明石市KM様邸外壁塗装工事 モルタル壁の下地補修

高圧洗浄の終わった明石市KM様邸の外壁はモルタルにジョリパット塗りでした。

出隅に小さな欠損があったので、そこはカチオンフィラーで補修しました。

ジョリパットの柄が付いているので、あえて粗く補修しましたが、塗り替えたらこれでわからなくなります。

モルタル壁の場合は、アルミサッシや水切り金物と壁との間に経年劣化で隙間が開いてきますので、その隙間を詰めていきます。サッシとの取り合いは放置しすぎると塗膜の内側に水気が回り塗膜が浮いてきたり、水切りの際は水気が溜まり苔が生えてきます。

シール用のプライマーを塗り、珪砂入りのノンブリードシーリング材で補修しました。上塗りも珪砂入りの塗り替え用ジョリパットを使うので補修跡はわからなくなります。

サイディング製の破風板のジョイントにもシーリングされていますので打ち直しておきます。

   

下地補修はこれで終了です。

この後は付帯部分の中塗りを塗り、その後外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30