ベランダ土間FRP防水の剥がれを補修します

神戸市垂水区の現場ではベランダ土間のFRP防水が剥がれていました。

原因は新築時の施工不良ですが、再防水後に不具合が起きればそれは施工した門下塗装の責任となってしまうので、今回は平面部の土間にケーカル板で下地を作り直し、その上をFRP防水し直します。

今日は大工さんに下地補修をしてもらいました。

このケーカル板が防水前に雨で濡れると不具合が起きるので、好天の続く今日まで施工日がずれてしまいました。

 

ページ上部へ