建物付帯部の塗り替え 神戸市垂水区N様邸塗装工事

樋や鉄部などの付帯部分の塗装がある程度終わってから外壁塗装に入っていきます。

まずはケレン作業です。以前塗った脆弱になっている塗膜はこのケレン作業で除去し、鉄部の錆なども落としていきます。

雨樋は前回のリフォーム工事で交換してあったので、目粗し目的のケレンですが、鉄部と木部は塗膜を落とすためのしっかりとしたケレンになっています。
右下の写真にある戸袋の戸板は素地自体が傷んでいるので、増し貼りでの修繕も提案したのですが、施主様の年齢なども考慮しこのまま塗って欲しいとのことで今回も塗り替えで行きます。

築年数の経過している鉄部なのでケレン後に弱溶剤エポキシ錆止めを下塗りしました。

外壁塗装の前にこれらの部分に上塗りの弱溶剤シリコン塗料を1回塗っておきます。

付帯部の1回目の上塗りが終わったので、外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30