外構塀塗装

雨戸の吹付け塗装と塀の塗り替え 神戸市垂水区戸建住宅塗り替え

外壁と屋根の仕上がった神戸市垂水区の現場では雨戸の塗り替えを吹き付けで行い、別の職人は外構塀の塗り替えを進めます。

   

雨戸を吹き付けるついでに門扉も吹き付けて塗り替えました。

雨戸は過去に素人が塗っていたので刷毛目などが残るので吹き付けでも表面はさほど綺麗に仕上がらないのですが、刷毛とローラーで塗るより時間が短縮出来るので吹き付けています。

外構の塀は塗り替えた後、膨らむなど不具合が起きないよう微弾性フィラーではなく弱溶剤シーラーを下塗りし、上塗りしました。それでも膨らみや剥がれは起きることがありますが、施主様に不具合を避けられない理由を充分に説明してあります。

残りは各所の清掃と手直し、そして検査です。

ガレージの屋根の復旧などは盆明けになりますが、足場は盆前に解体できそうです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

外構塀の塗り替え 神戸市垂水区IS様邸塗装工事

年数の経った塀は塗り替えると旧塗膜から剥離が起きやすくなるのですが、美観を保つためには塗り替えるのが一番いいので、出来るだけ剥離の起きにくい方法で塗り替えます。

膜厚のほとんどつかず、水性のシーラーより密着性の高い弱溶剤エポキシシーラーを下塗りし、塗り替え後雨垂れの付き難いナノコンポジットWで上塗りしました。透湿性が高く汚れにくい基礎用塗料での塗り替えもいいと思うのですが小面積の塀の場合は材料にロスが多く費用がかさむので勧めにくいです。

玄関横に立っていた枕木はモルタル製の擬木だったので塀と同様の仕様で上塗りの色を替えて塗り替えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外構塀の塗り替え 神戸市垂水区 外壁屋根塗装工事

神戸市垂水区の塗り替え工事では、家屋絡みの塗装が大方終わったので今日は外構塀の塗り替えを中心に各所を仕上げていきます。

 

玄関横に枕木があったのですが、よく見るとコンクリートの擬木でした。かなり色が剥げていたので、それっぽい色のナノコンポジットで塗り替えました。

照明器具なども塗り替えています。明日はこの器具を含めた各所の復旧と清掃、そして自主検査です。

 

 

 

何とか足場解体前にすべての工事を終えることが出来ました 神戸市垂水区YN様邸塗装工事

土曜日は天気が何とか持ちそうなので、神戸市のYN様邸の残工事をしに来て、家屋廻りで残っていたバルコニー土間のウレタントップコートと最終手直しと外構の塀の上塗りを終えることが出来ました。

 

明日の日曜はご主人と一緒に足場に上って立ち合い検査を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

各所の清掃と手直しそしてバルコニー土間防水ほか 神戸市垂水区YN様邸塗装工事

神戸市垂水区の現場では、各所の仕上げと手直しそして清掃を行いながら、バルコニー土間の防水中塗りと塀の塗装も行いました。

   

天気の良い日が一日あればバルコニー土間防水のトップコートと塀の上塗りも全て終わります。

御主人の休みの日曜には立ち合い検査を行い、月曜に足場を解体します。

塀の塗り替えはリスクもあるのですが 神戸市垂水区TJ様邸塗装工事

家屋の塗り替えのほぼ終わった神戸市垂水区の現場では外構の塀の塗り替えを行います。

見出しに塀の塗り替えにはリスクがあると書きましたが、塀は新築の時に作ると長ければ家屋の解体の時までそのまま使用します。

型枠を組んでコンクリートを流し込む擁壁や積んだ鉄筋ブロックをモルタルで仕上げている塀がありますが、どちらも内側の土や塀の天端や裏側から浸み込んだ雨水が浸み出してくることがあり、また経年劣化でコンクリート自体の防水性も落ちてきます。初めはなんともなくても年数が経つと塗ってある塗膜が膨らんだり剥がれて来たりすることが多いです。

出来るだけそうならないようにするためには下塗りや中塗りで吹付けやローラーでの柄を付けずに、シーラー(密着性のみ)を下塗り後、出来るだけ透湿性の高い塗料を上塗りするだけの方がいいです。

今回はリシン吹きしてあった塀に水性カチオンシーラーを下塗りし、ナノコンポジットWを上塗りしました。

低汚染性に優れ、親水性塗料のナノコンポジットは塀に使用しても雨垂れが残りにくいので、門下塗装では塀の塗装には水谷ペイントのナノコンポジットWをよく使用します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

ページ上部へ