2021年11月09日

モルタルに小粒のスタッコが吹いてある外壁の下塗り IN様邸

明石市のIN様邸はモルタルの壁に小粒のアクリルスタッコが吹付けてありました。水性カチオンシーラーではピンホールが残るので透湿性に優れた微弾性フィラーでSK化研のサンダーサーフDSを素塗りで下塗します。この下塗り材をウールローラーで下塗し、ナノコンポジットWを上塗りすることで新築時の感じに仕上げます。

 

全面に軒天があるタイプの住宅ではないのですが、挿し色で既存色とは少し替えたいとの要望でした。もう少し黄色い色を希望されておられるのですが、黄色の原色が足りなくなったのでとりあえず中塗りとして同系統の仮の色を塗装しました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

外壁と軒にナノコンポジットWを上塗りします 神戸M様邸

昨日、西面と北面の外壁に微弾性フィラーを、軒には水性カチオンシーラーを下塗りした神戸市垂水区のM様邸では、外壁軒に上塗りのナノコンポジットWを刷毛とローラーで塗装します。

 
   

上塗り1回目が乾くまでの間に屋根の下塗りをこちらも刷毛とローラーで塗装します。

現在最も売れている屋根用塗料は日本ペイントのサーモアイらしいのですが、当店では屋根用塗料が強く門下が信頼している水谷ペイントの快適サーモシリーズをよく使用します。

 

屋根の下塗りなどを終え、充分なインターンバル(乾燥養生)を取ってから外壁と軒に上塗りの2回目を塗り、養生を外してから帰りました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ