2020年08月

外壁の下地補修と付帯部の下塗り 神戸市垂水区IS様邸

未塗装サイディングにジョリパットが塗られていた外壁の下地補修をしていきます。外壁目地はブリードしているものの劣化して亀裂が入ってはいないので、ブリードを抑えるプライマーを塗布し特に傷んでいる箇所のみ補修シールを打ちました。

割れている箇所のほとんどはサイディング相じゃくりの重なり部分です。この部分から雨水が侵入する可能性は低いのですが、見栄えを好くするためと念のためにノンブリード変性シリコンシーリングを表面に刷り込み割れを隠しました。

エアコン配管カバーのヘッドなどに、塗料が密着しないシリコンシーラントが使われていたので、ヘッドを外し、シリコンを切り取ってから専用のプライマーを塗布しました。

同時進行で付帯部分に下塗りを塗りました。

今回の鉄部はすべてガルバニウム鋼板だったので非鉄金属用プライマーを下塗りしました。

破風板と鼻隠しはサイディングですのでこちらには弱溶剤エポキシシーラーを塗布しました。

どちらも明日弱溶剤シリコン塗料で上塗りの1回目を塗ります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

足場組みが終わった新しい神戸市垂水区の現場で外壁と屋根の高圧洗浄を行いました

昨日足場の組み終わった神戸市垂水区のIK様邸では、樋や鉄部のケレンとエアコン配管カバーの撤去をした後、屋根と外壁の高圧洗浄を行います。

 

今回の現場の外壁は未塗装サイディングの上にジョリパットが吹き付けてあります。

目地とサッシ廻りのシーリングに剥離や切れはほぼないのですが、ブリードが起きていますので、ブリードを抑えるプライマーを塗布し、不良シーリング部分のみ補修します。

サイディングの相じゃくりサネ部は元々シーリングされていなかったのでひび割れているように見えます。このままでは綺麗に仕上がらないので下地補修で一手間加えてから塗り替えていきます。

雨戸とシャッターの吹付け塗装ほか 神戸市垂水区KM様邸

外壁の塗り替えの終わった神戸市垂水区のKM様邸では付帯部の塗装でシャッターと雨戸の塗り替えを行います。

今回も低圧温風スプレーガン(チロンガン)を使用して塗り替えています。

このガンでの塗り替えは、手塗りに比べると仕上がりが綺麗でさらに施工時間を大幅に短縮できます。

最後にケレンしてあった木製玄関ドアにオスモカントリーカラープラスを塗り今日の作業は終わりました。

自然塗料のオスモカントリーカラープラスは、以前からあった剥離の起きないカントリーカラーの改良品でローラーでの施工が可能になりました。刷毛目が出ずに綺麗に仕上がります。

ただワンコートでの施工も可能なのですが、表面がかなり傷んでいたので週明けにもう一度塗りさらに綺麗に仕上げます。

 

ページ上部へ