ベランダ土間FRPトップコート塗り替え 神戸市西区K様邸

個人住宅のベランダではFRP防水が最もよく使われています。そしてFRP防水層がしっかりとしている場合はトップコートのみの塗り替えが可能です。

専門ではない塗装工が、簡単に塗り替えることが出来るFRP上塗りが売られているのですが門下塗装では防水工が使う防水材を使用し、正規の工程で塗り替えます。

アセトンで油分を拭き取り土間のごみを綺麗に清掃し、アイカ工業のFRP改修用プライマーを下塗り後にポリウレタントップコートを使って上塗りします。

メダカの繁殖が趣味の施主様でベランダに多くの水槽を置いていたからか、既存トップコートは劣化していましたが、肝心のエポキシ樹脂の防水層は全く問題なかったのでトップコートの塗り替えを行いました。

清掃後にはプライマーを塗り、インターバルで3時間程度乾燥させた後トップコートを塗ります。

防水工は1回塗りで仕上げるトップコートですが、防水材に比べると塗料は薄くムラなく塗るため塗装工が防水材を塗ると塗膜が薄くなりがちです。

エポキシ樹脂は日光を浴びると黄変してしまいます。トップコートの塗り替えを自社職人でやり始めたころ何度かトップコートが変色するということが起き、その原因をメーカーに問い合わせたところトップコートの膜厚不足ではとの返答が帰ってきました。膜厚をしっかりと付けるため1回目はトップコートのみで2回目は滑り止めの珪砂を入れてから2度塗りして塗り替えています。

ポリウレタントップコートを2度塗りする場合は間隔を開けすぎると、表面に界面活性剤が浮き上がって1回目と2回目のトップコートの密着が弱くなり剥離が起きやすくなるのでこの塗装間隔も重要になります。

トップコートの塗り替えが終わり、自主検査と手直し清掃と窓拭き清掃を行ってK様邸の塗り替え工事は終了です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930