2020年11月17日

外壁塗装用の養生をする前に付帯部分に上塗り1回目を塗ります 神戸市IH様邸塗装工事

門下塗装では手間的には少しロスが出るのですが、外壁塗装の前に付帯部分に上塗りの1回目を塗るようにしています。

これは施主様が2回塗りしていることを確認しやすくすることが一番の理由です。

しかし、外壁塗装の前に付帯部の下塗りを塗り、外壁の上塗り後に付帯部の上塗りを2回塗りしてもきちんと乾燥時間3時間以上取れるので問題はありません.。悪く言えば手抜きはしてないですよというパフォーマンスですね。

付帯部の塗装をするグループと別に屋根の塗装も進めています。

屋根用弱溶剤遮熱エポキシシーラーを下塗りし、乾燥後にタスペーサーを挿入し縁切りしました。

最後に少し余った時間で上塗りの屋根用遮熱フッソ塗料で隙間を刷毛塗りし、今日の作業は終わりです。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ