弱溶剤フッソ塗料での付帯部分の塗り替え 神戸市灘区N様邸

外壁に超耐候・超低汚染の無機塗料を使用して塗り替えた神戸市灘区のN様邸では屋根には屋根用フッソ塗料で、樋や鉄部などの付帯部分も弱溶剤フッソ塗料で塗り替えます。

樋には下塗りは必要ないので目粗し後に上塗り(今回は中塗り)を塗ります。ガルバニウム鋼板の鉄部には強溶剤エポキシプライマーを下塗り後に中塗り・上塗りと塗装しました。

下塗りに使用したエポマリンGXはインターバルが長いので次工程は翌日以降になります。

今回は付帯部の上塗りに関西ペイントのセラMフッソを使用します。この塗料は中塗と上塗に分かれているタイプなので、下塗り後1回目は中塗り塗装になります。

ここまでが外壁塗装前の付帯部の塗装作業になります。仕上げは外壁が仕上がってから行います。

外壁が仕上がってから、セラMフッソの上塗りを刷毛とローラーで塗り、付帯部分の塗り替えは終了です。

同時に塗り替えていた屋根も大方終わりなので、あとはベランダ土間のトップコートの塗り替えです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31