意匠性サイディングのクリヤー塗装 神戸市垂水区S様邸

最近、10年ほど前に当店でサイディング用クリヤー塗装をした物件を再度塗り替えました。

その物件では弱溶剤型のサイディング用シリコンクリヤーを使用していたのですが、良く日の当たる面は艶もなくなりクリヤー感がほとんどなくなっていました。

今回に塗り替えている神戸市垂水区のS様邸の外壁は半分以上が意匠性サイディングだったので、今まで使ったことのなかった(10年前にはなかった)弱溶剤フッソクリヤーを使用しています。

通常の塗料での塗り替えの場合は付帯部の上塗り1回目まで終えてから養生し、軒塗装と同時進行で外壁の塗り替えを行うのですが、クリヤー塗装の場合はまず外壁クリヤーを仕上げてしまいます。

外壁塗装1日目は養生だけで終わってしまったので、2日目に1回目のクリヤー塗装を行いました。

1回目と2回目のインターバル(乾燥養生時間)は23度以上で4時間以上なので同日での2回目の塗装は行わず余った時間で付帯部の上塗り1回目などを塗りました。

外壁塗装3日目には2回目のクリヤー塗装を行いました。

明日は外壁を汚さないよう簡単に養生して軒の塗装などをする予定です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829