スタッフブログ

北面外壁と屋根に上塗り2回目を塗り、各所を仕上げます 神戸市KM様邸

追加注文したナノコンポジットWが入荷したので北面の外壁を仕上げ、まだ仕上がっていなかった屋根にも上塗りの2回目を塗りました。

プライマーまで終えていたバルコニー土間にトップコートを塗り、北面の付帯部も上塗り2回目を塗り仕上げました。

手直しと窓などの拭き掃除もしてあとはテラスの取り付け工事です。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

発注ミスで塗料が入らず西面外壁のみ仕上げました

3缶注文していたメイン外壁上塗りのナノコンポジットW(N35)が1缶足りなくて追加注文していたのですが、ミスがあり納品されませんでした。仕方がないので西面外壁のみ仕上げて北面外壁は材料が届いてから塗ることにします。

雨戸は北面にはなかったので吹き付け塗装で塗り替えていきます。

それ以外にも塗装可能な付帯部分に上塗り2回目を塗り、最後にはバルコニー土間のFRP用プライマーも塗り作業を終えました。

発注ミスで納入しなかったナノコンポジットWは水谷ペイントが特別に対応してくれて明日入ることになったので今週中に外壁は全て仕上がり養生を外すことが出来ます。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

西面と北面の外壁軒塗装 神戸市垂水区KM様邸

南面と東面の外壁と軒の塗り替えが終わったので今度は西面と北面の塗装に入ります。

養生を終わらせてから軒と外壁に下塗りの水性カチオンシーラーを塗布します。

   

下塗りが乾いてから外壁に上塗り1回目を塗り、その後軒に上塗りの1回目を塗りました。

 

外壁と軒に上塗り1回目まで塗り、その後は既に外壁軒が仕上がった南面と東面の樋や鉄部に上塗り2回目を屋根には上塗り1回目を塗りました。

いつもは軒を仕上げてから外壁との取り合いにラッカーテープを貼って外壁を仕上げていくのですが今回は訳合って、外壁を軒ギリギリまで刷毛で上塗りしてから外壁の方にテープを貼ってラインを出します。

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

南面と東面外壁の上塗りほか 神戸市垂水区KM様邸

昨日下塗りを塗った東面と南面の外壁に上塗りを塗っていきます。今回も上塗りには艶消しに仕上がるナノコンポジットWを使用します。

   
   

先ずは軒に上塗り2回目を塗り、その後外壁に1回目の上塗りを刷毛とローラーで塗りました。

1回目の上塗りが乾いてから2回目の上塗りをまた刷毛とローラーで塗り、西面と北面の養生と仕上げた南東面の養生バラシをして作業終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外壁下塗りと屋根の上塗り1回目 神戸市垂水区KM様邸

神戸市垂水区の現場では南面と東面外壁の養生から下塗りを、屋根には上塗り1回目を塗っていきます。

 

外壁と軒に塗った下塗りが乾いてからサイディングの重なり部分にコーキングを打ち、すっきまを詰め、最後に軒に上塗り1回目を塗りました。

屋根は縁切り部材タスペーサーを挿入し上塗りの1回目を刷毛とローラーで塗り作業終了です。

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目まで 神戸垂水区

サイディング外壁のシーリング打ち替えの終わった神戸市垂水区のKM様邸では鉄部などの下塗りから屋根の下塗りと付帯部の上塗り1回目まで塗っていきます。

   

付帯部の材質に応じた下塗りを塗り、乾燥後に同じ弱溶剤シリコン塗料で上塗りしました。

明日から外壁2面の塗装に入っていきます。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市西区KH様邸 各所仕上げとFRPトップコート塗り替え

神戸市西区のKH様邸では雨戸の塗り替えも終わり、今日は付帯部各所の上塗り2回目とバルコニー土間のトップコートの塗り替え、そして下屋の仕上げを行いました。

 

 

明日は各所の清掃と外してあったエアコン配管カバーの復旧を行い、明明後日の足場解体に備えます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

雨戸の吹付け塗装 神戸市西区KH様邸塗装工事

神戸市西区の現場は外壁と屋根の塗装が終わったので雨戸の塗り替えを行います。

門下塗装ではチロンガンという低圧スプレーガンを使って吹き付けるので塗料の飛散のリスクはほとんどありません。とはいえ万が一のこともあるので余分に飛散養生をしてから吹き付けていきます。

高圧洗浄の日に雨戸のケレン・ペーパーかけは終わっているので軽く掃いてゴミを落としてから強溶剤エポキシプライマーを下塗りとして吹き付けました。

上塗り1回目が乾いてから軽くペーパーかけし、表面に傷をつけてから上塗りの2回目を吹き付けました。

明後日は雨の予報が出ていて、明明後日の足場解体までギリギリになってしまったので、明日の日曜は現場作業と施主様の立ち合い検査を行います。

 

完全に硬化していたシーリングの打ち替え 神戸市垂水区KM様邸

協力会社のシーリング職人に来てもらいサイディング目地とサッシ廻りなどのシールの打ち替えを行いました。

私が拾い出したメーター数が間違えていたのか普段より多い人数がかかってしまいましたが2日で下地処理を終えました。

   

サイディング目地のシーリング打ち替えは、既設シールの撤去⇒シールプライマー塗布⇒シール打設⇒シール押さえ⇒マスキングテープ撤去です。

サッシ廻りも既設シールを撤去してから打ち替え、軒廻りなどの入隅部分は増し打ちで打ち直しました。

玄関廻りのシールは施主様がさわってしまうことがよくあるのでペンキ塗りたてのテープを貼って気が付きやすいようにしてから帰りました。

気温が上がらなくなってきたのでシーリングの硬化に少し時間がかかり始めました。明日は日曜で作業せず、月曜は付帯部の下塗りと上塗りを塗るので、外壁を塗りだす火曜には完全に硬化しているはずです。

 

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

東面と南面外壁にナノコンポジットWを上塗りします 神戸市西区

他の現場で職人を割かれてしまい今日は一人での作業でした。事故の無いよう慌てず丁寧に上塗りを塗っていきます。

軒の取り合いのみまだ一度も塗れていなかったのでラッカーテープで養生し綺麗なラインが出るようにして刷毛で上塗りします。

サッシ廻りや役物の廻りも2回目の刷毛塗りをして、軒廻りが乾いてから2回目の上塗りを塗ってから東面と南目の外壁をローラーで上塗り2回目を塗りました。

今回使用した22-90Cという色は黒がはとんど入っていない薄い色で留まり(着色)が悪かったです。透けないよう丁寧に縦横で塗って綺麗に仕上げました。

 

ページ上部へ