打ち代が十分にあるのでシーリングを全て増し打ちで打ち替えます

今日から明日にかけて外壁サイディング目地とサッシ廻りなどのシーリングの打ち替えを専門業者が行います。

某ハウスメーカーの建物で、目地にもシーリングされているのですが、目地底で打たれていて、しかも大きな割れなどは起きていなかったので、通常は抜き取ってから塗り替える目地部分も増し打ちが可能でした。仕上がった感じはいかにも目地ですという感じが無くなりサイディングの柄と一体になって違和感はないですし、撤去する費用を減らせますと提案して、今回は全て増し打ちでシール打ち替えを行います。

サッシ枠の内部にシーリングされた目地があるのでサッシ廻りは天端のみシールしてあったのですが、枠内の目地の打ち替えが出来ないので今回はサッシ廻り天端と側方の三方をシーリングしました。

基礎水切り天端と、よく雨水が入り込む胴差水切り天端にもシーリングします。

シーリング打ち替えは少し残ったので、続きは明日行います。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ