屋根塗装

北面と西面の外壁と軒を仕上げて養生を外します 神戸市垂水区IH様邸塗装工事

昨日上塗り1回目まで塗った北面と西面の外壁と軒に上塗り2回目を塗り、仕上げた後養生を外し、一部の付帯部にも上塗り2回目を塗りました。

   

外壁塗装と同時進行で別の職人が屋根の上塗りを進めました。

大屋根と北面外壁と西面外壁は仕上がりました。

明日は雨のようなのでおそらく休みになります。土曜から南面と東面の外壁塗装に入っていきます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

西面と北面の外壁と軒の塗り替えを進め、屋根にも上塗り1回目を塗りました 神戸市垂水区IH様邸

この現場に入っている職人全員で外壁2面の養生を済ませてから、外壁塗装と屋根塗装に分かれて作業を進めます。

材料を塗りすぎると重なり部分から塗料が垂れてくるので丁寧に刷毛とローラーを使って塗装していきます。

元々グリーンだった屋根にはブルーの屋根用フッソ塗料で上塗りします。

外壁の下塗りが乾燥してから、上塗りのナノコンポジットWを塗り、軒にも1回目の上塗りを塗り、今日の作業は終わりました。

明日は外壁2面を仕上げ、大屋根の上塗りも進める予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁塗装用の養生をする前に付帯部分に上塗り1回目を塗ります 神戸市IH様邸塗装工事

門下塗装では手間的には少しロスが出るのですが、外壁塗装の前に付帯部分に上塗りの1回目を塗るようにしています。

これは施主様が2回塗りしていることを確認しやすくすることが一番の理由です。

しかし、外壁塗装の前に付帯部の下塗りを塗り、外壁の上塗り後に付帯部の上塗りを2回塗りしてもきちんと乾燥時間3時間以上取れるので問題はありません.。悪く言えば手抜きはしてないですよというパフォーマンスですね。

付帯部の塗装をするグループと別に屋根の塗装も進めています。

屋根用弱溶剤遮熱エポキシシーラーを下塗りし、乾燥後にタスペーサーを挿入し縁切りしました。

最後に少し余った時間で上塗りの屋根用遮熱フッソ塗料で隙間を刷毛塗りし、今日の作業は終わりです。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

うろこ型のカラーベストはタスペーサーを挿入できないので 

外壁の下地補修にシーリング職人が来ていますので、外壁塗装の前に屋根の塗装を進めます。

今回の屋根はうろこ型のカラーベストだったので縁切り部材タスペーサーは挿入できません。

ですので接着材の役割のシーラーを下塗りしないオリエンタル工業のニューマイルド優雅で塗り替えます。

この塗料は上塗りを吸い込ませて着色するのでよく使用する屋根用塗料よりもカラーベスト同士がくっつきません。

   
   

屋根の金物に下塗りを塗り、カラーベストと一緒に上塗りします。

吸い込みが激しそうで、正規の塗装回数の2回で治まらないかもしれません。その場合は上塗りを3回塗りして仕上げます。

 

順調に塗り替え工事が進み屋根の上塗り2回目と窓の拭き掃除を行います 神戸市垂水区KD様邸

昨日は午前に雨が降ったため塗ることが出来なかった屋根の上塗り2回目を塗り、窓の拭き掃除なども行っていきます。

   

 

最後にベランダ土間のアセトン拭きをしてから帰りました。残り工事のメインはベランダ土間のFRPトップコート塗り替えです。

西面と南面外壁の下塗りと軒の上塗り、そして屋根の上塗り1回目 神戸市垂水区KD様邸

神戸市垂水区KD様邸では東面と北面の外壁は仕上がったので、西面南面の外壁と軒の塗装を始めます。

軒には下塗りなしで塗装出来るNAD型塗料を1回目の上塗りを塗り、外壁にはSD用下塗りを塗ります。

下塗りが乾燥するまでは屋根に上がり、屋根用上塗り塗料を塗っていきます。

外壁には同じ下塗りを塗った後違う色の上塗りを塗りますが、屋根には違う下塗りを塗布後に同じ上塗りで上塗りします。

外壁下塗り乾燥後に外壁上塗り1回目を塗り作業終了です。

外壁に3色ナノコンポジットWで上塗りしていきます 神戸市垂水区KD様邸

昨日、下塗りを塗った外壁に上塗りのナノコンポジットWを塗っていきます。

3種類のサイディングに3色の上塗りで塗り分けて塗装します。

 

 

3色の外壁上塗りをローラーと刷毛で1回塗りした後は乾燥待ちの時間で屋根のカラーベストと鋼板にそれぞれに適した上塗りを塗りました。

 

上塗り1回目が乾燥した後には、上塗り2回目を塗り、塗装出来た外壁の養生を外し、次に塗っていく外壁2面の養生も進めてから帰りました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

上塗りのナノコンポジットW防藻+を外壁に塗っていきます 神戸市垂水区KM様邸

昨日下塗りした外壁に上塗りのナノコンポジットWを塗ります。新築の時の艶消しに仕上げたい、北面の外壁に苔が生えていたのが気になるということでしたので塗料での塗り替え部分にはナノコンポジットW防藻+を使っています。この塗料は防藻成分を混ぜているのではなく苔の生えにくい無機成分を増やすことで苔が生えにくくなっているそうです。最近はやりの無機塗料並みに無機成分が入っているから耐久性もかなり良いと水谷ペイントの講習会で力説していました。実際に過去に塗り替えた壁を見るとかなり汚れにくいかったです。

以前は下塗りと上塗りは同じ塗料メーカーのものしか使わなかったのですが、最近はメーカーが違っても素地の材質や状態に最適な下塗り材を使用しています。

今回の塗り替えでは外壁の下塗りは菊水化学で上塗りは水谷ペイントでした。

 

上塗り2回目の残っていた軒天に上塗り2回目を塗り、外壁に上塗りの1回目を乾燥待ちの間に、屋根の上塗り2回目を、午後から外壁に上塗りの2回目を塗り、塗り替え用の養生を外してから帰りました。

神戸市垂水区KM様邸 外壁塗装屋根塗装工事 屋根の下塗りと上塗り1回目

シーリング職人の来ている日には当店の塗装職人は現場に入らないことが多いのですが、今月はかなり工事が立て込んでいるうえ、もう一つの現場作業が終わっていたのでシーリング打ち替えの邪魔にならないよう塗装作業も進めます。

外壁の付帯部はシーリングとの取り合いが多いので屋根をメインに塗装工事を進めていきます。

屋根の金物にエポキシプライマーを下塗りし、屋根には屋根用遮熱弱溶剤シーラーを下塗りします。

破風の下塗りなどで時間を潰して屋根の下塗りが乾燥した後、縁切り部材タスペーサーを挿入し、上塗りの1回目を塗りました。

週明けには付帯部の下塗りと上塗り1回目から外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

盆休みの前にすべての塗装工程は終わりそうです 神戸市垂水区IS様邸

外壁の仕上がった神戸市垂水区のIS様邸では屋根と付帯部に上塗りの2回目を塗っていきます。

下屋のモニエル瓦の仕上がりがいまいちだったので3回目の上塗りを塗りました。乾式コンクリート瓦用塗料のマイティーシリコンは下塗りがなく上塗りをぶっつけで塗るのですが、素地が傷んでしまっている場合は規定塗布回数の2回では綺麗に修まらないことがあります。劣化が激しい場合は屋根用下地調整材のオリトシールドを勧めることもありますが今回は瓦がそこまで傷んでいなかったので上塗りを3回塗りして仕上げました。

最後に手付かずのベランダ土間にFRP防水用のプライマーを塗り、作業を終えました。

ページ上部へ