シール打ち替えの邪魔にならないようにカラーベストと付帯部の下塗りを塗ります 神戸市西区KS様邸塗装工事

神戸市西区の現場では、昨日の続きで今日もシーリング職人が作業しています。

シーリング打ち替えを優先し、邪魔にならないように屋根とシール打ち替えの終わった部分の付帯部から下塗りしていきます。

屋根の棟包みと通気口の網そして屋根水切り金物にエポキシプライマー・エポマリンGXを下塗りし、外壁の付帯部分にも色違いのエポマリンGXで下塗りしました。

その後屋根のカラーベストに弱溶剤遮熱エポキシシーラーを下塗りし、作業終了です。

同時進行で進めていたシーリング打ち替えも無事に終了しました。

 

ページ上部へ