サイディング目地とサッシ廻りのシールの打ち替え

協力会社のヤマモトコーポレーションに依頼し、サイディング目地とサッシ廻りのシーリングの打ち替えを行いました。

既存シールの撤去後にマスキングし、シールプライマーを塗布後に、オートンサイディングシーラントを打設し均してからマスキングを剥がして終了です。

   

シーリング後に塗り替えると、打ち替えたシールの上の塗膜が割れる事があります。

これは家屋が風力によって揺れる事や温度変化による伸縮が原因です。塗料メーカーは塗り替え後の後打ちを推奨しているのですが、後打ちすると上塗りの色にシーリングの色がピッタリ合わないので非常に目立ちます。

またシーリング材より弾性の強い塗料を使用すればシール上の割れは出ないのですが今度は塗料の膨らみなど別の不具合のリスクが発生します。

門下塗装では塗り替える塗料に近い色のシールを使用して打ち替えることで、もしシール上の塗膜が割れても目立たない様にしていますし、先に打ち替えると、打ち替えたシールの上に塗膜が乗ることで紫外線を遮断し、シーリング材の劣化を遅らせるというメリットも付加価値的に発生します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ