外構塀塗装

塀の塗り替えはリスクもあるのですが 神戸市垂水区TJ様邸塗装工事

家屋の塗り替えのほぼ終わった神戸市垂水区の現場では外構の塀の塗り替えを行います。

見出しに塀の塗り替えにはリスクがあると書きましたが、塀は新築の時に作ると長ければ家屋の解体の時までそのまま使用します。

型枠を組んでコンクリートを流し込む擁壁や積んだ鉄筋ブロックをモルタルで仕上げている塀がありますが、どちらも内側の土や塀の天端や裏側から浸み込んだ雨水が浸み出してくることがあり、また経年劣化でコンクリート自体の防水性も落ちてきます。初めはなんともなくても年数が経つと塗ってある塗膜が膨らんだり剥がれて来たりすることが多いです。

出来るだけそうならないようにするためには下塗りや中塗りで吹付けやローラーでの柄を付けずに、シーラー(密着性のみ)を下塗り後、出来るだけ透湿性の高い塗料を上塗りするだけの方がいいです。

今回はリシン吹きしてあった塀に水性カチオンシーラーを下塗りし、ナノコンポジットWを上塗りしました。

低汚染性に優れ、親水性塗料のナノコンポジットは塀に使用しても雨垂れが残りにくいので、門下塗装では塀の塗装には水谷ペイントのナノコンポジットWをよく使用します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

ページ上部へ