鉄部や樋などの付帯部分の塗り替え 神戸市垂水区YS様邸

家屋には外壁や屋根以外に様々な材質の付帯部分があります。

水切りや雨戸・シャッターBOXなどの鉄部(ガルバニウム鋼板が主流です)や破風鼻隠し(これらはケイカル板であったり窯業系サイディングであったりします)雨樋などが主な付帯部分になります。

まずは各所のケレン作業です。サンドペーパーやケレンパッドを使用して表面に傷を付け密着性を良くします。

   

ケレン後にそれぞれ素地に応じた下塗りを塗ります。

 

その後上塗りを2回塗りします。塩ビ製の樋や配管のみ下塗りが必要ないので上塗りを2回塗りして塗り替えます。

1回目の上塗りは外壁塗装の前に行いました。

2回目の上塗りは外壁塗装が終わってから行います。

そうすることでしっかりと上塗りを2回塗っていると施主様が確認しやすくしています。

YS様邸の塗り替え中は天候に恵まれず、作業できない日が多かったので足場解体を数日遅らせ、後はベランダ土間の防水仕上げと各所清掃手直しそして復旧です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930