ルーフバルコニー土間修繕と再防水

見積もりの時には洗濯物が干してありルーフバルコニーに上がって調査が出来なかったので気が付かなかったのですが、土間の防水層がふわふわと浮いていました。

釘頭が飛び出していたので、FRP防水層を切り木地を確認すると、二重張りの合板の1枚目が腐食していました。

掃き出し窓側方のコーキングを切り取るとバックアップ材が分厚くシーリングは非常に薄くて切れてしまっていて、防水効果はなくなっていました。
手摺壁のサイディングの状態も良くなかったので、手摺壁上部の笠木を外すと、笠木の下の木地は傷んでいなかったのですが、端部の仕舞が非常に悪かったです。

このあたりから入り込んだ雨水が掃き出し窓側方から下に回り込み、土間のコンパネを腐らせていました。

 

端部の中をブチルテープとコーキングでしっかりと2次防水し、笠木を戻しました。最終的には端部はシーリングして1次防水します。

雨水の侵入口がなくなったので、土間の修繕に入ります。

防水層を切り取り腐食した1枚目のコンパネを除去し、不陸調整後に全面にコンパネを貼り直し、下地作りは終了です。

次にFRP防水で再防水します。簡単な流れはプライマー塗り⇒グラスウール貼り込み⇒脱泡⇒中塗り⇒サンダー掛け⇒トップコート塗りです。

雨水侵入口の防水処理もしっかりと行い、土間もFRPで再防水したので、これで安心できます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930