金具止めサイディングの塗り替え 神戸市垂水区S様邸

建てる時に決まっているのですが、外壁に使用されているサイディングには釘留めと金具止めの2種類があります。

金具止めで使用されているサイディングは釘留めのものより重量と厚みがあり、彫りの深い柄が特徴です。

彫りが深いため、凹部に溜まった塗料が乾燥後に割れてしまうことが稀におきます。そのため、門下塗装では上塗り2回塗りのところを希釈率を上げて3回塗りし乾燥後の割れが起きないようにします。

神戸市垂水区のS様邸塗装工事ではクリヤー塗装のサイディングはすでに仕上がっているので、その部分も汚さないよう養生して単色サイディング部分と軒の塗装を行います。

まずは、外壁に刷毛とローラーで水性カチオンシーラーを下塗りし、軒にはNAD型塗料を上塗りします。この塗料は非常に密着性が高く塗り替えの場合は下塗りの必要はありません。

翌日には軒の2回目の上塗りと、外壁の上塗りを塗っていきます。

 
   

冒頭にも書きましたが、上塗りのナノコンポジットWは希釈率の上げて3回塗りします。具体的には標準希釈率4%から8%のところ15%の希釈で塗りました。

この日は上塗り2回目までで作業終了です。

さらに翌日、3回目の上塗りを塗ります。

彫りは深いのですが柄が大きかったので通常の仕様で塗っていても塗料の割れは起きなかったかもしれませんが、割れもなく綺麗に仕上がりました。

後、仕上がっていないのは屋根と付帯部そしてベランダ土間の防水です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829