神戸市西区M様邸 下地補修シーリング打ち替え

屋根と外壁の高圧洗浄の終わった神戸市西区のM様邸では下地補修としてシーリング工事を行います。

いつも通り目地とサッシ廻りの既設シールを撤去し打ち直し、軒廻りや入隅は増し打ちでの打ち替えになります。

今回はいつも使用しているオートンサイディングシーラントではなくシャープ化学のドライサラをはじめて試しています。オートンほど色目は多くないのですが、オートンサイディングシーラントより耐久性がよく、塗装後の塗膜の亀甲状の割れが軽減されているとのことです。契約ではオートンサイディングシーラントでしたがM様に断りを入れ、ドライサラに使用材料を変更して打ち替えます。

シーリング工事の基本的な流れは既設シールの撤去・マスキング・シール用プライマー塗り・シール打設・シール押さえ・マスキング撤去です。

軒廻りや入隅は撤去しなくても十分な打ち代を確保できる場合は撤去なしで増し打ちで打ち替えます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031