には弱溶剤フッソ塗料で

塗り替え後年数が経過すると真っ先に色落ちするのが屋根と付帯部(特に樋)です。

通常の傷み具合のカラーベストならしっかり高圧洗浄を行い、屋根用シーラーをきちんと塗れば塗料の剥離は起きないのですが、直接日光を浴び雨露がかかるので上塗りの色落ちが真っ先に起きてきます。当店に塗り替えを依頼されるお客様は耐久性の特に高い屋根用フッソ塗料を選ばれることが多いです。

付帯部分の塗り替えは日本ペイントの弱溶剤シリコン塗料で上位ランクのファインシリコンフレッシュを使用することが多いのですが、今回の神戸市垂水区のM様邸では弱溶剤フッソ塗料を使って塗り替えます。

ファインシリコンフレッシュなら種ペンが持っているので(黒・赤・黄の調色用塗料)現場調色が出来るため塗料のロスが出にくいです。

弱溶剤フッソ塗料はメーカーに注文して、調色済の塗料を購入するので1kg欲しい場合でも最低単位の4kgを購入し余った分は廃棄することになるので材料コストがかなり上がってしまいます。

今回はたまたま付帯部の上塗りの色が1色で、中塗り材と上塗り材各4kgで塗り替え出来たので金額の差がそれほど大きくならなかったこともあり、関西ペイントのアレスセラフッソを使用しました。

神戸市垂水区の現場では屋根に屋根用遮熱フッソ塗料の上塗り1回目と2回目そして樋や破風などの付帯部に弱溶剤フッソ塗料で上塗りしました。

 

屋根の上塗り2回目が少し足りなかったので塗れるところまで塗り、追加注文した塗料が届いてから残りは上塗りします。

希釈率を上げれば足りたのでしょうが、門下塗装では希釈率を厳守します。

付帯部も仕上げ、余った時間で外構塀の下塗りまで終わらせ本日の作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外壁と軒にナノコンポジットWを上塗りします 神戸M様邸

昨日、西面と北面の外壁に微弾性フィラーを、軒には水性カチオンシーラーを下塗りした神戸市垂水区のM様邸では、外壁軒に上塗りのナノコンポジットWを刷毛とローラーで塗装します。

 
   

上塗り1回目が乾くまでの間に屋根の下塗りをこちらも刷毛とローラーで塗装します。

現在最も売れている屋根用塗料は日本ペイントのサーモアイらしいのですが、当店では屋根用塗料が強く門下が信頼している水谷ペイントの快適サーモシリーズをよく使用します。

 

屋根の下塗りなどを終え、充分なインターンバル(乾燥養生)を取ってから外壁と軒に上塗りの2回目を塗り、養生を外してから帰りました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外壁の残りと屋根を同時に仕上げていきます 神戸市D様邸塗装工事

この神戸市北区の現場も天候に恵まれ順調に塗り替え工事が進んでいます。

昨日の続きで外壁を仕上げていく職人と屋根に上塗り1回目を塗る職人に分かれて塗りを進めていきます。

 

北面と東面の外壁が仕上がったら養生を外し、屋根の上塗り2回目を塗る迄の乾燥待ちの間に屋根金物の上塗り2回目と木製破風の上塗り2回目を塗りました。

次工程迄のインターバル(乾燥待ち後)に上塗りの2回目を塗り屋根を仕上げました。

今回使用している屋根塗料は水谷ペイントのバイオマスR Siのマルーン(赤茶)です。屋根に日光が当たると見本板で見た時より赤く見える気がします。

8寸勾配でよく見える屋根なので塗り替え完了後足場を取ると、赤茶が映えて見えると思います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

南西面を仕上げてから屋根の下塗りを 神戸市北区D様邸外壁塗装工事

神戸市北区の現場では南西面の外壁と軒に上塗りの1回目を塗って2面を仕上げます。

その後は屋根の下塗りと北東面の外壁塗装の養生を同時に行いました。

年数の経過していたカラーベストは高圧洗浄で素地まで見えてしまったので、今回は水谷ペイントの屋根用強化シーラーのエポックマイルドシーラーを使用しています。

最後に養生の済んだ北面と東面の軒に下塗りを塗り、余った時間で外壁の下塗りのチリ際を刷毛を塗り、作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

南西面外壁と屋根を仕上げていきます 神戸市兵庫区YSM様邸塗装工事

神戸市兵庫区の現場では昨日下塗りまで終わっていた南面と西面の外壁に上塗りのナノコンポジットWを2回塗って仕上げ、上塗り2回目の残っていた屋根のカラーベストには屋根用遮熱フッソ塗料を塗って仕上げました。

外壁塗装が終わり、養生を外した後南面の付帯部でまだ上塗りの塗れていなかった部分に上塗りの1回目を塗り作業を終えました。

明日は樋や鉄部などの付帯部分の上塗り2回目を塗っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ