神戸市垂水区N様邸 付帯部分の塗り替え

サイディング外壁の下地補修の終わった神戸市垂水区の現場では付帯部分の下塗りと1回目の上塗りを塗っていきます。

付帯部分というのは樋や鉄部や破風鼻隠しなどでそれぞれの素材に応じて、下塗りが不要であったり。下塗り材の種類が違ったりします。

サイディング製の破風鼻隠しには弱溶剤エポキシシーラーを、水切りやシャッターBOXなどの鉄部には強溶剤エポキシプライマーを下塗りします。

樋にはケレンで表面に傷を付ければ下塗りの必要はないですが、ケレンが出来ていないと年数が経って塗膜が剥がれてくることがあります。

非常によく錆びていた軒の通気口と、玄関ポーチの手摺には弱溶剤エポキシ錆止めを塗りました。

 

通気口は外さずに表面のみを塗り替えると数年で内側から錆が出てきて再度錆が発生しますので、門下塗装では錆の出ている通気口は出来るだけ外して内外ともに上塗りまで塗るようにしています。

下塗りが終わったら、弱溶剤シリコン塗料で1回目の上塗りを塗ります。

 

付帯部分の1回目上塗りが終われば次は外壁塗装に入っていきます。

付帯部分の2日目の上塗りは外壁塗装が終わってから行い、しっかりと2回塗りしていることを確認しやすくします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30