付帯部と屋根のカラーベストと塀の仕上げ 神戸市西区T様邸

外壁と軒の仕上がった神戸市西区の現場では樋など付帯部分と屋根に2回目の上塗りを塗ります。

1回目の上塗りまで塗ってあった樋やシャッターBOXなどの付帯部分を外壁が仕上がった後で2回目の上塗りを塗ることでしっかりと2回塗っていることを施主様が確認しやすくしています。

屋根のカラーベストには水谷ペイントの屋根用弱溶剤遮熱フッソ塗料のニューブラックを塗っています。

この塗料は1回目の塗装ではかなり透けているように見えるのですが、2回目の上塗りを塗ると光沢のある真っ黒に仕上がります。

この日の最後の作業は塀の上塗りです。

門下塗装では雨垂れの付き難い艶消しに仕上がるナノコンポジットWで塀を塗ることが多いのですが、今回は庭にしみ込んだ雨水が擁壁とブロック塀のジョイント部分からしみ出していたので、透湿性に特化したSK化研の基礎用塗料セラミガードを使用しました。ジョイント部分は特に下地処理を行っていないので塗り替え前と同様に水がしみ出すはずです。内部にしみ込んだ水気による湿気がモルタル内に溜まり塗膜を浮かせる原因になるのでせめて湿気だけでも抜けやすいようにとこの塗料を勧めました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031