2021年11月16日

外壁が仕上がり、屋根にも上塗り1回目を塗りました 明石

時間がかかりましたが明石市の現場では東面と北面外壁に上塗りの2回目を塗り、これで全ての外壁の塗装が終わりました。

外壁が仕上がってからは付帯部の上塗り2回目と屋根の上塗り1回目を塗り、今日の作業は終わりました。

明日は他の現場作業に職人を割くので、この現場は休ませてもらい明後日屋根の上塗り2回目を中心に作業していきます。

外壁に取り付けてあった部材を外し塗り替えます 神戸M様邸

神戸市垂水区のM様邸では、アルミ窓枠上下に飾り枠が付いていたのを外してシーリング打ち替えを行いました。

樹脂製の飾り枠を弱溶剤シリコン塗料で塗り替えると年数が経つと汚れが残ってくるので、さらに汚れにくい弱溶剤フッソ塗料で塗り替えます。

外してあった部材を倉庫に運び、駐車場に並べて吹き付けで塗り替えました。

   

現場も倉庫も神戸市垂水区にあり車で15分程度なので飾り枠の下塗りと中塗りまで吹付けたら、移動して下塗りまで終わっていた外構に上塗り1回目を塗りました。

午後から事務所に戻って飾り枠に上塗りを吹き付け、また現場で今度は外構の上塗り2回目と水切りの上塗り2回目を塗りました。

 

明日は今晩乾燥させた飾り枠を現場に持って行き復旧していきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

越境しての足場組み 神戸市西区塗装工事

門下塗装でよく塗り替え工事を任せてもらっている、神戸市垂水区などは(今期の現場は西区ですが)敷地の狭い建て方の住宅が多くあります。

稀にですが完全にお隣の敷地に足場を立てないと足場組みの出来ない場合もあります。今日足場組みをした現場も西面と北面が隣地に柱を立てないと足場が組めなかったので、事前に断りを入れて越境して足場組みをさせて頂きました。

このような隣家と近い場合は今見えているメッシュシートの内側にブルーシートを2重張りして塗料や高圧洗浄時の汚水が飛散しないよう十分に注意して作業を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ