有機溶剤作業主任

私事になるのですが門下は先週、労働基準連合会が行う有機溶剤主任者講習を受けて来ました。

この資格は公共工事や大手ゼネコン・建設会社で下請けをする際に各グループで一人以上が持っていないといけない資格なのですが、民間の塗り替え工事が中心の門下塗装では正直持っていなくても差し支えない資格なのです。しかし安全対策の知識として持っていた方が良いですし、労働基準法などで定められている労働者を守るという事のためにも知っていないといけないことだと考え、2日間の講習に行ってきたというわけです。

我々が使用する有機溶剤の人体に対する有害性や、人体に非常に良くない有害物質、過去には塗料に含まれていた有害物質などについて勉強し、我々自身の健康のため、また施主様が塗り替え工事中に不快に感じない様に充分に気を付けて作業しないといけないという事を改めて考えて来ました。

以上門下のひとり言でした。

20172618120.JPG

ページ上部へ