神戸市垂水区T様邸 外壁塗装・屋根塗装 波型スレート瓦

今日は朝から施主様に屋根の写真を見てもらい現状の説明をしました。

波型スレートの劣化1.jpg波型スレートの劣化3.jpg  
波型スレートの劣化4.jpg波型スレートの劣化5.jpg  
   

見積もりの時にはそれほど傷んでいるように見えなかった屋根ですが、高圧洗浄してみると塗膜がはがれその下に多くのひび割れが出来ていました。見積もりの施行方法では塗装後の保証が出来ないなどをまず説明しました。次に費用を説明してT様の考えを聞きました。私の意見を求められたので、今後この家をどうされるかが大切ですね。息子さんなりが同居され永く住むのなら高くなりますが葺き替えた方がいいでしょうし、いずれ売ってしまうつもりなら補修と塗装で済ましたほうが良いのではないですか。幸い波型スレートの下にカラーベストが残っているので雨漏りはまず起きないですしね。と私の意見を伝えました。

結局補修の工程をいくつか足し塗装することになりました。詳しい工程は書きませんが少しでも割れが隠れ、また割れて破片が落ちないように補修します。

下請けをしている頃なら、こういうケースはもめることがあるので施主様には伝えず(元請には伝えますが)、コーキングで割れを補修するだけで塗装していました。当然塗り替え後数年で不具合が出てくるのですが、元請業者は素地に起因する塗装の剥離は保証外とか言ってましたね。

 

ページ上部へ