神戸市垂水区K様邸塗装工事 カラーベストの塗り替え

20年ほど前にアスベストの規制が変わり、カラーベストの材質もノンアスベストに変わりました。

ちょうどそのころに作られたカラーベストの中には脆弱な物もあり、それを塗り替える場合は注意が必要です。

パミールなど完全に塗り替え不可のカラーベストもありますが、コロニアルネオやグリシェイドなど塗り替えでも大丈夫かもという屋根材もあります。

今回塗り替えているのはグリシェイドネオというカラーベストですが、見積もりの時には見えなかったひび割れが高圧洗浄後に見つかったのでシーラー塗布後にエポキシ補修材で補修してから塗り替えます。

K様邸のカラーベストには屋根用遮熱弱溶剤フッソ塗料を使って塗り替えます。

梅雨真っただ中の塗り替えなので天気の良い日は屋根を優先して塗り替えているので、今回は屋根が真っ先に仕上がりました。

屋根を仕上げた日には樋や鉄部の1回目の上塗りも終えたので、いよいよ外壁の塗り替えに入っていきます。

カラーベストはルーフィングという屋根用の防水シートを守る役割なので少しくらいの割れなら補修してから塗り替えれば問題ありません。

ただし、次回は塗り替えではなく金属屋根のカバールーフ工法がいいですよと説明しておきました。

神戸市や明石市の個人住宅の外壁塗装工事・屋根工事は自社職人による丁寧で長持ちする工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031