ケーカル板の軒天の既存塗膜の状態が悪く通常しない下地処理を行います

ケーカル板は密着性が良くないため、下塗りなしで塗れるとうたわれている塗料でも下塗りを塗ってから上塗りしないといけません。新築の時の塗装の際、下塗りを塗らずにケーカル板を上塗りしてあることが、稀になります。今回もそうだったようで、少し剥がれていた箇所をスクレーパーでケレンすると薄皮がめくれるように既存塗膜がめくれました。傷んでいるケーカル何枚かにテープを貼り、引っ張ると脆弱な塗膜が引っ付いて来ました。

かなりの平米数があるので全面にこの作業は出来ないので、まだましな部分は浸透性シーラーで密着性を上げてから上塗りしました。

 

こういった実際に作業してからわかってくる元々あった不具合の処理は対処が難しく、見て見ぬふりをして塗装作業を進めてしまうことも良くあります。

また気が付かずにケレンなどをせずに塗り替えてしまうことも良くあることです。

ただ、下地処理をせずに塗ってしまうと、塗り替え後かなり早い時期で新しく塗った塗膜が下にある旧塗膜から剥がれてきてしまうなんてことも良く起きます。

門下塗装では剥がれた場合無償で直しています。だからこそ直さなくてもいいように下地処理を特に気を付けて行っています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ