外構擁壁とブロックの塗装 神戸市垂水区S様邸

基礎工事の時に鉄筋コンクリートで固めた塀は擁壁と言われ、反対側が地中になっていることが多く、経年劣化でひびが入り表面の塗膜が浮いてくることがあります。

そうなった場合は不良塗膜を除去し補修してから塗り替えることになります。

 

浮きがないと思っていたガレージ廻りの壁にも、あとから浮きが見つかったので不良部を剥離したのですが、皮すきを入れると次から次へと剥がれてしまいました。

塗膜が剥がれた後はカチオン樹脂モルタルで補修します。

補修した部分には当然吹付の柄がないので、既存吹付け柄と同じ吹付を行い同じ柄にします。

最近では吹き付けることが減っているのでローラーで柄を付けることも多くあるのですが、門下塗装では出来るだけ補修跡が目立たないようにローラーで付けた柄の補修はローラーで、吹き付けで付けた柄は吹き付けで肌合わせするようにしています。

外構塀に弱溶剤エポキシシーラーを下塗り後にボンタイルを吹き付けて肌合わせしました。

後は上塗りを塗るだけですが、化粧ブロックが多いのでかなり手間がかかりました。

刷毛とローラーで2回塗りして外構塀もこれで仕上がりです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829