屋根塗装

狭所の南西面の外壁上塗りと屋根の上塗りを行います 神戸市灘区TR邸

昨日微弾性フィラーを下塗りした、隣が近く狭い西面とバルコニーのある南面に上塗りの水性シリコン塗料を2回塗りして仕上げました。

乾燥待ちの間などで屋根にも上塗りの1回目を塗りました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

外壁塗装はまず養生から 神戸市灘区TR邸

汚してはいけないサッシや1回目の上塗りを塗った付帯部分をビニールで養生し、汚れないようにして外壁と軒に下塗りを塗ります。

外壁には微弾性フィラーをウールローラーで下塗りし、軒部分には水性カチオンシーラーを下塗りします。

軒にも微弾性フィラーで下塗りすることができ、微弾性フィラーの方がシーラーより上塗りが少なくて済むのですが、カチオンシーラーの方が微弾性フィラーより密着性と透湿性が高いので門下塗装ではあえて塗り分けるのは手間ですがシーラーを使用します。

 

外壁下塗りの後余った時間で屋根のカラーベストに弱溶剤屋根用遮熱シーラーを塗布しました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

西面と南面にガイナを塗りメイン外壁を仕上げてから屋根なども塗っていきます 神戸市垂水区TG様邸

神戸市垂水区のTG様邸では西面と南面の軒と外壁を仕上げていきます。

外壁の乾燥待ちの間や上塗り2回目を塗った後、余った時間で屋根や付帯部分も塗装しました。

今回塗り替えている家は外壁に3種類のサイディングが使用されています。クリヤー塗装した意匠性サイディング部分は仕上がっていて、ガイナ塗装するメインのサイディングも今日仕上がりました。

外壁の残りは茶色の木調サイディング部分です。明日この部分を塗り外壁塗装を終わらせます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

サイディングの目地はシール職人で打ち替えましたが、その他の下地処理は当店職人が行います 神戸市垂水区TG様邸

先週シーリング職人が来てサイディング目地とサッシ廻りのシールの打ち替えをしてもらいました。

他にやっておきたい下地処理として、破風ジョイントのシール打ち替え・屋根金物の釘の抜け止め用のコーキング・そしてサイディング合いじゃくり部分の隙間詰めが残っていたので、それらを当店の職人がやっていきます。

 

下地処理はこれで完全に終わりました。

外壁が仕上がってから上塗りすると仕上げた外壁を汚しやすい軒の通気金物の上塗り2回目と屋根の下塗りを塗って今日は作業終了です。

明日は残っている破風と軒樋の上塗り1回目と屋根の上塗り1回目を塗る予定です。

 

南面と西面の外壁の塗装と屋根の上塗り2回目 神戸市灘区アパート塗り替え工事

神戸市灘区のアパートの塗り替え工事は順調に進み、まだ仕上がっていない外壁2面に軒の上塗りを2回と外壁上塗り1回目を、屋根には上塗り2回目を塗っていきます。

   

 

屋根はこれで仕上がったので明日外壁に上塗り2回目を塗れば、残りは付帯部の上塗り2回目と土間の防水などになります。

 

外壁2面の下塗りと上塗り1回目そして屋根の上塗り1回目を塗ります 神戸市灘区アパート塗装工事

神戸市のアパートの塗り替え工事では、下地補修のシーリングが完全硬化した東面と北面の外壁の養生から下塗り・上塗り1回目を、そして下塗りの終わっていた屋根の縁切りと上塗り1回目を塗っていきます。

サイディングの外壁に水性エポキシシーラー・ダイヤワイドシーラーを塗布し、無機系の水性塗料でダイフレックス社のスーパーセランフレックスを上塗りします。

この塗料は超低汚染で非常に汚れにくく軟質のため塗り替え後に稀に起きるシーリングの上の塗膜の割れも発生しません。

下塗りの終わっていた屋根の縁切りにタスペーサーを挿入し、屋根用シリコン塗料で上塗りします。

カラーベストの重なり部分はローラーのみでは塗料が入りきらないので目地刷毛で隙間を刷毛塗りしてからローラーで全体を塗装します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

雨戸の塗り替えを吹き付けで行います 神戸市西区KS様邸塗装工事

残っている大きな塗り替え箇所としては雨戸と下屋があります。

雨戸は下塗り1回と上塗り2回をスプレーガンで吹き付け塗装します。通常はインターバル(乾燥時間)が約2時間なので、手塗りだと1日で3工程はしんどいのですが、門下塗装で使用しているチロンガンは温風で吹き付けるため乾燥が早く、養生から始めても3回吹きして充分終えることが出来ます。

最後に下屋に上塗りの2回目を塗り、今日の作業は終了です。

明日は取り外していたもの(エアコン配管カバーなど)の復旧と清掃・手直しそして自主検査を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2階外壁に断熱塗料ガイナを3回塗りして仕上げていきます 神戸市西区KS様邸

神戸市西区の現場では昨日の続きで2階外壁に上塗りのガイナをさらに2回塗りして規定塗布量を守り仕上げます。

 

同時進行で別の職人が屋根の上塗りを塗っています。

今回の塗り替えでは2階外壁には断熱塗料ガイナを塗り、屋根には弱溶剤遮熱フッソ塗料を使用しています。

1階の外壁には多彩柄吹付け材ダイヤアーバントーンを使用しますので意匠性も耐久性も機能性も高い仕様で塗り替えています。

外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目と屋根の上塗り1回目を塗装します 神戸市西区KS様邸

門下塗装ではいつも外壁塗装の前に樋や水切りなど付帯部の上塗り1回目を塗ります。同じ日に上塗りを2回塗ることも可能なのですが、施主様がきちんと2回塗りしていることを確認しやすいようにと、外壁を仕上げた後で付帯部の色の変更に応じることが出来るようにしている為です。

付帯部分の上塗1回目が乾かないと外壁塗装の養生を出来ないので、昨日下塗りを終わらせた屋根を縁切りし、屋根金物とカラーベストに上塗り1回目を塗りました。

週明けには2階外壁塗装にかかります。今回は1階と2階で違う塗料で塗り分けるので2面づつではなく上下で塗り分けます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

シール打ち替えの邪魔にならないようにカラーベストと付帯部の下塗りを塗ります 神戸市西区KS様邸塗装工事

神戸市西区の現場では、昨日の続きで今日もシーリング職人が作業しています。

シーリング打ち替えを優先し、邪魔にならないように屋根とシール打ち替えの終わった部分の付帯部から下塗りしていきます。

屋根の棟包みと通気口の網そして屋根水切り金物にエポキシプライマー・エポマリンGXを下塗りし、外壁の付帯部分にも色違いのエポマリンGXで下塗りしました。

その後屋根のカラーベストに弱溶剤遮熱エポキシシーラーを下塗りし、作業終了です。

同時進行で進めていたシーリング打ち替えも無事に終了しました。

 

ページ上部へ