2021年11月01日

外構塀の塗り替えと付帯部各所の仕上げ 神戸D様邸塗装工事

神戸市北区の現場ではまだ手付かずだった外構の塀の塗装を行います。

外構には擁壁(地面近くや内側が庭土のコンクリートの部分)や立ち上がっているブロック塀(表面をしごいてある場合が多いです)などがありますが、どちらも塗り替えると塗膜が厚くなり水分の透過率が落ち、塗り替え後に塗膜が膨らみやすくなってしまいます。

 

門下塗装では下塗りの塗膜が厚くなる微弾性フィラーは使わず塗膜が出来ないシーラーを、そして水性カチオンシーラーより密着性が高い弱溶剤シーラーを使用することが多いです。

外構は軒や笠木がなく雨水が直接流れるので雨垂れが残りやすいです。撥水性の塗料では同じ部分に水が流れそこだけが汚れて雨垂れが目立って見えるので門下塗装では親水性塗料のナノコンポジットWで上塗りすることが多いです。

塀の塗装と同時で家屋の付帯部各所も仕上がて行きました。

だいぶ塗り替え工事も進み、残りのまとまった塗装部分は雨戸になります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ