鉄部や樋など付帯部の塗装 神戸市垂水区S様邸

門下塗装ではいつもは外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目までを終わらせ、外壁塗装の後で2回目の上塗りを塗ります。

今回は外壁の多くがクリヤー塗装で仕上げる意匠性サイディングなので少し塗装順が変わっています。

付帯部のケレンと鉄部の下塗りは外壁塗装の前に行いました。

 

クリヤー塗装の合間と終わってからは付帯部の1回目の上塗りを塗ります。

ケイカル板の破風と鼻隠しには弱溶剤エポキシシーラーを塗布し、乾燥後に樋などと同じ弱溶剤シリコン塗料で1回目の上塗りを塗りました。

前回は薄いクリーム色だった樋や破風は少し濃くしてシャンパンゴールドのような色で塗り替えています。

2回目の上塗りは全ての外壁軒が仕上がってからになります。

外壁塗装が終わったので、樋や破風などに2回目の上塗りを塗って、付帯部各所を仕上げていきます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829