外壁と軒の塗り替え 神戸市西区KW様邸塗装工事

付帯部分に1回目の上塗りを塗り終わった神戸市西区の現場では外壁と軒の塗り替えに入っていきます。

門下塗装では外壁塗装は2面ずつ養生して塗り替えていくので、まずは南面と東面から塗り替えていきます。

外壁軒塗装初日は汚してはいけないサッシや1回目の上塗りを塗り終えた付帯部分をナイロンシートで養生し、軒の塗装と外壁の下塗りなどを行います。

 

濃いグレーだった軒天は明るい茶色のエバーロックで塗り替えていきます。

エバーロックはロックペイントのNAD型塗料でノンシーラーで塗装可能な密着性が強くカビも生えにくい塗料になります。直射日光を浴びる箇所に塗ると外壁に使用する塗料より早く劣化してしまいますが、軒に塗る分には問題なく作業性が好いので軒の塗り替えにはこの塗料をよく使用します。

玄関ポーチの軒天は外壁と同じ塗料で塗ってあったで、同じように仕上げようと思います。外壁に使用するナノコンポジットWには下塗りが必要です。水性カチオンシーラーで下塗りする予定でしたが、高圧洗浄の時に外壁にかかった水が普通より弾いていたので念のため密着性がさらに高い2液型エポキシシーラー(今回は水谷ペイントの高密着シーラー・ベタなネーミングですね)に下塗り材を変更しました。

軒の1回目の上塗りが乾いてから2回目の上塗りを塗り、1日目の作業は終了です。

2日目には下塗りを終えた南面と東面の外壁塗装を行います。

 
   

いつも通り刷毛とローラーでの手塗りになります。最近は一部の特殊な塗料を除いて吹き付け塗装ではなく、手塗りで塗り替えることが多いです。

 

1回目の上塗りが乾燥後に、2回目の上塗りを塗り、養生を外して2日目の作業も終了しました。

南と東の2面の外壁と軒が仕上がったので、次は北面と西面です。

南東面と同様初日は軒の上塗りと外壁下塗りそして少し時間が余ったので外壁上塗り1回目までを塗りました。

明日外壁に上塗りを塗れば、外壁と軒の塗り替えは終了です。

外壁軒塗装最終日もローラーと刷毛で上塗りのナノコンポジットWを塗っていきます。昨日塗れていなかった外壁の上塗り1回目の刷毛でしか塗れない部分を塗り乾燥後に、今度は2回目の上塗りを塗りました。

合間合間で屋根塗装も進めていたので、あとは付帯部分の上塗り2回目と、玄関ドアと勝手口扉の塗装などが残っています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31