ラムダ基板を弱溶剤シーラーで下塗りしたら吸い込んでしまいました 

今回塗り替えている神戸市垂水区の現場ビ外壁にはサイディングに似ているラムダ基板が使われていました。

この外壁材の塗り替えは初めてだったのですが、浸透性弱溶剤エポキシシーラーを下塗りしたらあっという間に吸い込んで塗ったことが分からなくなってしまいました。

サイディングの場合なら1回塗りでシーラーの効果が得られるのですが(表面が塗れ色に変わります)、今回の場合は下塗りを2回塗りして表面が塗れ色になるようにしました。

下塗りの効果不足は上塗りの剥がれに繋がります。これで塗り替え後に何年かして上塗りが剥がれてくるなんてことは起きないはずです。

 

シーラーを2回塗りすると下塗りが乾燥しきらなかったので、今日予定していた上塗り1回目は明日行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ